銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

銀行借入かその他借入か

銀行借入

では、総量規制について説明をしてきたところで総量規制の対象外について考えていきましょう。総量規制の対象外として借り入れができる方法は実はたくさんあります。その最も有名な例が銀行での借り入れです。

銀行は、本来銀行業法に基づいて事業を行っており、銀行ですから消費者の預金管理をしています。そのため、貸金業法での総量規制は適用されず、あくまで銀行として銀行業法のもとで貸付をおこなっているのです。なぜ銀行だけがこのようなことを許されているのかというと、銀行では古くから消費者金融などとは別に独自の融資制度がありました。そのため、銀行でも融資をおこなうことが可能で、消費者金融などの貸金業者としてではなく、銀行業者としての貸付をおこなえる特別なポジションにいるのです。
>>ノンバンクは銀行とどう違う?~総量規制の問題だけ?

銀行は、古くから私たちの財産を管理していた生活に密着する大切な機関で、信頼と安心が命の業界と言っていいでしょう。古くから多大な信頼がある銀行だからこそ許されている例外的な特権と言ってもいいのではないかと思います。

特に、銀行の融資制度の大きな特徴は、銀行ならではの高額の融資が可能となっており、消費者金融と比べても金利が非常に低いのが大きな特徴です。消費者金融のような少額の貸付もおこなうようになったのはつい最近のことのようですが、銀行では古くからの融資制度としての実績もあり、しっかりとした独自の厳しい審査がありますのである意味総量規制がなくても問題はないのです。
>>今すぐ50万円を借りる場合は総量規制対象外の銀行カードローン

おまとめローン

銀行は、総量規制の対象外機関として最も明確な例でしたが、それ以外にも総量規制の対象外となる借り入れ方法はたくさんあり、消費者金融でも特定の借り入れ方法を選択すれば、総量規制に関係なく借入ができます。

おまとめローンも総量規制の対象外として存在します。おまとめローンとは、非常に高額のまとまった融資を可能とする制度で、近年ではテレビCMなどでもよく耳にするようになりました。おまとめローンの利用方法は、今までにそれぞれ別々の金融機関で借り入れをおこなった細々とした借り入れをおまとめローンで大きく一つにまとめるというものになります。

おまとめローンで、その他のローンを一本化することによって、今までは別々の金融へそれぞれの指定の金額、金利、支払日で返済をしていたものを全て一つに統一することができます。金利は、どこの業者からいくら借りるのかによってもまちまちですし、借入額が少なければ少ないほど金利設定は高くなります。結果的に複数の業者から少額の融資を受け続けることより、大きく一つにまとめてしまったほうが返済も楽で、金利も安くなりお得になるという方法なのです。

当然、おまとめローンの利用者は、今まで借りた債務の一本化が目的です。借り入れを一括して計画的に返済をしようとしている人にとって総量規制は時に邪魔になります。総量規制が施行される以前に借り入れた融資などもおまとめローンでは一本化するため、総量規制の対象外としたほうがより消費者にとって良いということです。
>>他社借入を返済一本化するのであれば総量規制の対象である消費者金融ではなく銀行で

スポンサーリンク

ショッピングローン

各種ローンについても、じつは総量規制の対象外となっています。ローンのひとつとしてまずはショッピングローンについて説明しますが、ローンとは本来どのようなものでしょうか?

ローンは、本来分割支払いの意味あいが強い融資制度で、現金を直接借り入れて自由な用途で使用するというよりは、一つの大きな出費対象に対して計画的に返済していくための分割支払いを組むというシステムです。そのため、目的意識や計画性が明確に見えてくるものになり、おもに楽器や家具、パソコンやテレビなどの家電製品など、高額な商品の購入に利用されます。

ショッピングローンは、購入する対象によって値段が違い、総量規制の対象外にしなくてもローンを組める商品も多いですが、たとえば自動車や住宅などもある意味ショッピングローンのひとつという幅広い意味で考えると、ローンは全般的に総量規制の対象外となっていることが納得できるかと思います。

逆に、ローンで唯一総量規制の対象となっているのはカードローンです。カードローンは、ローンと名前はついていますが、借り入れたお金を自由な用途で使用できるため、商品を購入するために必要な分割払いというよりは現金を直接借り入れる意味あいが強いものになります。

ショッピングローンは、もともと高額な商品を売りたい販売者と、高額な商品を購入したい消費者とを繋ぐたいせつな役割を担っていました。現在でも、消費者にとって高額商品を購入するにはローンが必要ですし、高額商品を取り扱っているお店にとっても欠かせないものとなっています。

法人ローン

総量規制の対象外となっているのは、ほかにもまだまだあります。たとえば、ビジネスローンや法人ローンといわれるビジネス用途のローンも総量規制の対象外となっています。法人ローンでは、個人での借り入れができずビジネスや起業用途でおもに組まれるものとなっています。

会社を興すにも何かの商売を始めるのにもあらかじめまとまった資金が必要です。しかし、これから会社を興して利益を出そうとしている段階でまとまった資金が用意できるはずもありませんから、ビジネスローンや法人ローンの登場というわけです。個人用とのフリーローンでは、おもに数十万円程度から借り入れがおこなえますが、ビジネス用途では数百万円から1千万円ほどまで借入ができます。

当然ですが、総量規制の対象外となっている理由は、ショッピングローンや住宅ローンなどと同じです。つまり、総量規制の対象となっているのは、おもに直接の現金借り入れでフリーの融資に限るということです。

法人ローンを利用してビジネスを始めたり、会社を興す人は多いです。ベンチャー関連のような軌道に乗るかもわからずどっちに転ぶかわからないような難しいビジネスもありますが、まともに時間と労力を費やせば、ある程度の収益と業績を見込めるビジネスというのもたくさんあります。

例えを出すとすると、都心にかまえるバンドやダンスなどの練習スタジオなどがそれにあたるでしょう。毎日多くの需要が見込めて、深夜まで営業していても集客が見込めますから時間と労力さえとれれば十分なビジネスとして成立すると言えます。
>>会社設立資金の返済に銀行での借入ではなくビジネスローンのビジネクスト

千葉銀行でお金を借りる~ちばぎんカードローンはWEB完結で即日融資も可能である


スポンサーリンク

千葉銀行のメリットについて

千葉銀行は地方銀行の中でも、大きい規模であるため、そのサービス内容も非常に充実したものとなっています。金利の低さや手続きのしやすさなど、いくつかメリットがあるので、近くに在住している場合の選択肢として考える価値があります。
 
具体的な金利は、利用金額にあわせて4.3%から14.8%となっており、消費者金融などと比べると低金利で借りることが可能です。また即日融資にも対応していて、借りたい日の正午までに審査結果が分かっていれば、当日にお金を借りることが可能な場合があります。千葉銀行の口座をすでに持っている方であれば、本人確認書類などの手間のかかる手続きをせずに、契約を行うことができます。
 
専業主婦であっても、配偶者にある程度の収入があれば借りることができる点もメリットです。
>>専業主婦は大手消費者金融でお金を借りれない?
 
 

千葉銀行のデメリットについて

カードローンを利用する際のデメリットですが、千葉銀行の口座を持っていない場合には、新規に口座を開設する必要があるという点が挙げられます。ネットや支店に直接行くことで開設することができますが、やや時間がかかってしまいます。
 
また、地方銀行ならではのデメリットとして、カードローンが利用できる地域が制限されているという部分もあります。千葉や東京、埼玉など一部地域に住んでいることが申込をするための条件となっているので、例えば関西などに住んでいる人は利用することができません。
 
しかし条件にあてはまっていれば、低金利などのメリットの他に自動融資のサービスなどもうけることができます。自動融資サービスは、何かの支払いに対して口座の残高が不足している場合、その分を自動で融資するサービスです。
 
 

カードローンの申込と審査について

ローンへの申込方法ですが、口座がない場合には開設するところからはじめることになります。その後、ネットや電話、郵送などの方法を使って審査を受けた後、通過すれば契約の手続きを行うことができます。
 
即日で融資を受けたい場合には、ネットか電話、FAXによる方法に限られます。審査結果がその日の正午に分かっている必要があり、ローンカード交付がされる前でも入金可能なサービスを利用する必要があります。また審査の基準についてですが、消費者金融と比べて低金利である反面、銀行はやや厳しい傾向にあるといわれています。
 
現在、借金がある場合や過去の借入で何らかの問題があった場合には契約は難しいかもしれません。在籍確認は必ずあるようなので、これを避けたい場合にはおすすめできません。引き落としによる返済の場合、返済期日は毎月1日となっています。

 

地銀、信金、その他

お金を借りる際の「金利」とは~複利計算であることは大事


スポンサーリンク

借金返済時には利息が請求される

現在では様々なところでお金を借りることが出来るようになりましたが、この際に必ず理解していなくてはならないのが「事業者からお金を借りるのであれば利息が発生する」ということです。
 
個人間の貸し借りであれば無利息でお金を借りられることもあるでしょうが、事業者と契約をするのであればそう言うわけにはいきません。
>>個人でお金を借りる時の上限金利は?109.5%それとも20.0%~個人間融資の掲示板には注意せよ
 
事業は利益を得られなくては存続していくことができませんし、貸したお金がただ返ってきたというだけなのであればそれはリスクを負うだけの意味の無い行為です。こうしたことを考えると利息は絶対に請求されるものであり、返済の際にはその利息も含めて返していかなくてはならないということになるのです。
 
このことは基本中の基本ではありますが、だからこそ常に忘れないようにしましょう。
 
 

利息の金額を決める金利とは

この利息という部分を考えるにあたって必ず出てくる単語となっているのが金利です。これは元本、つまり最初に借り入れた金額に対して事前に提示された割合で計算していくことになります。
 
しかし一般的には元本+利息の金額に対して金利をかける複利法で利息が発生することになりますから、単純に「元本×金利の金額を返済すれば良い」ということにはならないということに注意が必要です。
 
複利の恐ろしいところは利息にも利息が発生するというところであり、返済が滞るとどんどん最終的な返済額が膨らんでいくことになります。
 
この点は借金の最も恐ろしいところであると言っても過言ではありませんから、お金を借りる際には必ず利息が発生すること、そして放置すると凄まじい額にまで膨れ上がることを理解しましょう。
 
 

借金をするなら利息が少ないに越したことは無い

さて、基本的に借金は利息が少ないに越したことはありません。借入額が100万円でも法外な利息が請求されて1億円を返さなくてはならないということになれば、それは借金を意味が無いということになるでしょう。
 
実際には手元に資金が無い時に資金を調達できる時点で無意味ではないのですが、最終的な負担との釣り合いが取れていないのであれば借りない方が良いのです。
 
こうした利息を定める金利については必ず契約をする前に説明がされることとなります。そのため説明を受ける際には真剣にその内容を確認し、自分が今後どれくらいの金額を返していくことになるのかということについてイメージをしておく必要があるわけです。後になってから返すことが出来なくなることの無いよう、事前にしっかり確認しましょう。

 

項目 返済

1 2 3 38