銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

アルバイト、パート、派遣社員等であっても年収がそれなりにあればお金は借りれる




スポンサーリンク

多くは借りることができない

以前は正社員でなければお金を借りることができないといった制限がありましたが、現在はそのようなことが少なくなりました。
 
たとえ正規社員でなくても、アルバイトやフリーターもちろん派遣社員であってもキャッシング契約に申し込むことができ、そして融資を受けることが可能です。
>>60才以上のアルバイトやパート高齢者はお金を借りれる?収入と年齢制限があれば借入可能
 
ただし融資ができる金額に対しては多くを望めないのが現状です。それはやはり与信が問題になっており、正規社員に比べると、信用は薄くなるのが原因です。
 
多額の金額を申し込む場合はできないことがありますので、その点は考慮しておきましょう。適度な金額を申込むのが成功へのカギです。
 
 

消費者金融択一という考え

問題はどこの貸金業者に申し込むべきか?になります。おすすめは消費者金融です。消費者金融の特徴は、金利が高くなるけれど、審査に通りやすいです。
 
アルバイトの方であっても、融資を受けることができたという報告が多いのもひとつの特徴です。お金を借りたいのであればプロミスやアコムなどの消費者金融から申込むというのが適切になり、成功率も高くなるでしょう。
 
消費者金融は総量規制といって年収の3分の1以上は借りることができない制限があります。よって年収によって借りることができる金額が変わります。年収が低い場合は限度額がそこまで貰えません。その点はよく理解しておきましょう。
 
 

例外からみるアルバイトのキャッシング

消費者金融は確かに借りやすい貸金業者になりますが、総量規制の問題もあり、限度枠が限られるアルバイトの方が多いはずです。あともう少し借りたいという場合、複数の貸金業者から借りることができないことも多いでしょう。
 
そんな時頼りになるのが銀行カードローンです。銀行はその総量規制に掛かりませんので、年収を超えた借り入れが可能です。ただし銀行にも審査がありますので、アルバイトで他から借り入れがあるという現状をどう評価するかによって審査の通過が決まるでしょう。
 
銀行も正社員でなくても申し込みをすることができるところが多くなっていますので、狙いどころでもあります。



スポンサーリンク

 

タグ :

項目 お金を借りる審査

この記事に関連する記事一覧