銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

2社のローンカードを持っておくと便利~カードローンの複数契約と長所と短所とは




スポンサーリンク

キャッシングカードを複数所有することの意味

カードローン契約を複数結ぶことは、それほど難しいことではありません。
 
貸金業者は借入件数が多い申込者に対して厳しく審査をしますが、それは三社、四社あたりを超えている場合で、二社程度であれば、審査はそれほど厳しくありません。
>>キャッシング審査が通らない人~カードローン契約を成立させるためには?
 
では、ローン契約を複数結ぶことには意味があるのでしょうか。これは、利用の仕方によってはメリットがありますし、またデメリットもあると言えます。
 
では、メリットにはどのようなものがあるのかというと、メインカードとバックアップ用のカードという風に使い分けが出来るというものがあります。つまり、いつもはメイン用のカードを使い、それが利用出来ない時にバックアップ用のカードを使うのです。
 
 

多額のお金が必要なときにすぐに用意できるというメリット

また、借り入れるお金が高額になった場合、二社であれば楽に借りることが出来るというのもメリットです。
 
たとえば、100万円を借りたいということになった場合、その時点でカードローン契約が一つだけで、カードの利用限度額が50万円だった場合、増枠申請をして100万円に上げてから借りるか、あるいは別の貸金業者に新たに50万円の借り入れを申し込むしかありません。
 
しかし、増枠申請が必ずしも通るとは限りませんし、また、別の貸金業者に申し込んでも審査で否決される、あるいは希望額の50万円に対して、それ未満の融資しか行われないということもあります。
>>アルバイト、パート、派遣社員等であっても年収がそれなりにあればお金は借りれる
 
最初から二社と契約していれば、上記のようなトラブルは避けられます。
 
 

物欲をコントロールできないと使いすぎてしまう場合もある

では、デメリットにはどのようなものがあるのかというと、利用限度額に余裕があるので、つい使いすぎてしまう危険性があるというものが挙げられます。
 
たとえば、ある物を買いたいというときに、50万円あれば充分いいものを購入できるのに、利用限度額が50万円のカードが二枚あるからお金が出せるということで、それ以上の物をつい買ってしまうということが挙げられます。
 
なので、物欲のコントロールが苦手という人は、複数のカードローン契約を結ぶのは避けた方がいいでしょう。そういう人が使いすぎてしまうと、多重債務状態から抜けられなくなる可能性が高いからです。



スポンサーリンク

 

項目 お金を借りる

この記事に関連する記事一覧