銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

未成年者が教習所費用を用意する場合はどうする?信販会社であればローンを組める


スポンサーリンク

運転免許ローンとはなにか?

運転免許ローンとは、目的別ローンの一種です。住宅ローン、自動車ローン、教育ローンなどのように、決まった目的のためにしか利用できませんが、その分金利は低めに設定されています。
 
運転免許の取得には、30万円前後の費用がかかります。高校を卒業したばかりの人や大学生ではこのような大金をポンと出せる人は少ないと思います。そんな人にお勧めなのが、運転免許ローンです。
 
借りたお金は翌月から返済していくのが基本ですが、「スキップ払い」が利用できるローンであれば、教習所を卒業してからとなる場合や、大学を卒業して就職をしてから返済が開始となるようなプランもあります。
 
 

未成年者がローンを組む場合

運転免許ローンを取り扱っている金融機関には銀行や信販会社がありますが、信販会社のものであれば未成年者でも組むことができます。高校三年生でも組むことができます。
 
ただし未成年者がローンを組む場合には保護者の同意が必要であり、保証人が必要になる場合もあります。要するに、保護者や保証人の収入をあてにしてローンを組むということになります。
 
(参考)運転免許クレジット
エポスカード
https://carattend.0101.co.jp/pages/credit
 
Jiyu!da!(セディナ)
http://cedyna.co.jp/card/lineup/detail/jiyuda/menkyo/
 
信販会社のローンであれば、自動車教習所が信販会社と提携しているのが一般的なので、自動車教習所の窓口から申し込みができます。自動車教習所が提携しているローンが気に入らなければ、自分で探すこともできます。インターネットから申し込めるローンも多いので、納得がいくまで探してみるといいでしょう。
 
 

金利は安い?審査は?

運転免許ローンの金利は、銀行の場合9%前後、信販会社の場合は13%前後となっています。銀行のほうが条件が良いですが、審査はその分厳しめとなっています。
 
限度額30万円で借りる場合、一般的なカードローンでは金利が14%~18%となっていますので、目的別ローンであることでかなり金利が優遇されていることがわかります。年利13%で30万円を借りて、1年かけて返済すれば利息は2万円程度がかかります。
 
基本的には事前に決めた方法で返済していくことになりますが、繰上げ返済ができる場合もあります。その場合手数料がとられるケースもあるので、あらかじめ契約内容をしっかりと確認しておきましょう。



スポンサーリンク

 

項目 お金を借りる審査 項目 学生キャッシング

この記事に関連する記事一覧