銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

お金をいくらまで借りられるか~消費者金融は総量規制の対象ゆえ借入金額には注意




スポンサーリンク

消費者金融からお金を借りる

給料日前に生活費が足りなくなったり、冠婚葬祭などで急な出費が発生したりする場合もありますが、その様な場合でも消費者金融のカードローンやキャッシングを利用すれば、手軽にお金を借りることが出来ます。
 
WEBサイト上から申込手続きが行えますので、24時間いつでも申し込むことが可能です。融資のタイミングは申込手続きが完了した時間帯や審査によって異なりますが、即日融資を受けることも可能です。
>>土日や祝日でも借入可能なプロミスで今すぐお金を借りる
 
お金を借りることに対して抵抗感がある人もいますが、次の給料が支払われてからすぐに返済すれば、利息負担は僅かで済みます。また初めて利用する方は、消費者金融の無利息サービスを利用する方法もあります。
 
 

貸金業法の総量規制について

いくら借りられると言うことは審査によって決定します。各消費者金融によって最大利用限度額が設定されていますので、最大利用限度額以下の金額で利用可能額が決まります。
 
ただし誰しもが希望した金額を借りられる訳ではありません。審査の結果によっては希望額を借りられない場合もあります。
 
消費者金融のカードローンは貸金業法の総量規制の対象となりますので、他社での借入も含めて年収の3分の1以下までしか借りることが出来ません。
 
ですので、既に他社で融資を受けている場合は、利用可能額が低く設定されることもあります。因みに銀行のカードローンや消費者金融でもおまとめローンなどは総量規制の対象外となります。
>>他社借入を返済一本化するのであれば総量規制の対象である消費者金融ではなく銀行で
 
 

総量規制の基準は利用可能額

消費者金融のカードローンは貸金業法の総量規制の対象となりますが、その基準の対象となるのは利用可能額です。仮に利用可能額が100万円で実際に借入を利用している金額が30万円の場合でも、100万円が基準の対象となります。
 
ですので、もし現在利用している借入よりも低い金利で融資を受けられる場合は、高い金利の契約の利用可能額を減額させることも必要です。そうすれば低い金利でより多くの金額を借りることが出来ます。
 
また住宅ローンの審査などでも実際に借入を利用していなくても、カードローンの利用可能額やクレジットカードのキャッシング枠を全て利用しているとして審査するケースもありますので、不要な融資枠は解約しておいた方が得策です。



スポンサーリンク

 

タグ :

項目 お金を借りる審査

この記事に関連する記事一覧