銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

50万円お金を借りる場合の返済方法は元金方式と元利方式のどっちがいいの?




スポンサーリンク

返済回数と利息の関係

カードローンやクレジットカードでお金を借りると、毎月元金の他に金利という手数料が発生します。この金利が金融機関の儲けとなっている部分であり、金利が高ければ高いほど借りる側の負担は大きくなります。
 
例えば50万円という金額で年利18%の場合、1年間で50万円の18%が金利として請求されます。単純に計算すると9万円になりますが、実際には毎月少しずつ元金は減っていくので、返済後すぐに借り入れをしない限りもっと少なくなります。
 
早いうちに返済を進めていけば金利はそれほどかかりませんが、長期になればなるほど負担が大きくなってきます。
 
 

リボ払いの支払い方法

支払い方法にはいくつか種類があります。元金を一定額に、利息をプラスした元金方式。この場合、元金が1万円だったら1万プラス利息となります。
 
また、支払額を一定にし、その中に元金と利息を含めた元利方式。1万円の支払額の中に元金と利息が含まれます。つまり元金は利息を引いた金額ずつ減っていきます。
 
また、支払額の決定にも2種類あります。定率定額です。
 
定率とは残高の何%という形で金額が決まります。定額とは文字通り金額が指定されているものです。契約しているローンによって支払い方法が違っています。元利方式より元金方式のほうが元金の減りがわかりやすくなっています。
 
 

最初が減りにくい返済

支払い方法が元利定額方式の場合、支払い始めの元金への充当額が少なく、なかなか元金が減りません。つまり最初の返済を多めに返していくことで、将来的に支払わなければならない利息を大幅にカットすることができるようになります。
 
多くのカードローンやキャッシングは随時返していくことができます。もちろん年利18%は例えなので、もっと良い条件で借りることができる場合もあります。
 
特に銀行や信用金庫の提供しているローンは審査が厳しいかわりに、利息負担がとても小さいものとなっています。50万円程度でしたらそこまで無理をしなくても返すことができますが、使いすぎて雪ダルマ式に借金が増えないように気をつけなくてはなりません。
>>お金を借りるなら収入証明不要の三菱東京UFJ銀行カードローン



スポンサーリンク

 

項目 返済

この記事に関連する記事一覧