銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

学生キャッシング~バイト収入はある?無収入で借入できる?未成年はOK?




スポンサーリンク

学生がキャッシングを利用するための条件

学生がキャッシングを利用するための条件は、満20歳以上アルバイトをしていることです。
 
18歳、19歳の方に関しては、収入を得ていても借りることはできません。ローンを利用できる年齢は通常のキャッシングだけでなく、学生ローンに関しても満20歳からが基本です。
 
未成年でも保護者の同意ありで借りられるキャッシングも一部にありますが、これは親の信用力で借りているようなものです。いわば親が保証人役ですから、自分が借りたローンとは言いにくいです。自分の信用力だけを武器にして借りられるのは満20歳からです。
 
希望額に関しては、10万円をおすすめします。無難に返済できる利用枠は10万円なのです。その枠内の中で、数万円程度の借入に抑えておくのがコツです。
 
限度額50万円などと聞くと、沢山借りたくなるものですが、借りたものは返済する必要があります。借入額を抑えることは、返済する金額を抑えることでもあります。
 
審査に通過できないケースとして多いのは、希望額が大きすぎることです。初回融資では30万円といった高額融資には対応してくれないことが多いです。30万円を目標にしている方も、最初は10万円の借入に抑えておき、段階的に20万円、30万円と増枠してもらうのが理想です。
 
 

バイトしてないと借りることはできない

学生キャッシングは学生なら無条件で借りられると考えている方もいますが、借りるためには収入が必要です。これは保護者の同意の有無は関係なく、自分自身がバイトしてない状態では借りることはできません。
 
年収は決して高額である必要はありませんが、年収50万円と0円では大違いです。前者は10万円くらいの融資枠を得ることができますが、後者は1円も借りることはできません。
 
消費者金融、街金などのキャッシングは総量規制の対象となりますので、借入上限は年収により変わります。融資上限は年収の3分の1となるため、20万円借りるためには年収60万円必要です。年収が0円だと、その3分の1も0円になるので、1円も借りることができないわけです。高額収入は求められませんが、年収は50万円程度は欲しいところです。
 
事前にキャッシングWEBサイトの簡易審査を受けておき、現在の年収で借入可能か確かめておきましょう。融資額が少なくとも、それは悲観するべきことではありません。沢山借りられる方は高額融資を受けて、返済するときに大変になるケースが多いです。枠が少ないほど返済は容易であり、ローンで失敗するリスクも低くなるのです。
 
 

学生が即日融資を受けるコツは

学生が即日融資を受けたいときは、飲み会やコンパ、旅行などでお金が足りないときでしょう。予想外の出費に悩まされることは、意外と多いものです。
 
即日融資を受けるためには、審査は即日中に通過する必要があります。審査に丸一日かかるようでは、融資まではもっと時間がかかるのです。即日で借りるためには、審査にかける時間は2~3時間に抑えないと厳しいです。そのためには、無理のない計画的な借入をすることです。

人気ある学生ローン

・アイシーローン(未成年OK)
・マルイ
・アミーゴ
・イー・キャンパス
・カレッジ
・友林堂
・ベル
・学協
・トーエイ
 
これはキャッシング商品の謳い文句ですが、借りられない理由の多くは無理をした借入をしているからです。返済能力を超えた借入をしようとしても、絶対に借りることはできません。
 
10年前のキャッシングならば、返済能力以上の融資をしてくれるのが当たり前でした。元金を完済できなくても、利息で儲ければいいと考える業者が多かったのです。しかし、今のキャッシング業者は返済能力に見合った金額しか貸してくれません。
 
総量規制の範囲内だから、100%借りられるとは限らないのです。審査に通過するには、希望額は1万円でも少ないほうがいいです。
 
10万円は無理だけど、5万円なら融資可能だと業者側から言われる方もいるくらいです。必要額が5万円ならば、5万円で申し込むべきでしょう。



スポンサーリンク

 

項目 学生キャッシング

この記事に関連する記事一覧