銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

給料前借りにはルールがある?~今は給料前借よりキャッシングの方がいいかも


前借り可能なケースがある

ドラマや映画を見てみると従業員が社長や上司に、「ちょっと給料前借りを…」みたいなことを言うシーンがあります。
 
私は給料が足りなくなった場合にはカードローンを利用するようにしているのですが、果たして給料前借りは現実世界でも利用できるのでしょうか?
>>2社のローンカードを持っておくと便利~カードローンの複数契約と長所と短所とは
 
実は特殊な事情であれば、会社は給料前借りに応じる必要があると法律に書かれています。これは労働委準法25条に明記されていることです。具体的には労働者やその妻が出産することになって、その費用が必要だとか、労働者やその家族が急病にかかったとか事故に巻き込まれて入院することになった時などです。
 
また自然災害の被害で、家屋に深刻な損失があった場合、親族に対して止むにやまれる出費が必要になった場合には、それまでの労働に見合う賃金を支払うことと書かれています。
>>今すぐ50万円を借りる場合は総量規制対象外の銀行カードローン
 
私も含めてですが、このような給料前借りの義務が法律で明記されていることを知らない人も多いと思います。
 
 

給料前借りの基本ルールを理解しよう

上で紹介したように、やむを得ない事情があれば給料前借りは可能です。しかし給料前借りするためには2つの条件を押さえておくことです。
 
まず先に紹介した労働基準法では、支払日の前であっても給料を支払うことができると書かれています。ではいつまでに支払わなければいけないかということは記載されていません。ということは、申し出たその日に支払われるという保証は決してないわけです。
 
また給料前借りをする場合、あくまでもその時点までに働いた日数分の報酬が上限として支払われます。決して1か月分の給料をそのまま受け取ることができるとは限らないわけです。
 
給料前借りに関して、後々いろいろとトラブルになる可能性もあります。そこで金銭借用書などの書類を形として残しておいた方が良いでしょう。
 
中には「前借りをすると来月の給料から天引きする」といった理不尽なルールを課している会社もあるみたいです。金銭借用書を作成して、厄介なトラブルに巻き込まれないようにしましょう。



スポンサーリンク

 

項目 お金を借りる コラム

この記事に関連する記事一覧