銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

他社借入を返済一本化するのであれば総量規制の対象である消費者金融ではなく銀行で


おまとめローンは金利を最優先

おまとめローンで最優先するべき条件は金利です。今よりも年率が高くなるようでは一本化するメリットはありません。
 
年率が同じであれば、借入件数が減る分だけメリットがありますが、せっかく一本化するのですから利率も下げたいでしょう。
 
そこで候補先となる借入先が銀行なのです。大手メガバンクを筆頭に地方銀行、ネットバンク(ネット専業銀行)などジャンルは幅広いですが、一番重視するべきは年率の低さです。おまとめローンは実質年率という年率を導入しており、借入残高に対して利率が発生します。日数あたりで利息が発生するので、早く返済するほど得なのです。
 
利率の低いローンでまとめると、月の返済額が少なくなります。借入額が大きい方ですと、月に3,000円以上も返済額が少なくなる方も多いでしょう。
 
ただし、月の負担を楽にすることに甘えるのではなく、返済額は今までと同額にしながら、早期完済を目指したほうが得策です。総支払い額は少なくなるので、同額返済を続ければ短期間で完済可能となります。
 
年率を下げる目的は、利息を減らして総支払い額を抑えることです。100万円程度の借入がある方なら、1%の利率にも敏感になるべきです。1%の差は小さいと思うでしょうが、銀行の預金利率として考えると破格の利率でしょう。
 
 

信頼よりも金利で選ぶべき理由

銀行と呼ばれる金融機関には一定の信頼性があります。
 
ネットバンキングは信用できないという方もいますが、お金を借りるのは自分なのです。いわばリスクを背負うのは金融機関側であり、信頼性が低くても借り手にとって大きな問題ではありません。むしろ大切なのは、自分自身が信用してもらうことです。過去に遅延を繰り返していれば、審査に通過できない、または融資額を減額されることでしょう。
 
地方銀行のおまとめローンが利用しやすい理由は、地域住民であることが最大の理由です。また、口座開設をしており、住宅ローンを利用していたり、貯金をしていたりすれば、審査に通過しやすくなるのが普通です。
 
ローンの利用実績が好ましければ、金融機関にとって安心要素となります。ローン経験が皆無の方に対しては、融資をする側としても慎重になるものです。たとえ公務員、大手会社員という肩書きがあったとしても、計画的に返済してくれる方とは限りません。実際に融資をしてみて、返済状況を確認するまでは、どのような借り手なのか判断できないわけです。
 
すでに取引状態にある地方銀行があれば、メガバンクやネットバンクと比較しても審査に通過しやすいと言えます。

地銀、信金の金利比較

群馬銀行 ナイスサポートカード
2.800%~14.500%|800万円
 
北洋銀行カードローン スーパーアルカ
2.950%~14.700%|1000万円
 
大阪信用金庫 ニューフリーローン
3.000%~12.500%|1000万円
 
八千代銀行 カードローン「プラスユーネクスト」
3.400%~14.800%|300万円
 
仙台銀行 スーパーカードローン「エクセレント」
3.500%~14.500%|1000万円
 
京葉銀行 フリーローンファスト
3.900%~14.000%|800万円
 
大垣共立銀行 ライフプラン「ポピュラーローン」
4.500%~10.500%|500万円
 
岐阜信用金庫 フリーローン
4.925%~11.800%|500万円
 
姫路信用金庫 ひめしんフリーローン“かりとく”
5.000%~14.500%|500万円
 
埼玉りそな銀行 りそなプライベートローンJ
6.500%~14.000%|300万円
※実質年率|限度額
 
 

なぜ消費者金融はおまとめローンに向かないのか?

消費者金融は融資までの時間が最も早いことで知られています。さらにアルバイト、パート、派遣社員など、雇用形態に関わらず融資してくれる融通性もあります。しかし、おまとめローンの借入先としては消費者金融は不向きです。
 
理由はシンプルで、銀行と比べて金利が高いからです。現在、消費者金融から借りている方が、別の消費者金融ローンでおまとめしても、月の返済額はほとんど変わりません。
 
消費者金融の金利というのは、どこで借りても僅差だからです。18.0%の年率が17.8%になっても、返済に大きく影響しません。おまとめローンを利用するからには、一気に年率を引き下げて支払いを楽にしたいものです。
 
また、消費者金融のローンは総量規制の適用となる問題もあります。キャッシングでおまとめする場合、借りられる金額は年収の3分の1以内です。おまとめ専用ローンをラインナップしている場合は、総量規制の対象外になることが多いですが、年率に関してはキャッシングと大差ありません。
 
すぐに借りたい方にとって消費者金融は最適ですが、おまとめローンの金融機関としては不向きなのです。かつてと比べると年率は大幅に下がっていますが、メガバンクやネットバンクと比較するとまだ数%は高いです。



スポンサーリンク

 

項目 おまとめローン・借換

この記事に関連する記事一覧