銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

山陰合同銀行のカードローンでお金を借りる~審査の不安な人には仮審査ある




スポンサーリンク

銀行が提供し始めたカードローン

カードローンを利用する人はかなり多くなってきました。一昔前は、借金には暗いイメージがあって、お金を借りることに後ろめたい気持ちを持っていた人が多かったのですが、現在ではそうではなくなってきています。
 
インターネットで簡単に申し込めるようになっていますし、誰にも知られずに借りられるようにもなってきていますから、利用者は増えてきていると考えられます。
>>専業主婦が旦那に内緒でお金を借りるなら三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
 
もともと、銀行は一般個人に対してはの融資には消極的でした。個人向けの無担保融資は、どちらかというと消費者金融が専門的に行っているサービスだったとも言えるでしょう。それが現在では銀行も営業の幅を広げていて、消費者金融と同じように、積極的に融資を行うようになったのです。
 
消費者金融のサービスとしてキャシングがありますが、これとほぼ同じサービスを銀行が提供するようになり、現在では銀行カードローンとしてごく一般的なものになっています。
>>今すぐ50万円を借りる場合は総量規制対象外の銀行カードローン
 
銀行がサービスを提供し始めた当初は、まだ大手の都市銀行の一部だけがサービスを提供しているという状態でしたが、徐々に地方銀行もサービスを展開するようになります。CMなどでも見かけるように、多くの銀行が力を入れるようになったのです。
 
 

地方銀行のメリットとデメリット

地方銀行は、特定の地域を営業圏としている銀行です。都市銀行は全国に店舗を持っていますが、地方銀行はそうではなくて、営業圏が限られています。
 
例えば、中国地方だけで営業をしていて、東京や大阪などの主要都市には、店舗が少ししかないというくらいの規模です。地域に密着したサービスを提供しているとも言えるでしょう。地元にありますから、経営方針も地元に合わせたものとなっていることが多く、その地域の特定の文化に適したサービスを提供できるというメリットがあります。
 
都市銀行と比べると、融通の利く対応をしてくれやすいという特徴がありますし、その地域に限って言えば店舗やATMがたくさんあります。
 
ビジネスで全国を飛び回らなければならない人なら都市銀行の方が便利かも知れませんが、地方銀行の方が便利だと感じる人も結構たくさんいます。この地方銀行も一般の個人向けに融資を行っていますから、お金を借りたいと思ったときには選択肢の一つとして検討する価値はあります。
 
最近ではインターネットで手続きが出来るようになってきていますが、インターネットが苦手な人なら、気軽に相談できる地方銀行の方が適しているでしょう。
 
 

ごうぎんの営業圏とサービス

「ごうぎん」は、正式には山陰合同銀行と呼びます。島根県と鳥取県が地盤ですが、山陽地域や兵庫県にも営業圏を広げています。地元密着型の銀行で、融通の利くサービスを提供しています。
 
また、地方の企業への融資を積極的に行うなど、地方経済の発展に貢献している銀行だと言えるでしょう。ごうぎんは様々なローン商品を展開しています。
 
自動車を購入するときなどに用いるマイカーローンや、学費などを捻出するための教育ローン、マイホームに関連した住宅ローンやリフォームローンなどがあります。もちろん、カードローンもあります。
>>自動車ローンは絶対に保証人は必要となる?安価な中古車だとフリーローンが便利だね
 
大手の都市銀行よりも劣っているかも知れないという不安を持つ人がいるかも知れませんが、ローンとしての特徴を見れば大きな違いはありません。むしろ、店舗やATMがたくさんあると言うことを考えれば、大手よりも使いやすいでしょう。また、ごうきんを普段から利用している人なら優遇されるサービスなどもあります。
 
例えば、ごうぎんのDuoカードを持っていれば、金利が引き下げられるなどのサービスがあります。メインバンクとしてごうぎんを使っている人なら、大手の都市銀行から借りるよりもいろいろな面で優れています。



スポンサーリンク

 

地銀、信金、その他

この記事に関連する記事一覧