銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

借りやすい消費者金融はある?銀行カードローンと消費者金融の審査基準に差はある?




スポンサーリンク

理由を知っていると役に立つ

お金を借りることの出来る業者はたくさんありますが、その中で比較的審査の緩いのが消費者金融です。ほかにも銀行やクレジットカード会社などもあるのですが、消費者金融の方が借金をしやすいという傾向はあるでしょう。
 
これから借りようと思っている人なら、その理由を知っておいて損はありません。
 
借りやすいことはメリットだと感じる人がいるかも知れませんが、そうとも限りません。何事もメリットがあればどこかにデメリットがあるものですから、このあたりをきちんと理解しておいた方が良いです。理解をした上で、どこから借りるべきなのかを決めるべきでしょう。
>>お金をいくらまで借りられるか~消費者金融は総量規制の対象ゆえ借入金額には注意
 
また、審査の基準はそれぞれの業者が独自に決めますから、全体的に見てその傾向があると言うことだけを理解しておくべきでしょう。銀行でも緩いところもありますし、消費者金融でも厳しいところもあります。これらのことについても理由を知っておくべきでしょう。
 
信用力が低くて、どこからも借りられない人にとっても、理由を知っておくことは有用です。なぜなら、理由を知っておくことによって、通りやすいのかどうかを見極められるようになるからです。知っておいて損はない知識です。
 
 

そもそも基準とはどんなものなのか

借金をするときには審査を受けなければなりません。基準が定められていて、その基準をクリアしていかなければなりません。では、基準にはどういったものがあるのでしょうか。
 
消費者金融がチェックする項目としては、年齢、職業、勤続年数、家族構成、収入、クレジットヒストリーなどがあります。これらの項目を総合的に判断して、信用できる人なのかどうかを評価します。当然のことながら、クレジットヒストリーにネガティブ情報があれば不利になります。
>>キャッシング審査が通らない人~カードローン契約を成立させるためには?
 
実はこのような項目は銀行でもほかの金融機関でも同じです。お金を借りられるところなら、だいたいこのような項目について基準が設けられています。基準の厳しさはそれぞれで異なりますが、どの金融機関もだいたい同じような項目に基づいて評価を行っているのです。
 
それにもかかわらず、全体として銀行よりも消費者金融の方が緩いのはなぜなのかと疑問になる人がいるかも知れませんが、これは金融技術の問題で、実はこのような基準で通るか通らないのかを決めているのではなくて、信用力がどれくらいあるかを評価しているに過ぎないのです。融資するかどうかの判断材料として用いられているに過ぎません。
 
 

金利との関係は非常に重要

実はこのことと金利は非常に大きく影響しています。絶対に返済しない人には融資を行わないでしょうし、絶対に返済する人には積極的に融資を行うということは、これは言わなくても分かることでしょう。問題はそのどちらでもない人たちです。
 
そこそこ信用は出来るけれども、もしかすると何かあるかも知れないというくらいの人たちに融資をする際に、どう評価しているのでしょうか。踏み倒されると、もちろん消費者金融は損害が発生します。
 
この損害を埋めるためには、ほかの利益でカバーする必要があるでしょう。それをカバーできるのは、消費者金融という会社では利息収入しかありません。ですから、信用力が低い人に融資を行う際にはたくさんの利息をもらわなければなりません。つまり、金利が高くなります。
 
消費者金融はこのようにして、信用力の低い人にも融資を行っているのです。この関係を逆に考えていくことも出来ます。どうしても審査には落ちたくないという人なら、出来るだけ金利の高い消費者金融を選べば良いのです。
 
一般的には、大手の消費者金融よりも中小の消費者金融の方が金利が高い傾向があります。そのために、審査には通りやすいのです。
>>アルバイト、パート、派遣社員等であっても年収がそれなりにあればお金は借りれる



スポンサーリンク

 

項目 お金を借りる審査

この記事に関連する記事一覧