銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

アコムやプロミス、アイフルなどの消費者金融でお金を借りる時は収入証明書は不要?




スポンサーリンク

キャッシングには収入証明書は必須?

消費者金融と契約する際にはそれぞれの業者によって必要な書類が決まっています。
 
申込をする際には事前に確認しておかないと実際に申込をしてから書類不備を指摘されて書類を集め始めるというようなことにもなってしまいますから、必ずチェックする必要があります。特に窓口で申し込むなどの場合、書類が足りなかった際には家まで戻らなくてはなりません。
 
ここで少々調達に手間がかかるのが収入証明書ですが、消費者金融では一定額以上の借入をする場合にのみ収入証明書の提示が必要とされるようになっています。
 
多くの場合は「50万円以下の借入なら収入証明書は不要」としていますので、最高限度額が500万円とされているプロミス、アコム、アイフルでも柔軟に借り入れられる50万円以下の契約を選ぶ人が多いのです。
 
関連記事:
>>生活費が必要になってアコムのむじんくんで即日キャッシングした
>>土日や祝日でも借入可能なプロミスで今すぐお金を借りる~在籍確認なしの場合もある
 
 

収入証明書の提出が義務付けられる条件

ここで注意をしたいのは「収入証明書の提出はそれぞれの貸金業者が決めることではない」ということです。
 
現在施行されている貸金業法では総量規制がかかっており、その規制をしっかりと行っていくためにも法律の中では「利用限度額が50万円を超える場合」と「他者を含めた借入額の合計が100万円を超える場合」のどちらかに該当する場合は借金契約に際して収入証明書の提出が義務付けられます。
>>お金をいくらまで借りられるか~消費者金融は総量規制の対象ゆえ借入金額には注意
 
加えてプロミスでは収入証明書の発行日から3年が経過した場合や勤め先に変更があった場合には再提出が必要としており、アイフルでも就業状況の確認や再審査の際などに確認が必要とされた場合、再提出を求めることがあります。
 
こうしたことは各社のオペレーターが把握していますので、必要に応じて確認しましょう。
 
 

収入証明書として使える書類

それではお金を借りる際に収入証明が必要とされた場合には具体的に何を持って行けば良いのかということについてですが、最も簡単に調達できるのは給与明細書源泉徴収票でしょう。
 
給与明細書は毎月給与が支払われる度に勤務先から発行されていますし、源泉徴収票も毎年勤務先から発行されています。給与明細書を利用する場合には直近2ヶ月分と、賞与がある場合は1年分の賞与明細が必要です。
 
またこれらのほかには確定申告書や納税証明書、市民税・県民税決定通知書、所得証明書なども該当しますので、もし源泉徴収票や給与明細書が確保できなかった場合にはこれらの書類で代用するようにしてください。
 
もしこれらの書類のいずれも用意できない場合には審査が受けられなかい可能性もありますので注意しましょう。



スポンサーリンク

 

タグ :

項目 お金を借りる審査

この記事に関連する記事一覧