銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

債務整理後はお金が借りられなくなる?自己破産の場合は7年間の新規借入は無理




スポンサーリンク

債務整理をするとお金が借りられなくなる

お金は現代の社会を生きる上でほぼ必須のものとなっていますが、常に十分な金額が手元にあるという人はそこまで多くありません。
 
自動車や住宅といった高額な商品を購入したり、また子どもの進学費用などでまとまった資金が必要になることは少なくありません。そうした際には借金をすることになるのですが、しかしこれを行う際にはそれが法律上の義務を負うことだとして理解をしなくてはならないでしょう。
 
もしその義務(返済)が果たせなくなったのであれば、その人は強制執行、差し押さえなどの対象になってしまいます。
>>家族が勝手にローンカードを使ってお金を借りた場合、名義人に返済義務はある?
 
そうした状況を解決するための方法が債務整理なのですが、しかしこれを行うと今後しばらく新たにお金を借りることが出来なくなるということは忘れずに考えておかなくてはならないでしょう。
 
 

債務を整理するということの意味

さて、とはいえ債務整理という方法は違法なものではないということは最初にしっかりと理解が必要です。この点に関して誤解をしている人は多く、まるでこれを行うと本来の権利が侵害されるのではと考えている人もいます。
 
ですが自己破産にしろ任意整理にしろ、その方法は法律で認められているわけですから、一部の権利停止を除いて何らかの権利が侵害されることはあり得ないことです。
 
ではどうして新たな借り入れが出来なくなるのかというと、これは「債務整理をした」という事実がある以上、その人がまた返済をしてくれなくなる可能性があるからです。
 
事業としてお金を貸している貸金業者などは利息を付けて返済がされて初めて利益が出るわけですから、その利益を出せない可能性がある人には貸したくないのです。
 
 

時間が経てばまた借りられるようになる

利益を出せない顧客に対して貸し付けをしたいと考える事業者はまずいませんから債務整理をすると新たな借り入れが出来なくなるわけですが、しかしこの借り入れが出来ない期間は一生続くわけではありません。
 
自分が選んだ方法にもよりますが、最も大きな問題になる自己破産をした場合でも、その後7年ほどが経過すれば再び借り入れが出来るようになる可能性があります
 
その他の方法でも一定期間が経過すれば再び借り入れをできるようになるわけですから、もし返済が難しい状態になってしまったのであれば一度債務を減額してもらったり、免除してもらったりした方が良いわけです。
 
もちろん最も良いのは最初から返済できる額を借り入れることですが、もし返済が不可能になってしまった場合には弁護士などに相談しましょう。
 
(参考)弁護士法人アディーレ法律事務所
http://www.adire.jp/



スポンサーリンク

 

タグ :

コラム 項目 返済

この記事に関連する記事一覧