銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

専業主婦は大手消費者金融でお金を借りれません?キャッシングするなら総量規制外の銀行カードローン


スポンサーリンク

専業主婦は消費者金融からお金を借りられない

お金を借りる先として検討できる業者はいくつかあり、その中でも特に身近な存在だとして考えられるのが消費者金融です。
 
消費者金融では多くの消費者が借金をしているのですが、実は大手消費者金融の多くは専業主婦の申し込みを受け付けていません。これは現在の貸金業法では総量規制が行われており、その総量規制の中では年収の1/3以下しかお金を借りられないからです。
>>お金をいくらまで借りられるか~消費者金融は総量規制の対象ゆえ借入金額には注意
 
専業主婦ということはパートなどでの収入も無い(無職・無収入)ということですから、総量規制によって借入が出来ないとして判断されるのです。
 
法律上は配偶者貸付を利用することで貸金業者が専業主婦に融資することも可能なのですが、実際の大手消費者金融、たとえばプロミスアコムなど大手消費者金融では申し込み不可とされてしまっているのがほとんどです。
 
 

専業主婦でも借りられる配偶者貸付制度

先ほど専業主婦であっても配偶者貸付を利用すれば借入をすることが出来ると述べましたが、この制度は大手消費者金融では利用不可となっています。これは配偶者貸付を行うために必要な書類が多く、手続きに手間がかかるというのが最大の理由です。
 
まずこの制度を利用するには配偶者との関係を証明するための住民票や戸籍抄本が必要となりますし、金額によっては配偶者の年収を確認するための収入証明も必要とされます。
 
加えて配偶者本人が同意していないのに融資するというわけにはいきませんから、同意書も作らなくてはなりません。
 
こうした書類が集まってから内容に不備が無いかを確認するわけですから、大手ではその手間を嫌って受け付けておらず、従って専業主婦は消費者金融をほとんど利用できないとなっているのです。
 
 

専業主婦でも銀行カードローンは利用できる

さて、しかしここまでに述べてきたことは総量規制があるからというのが根本的な理由です。
 
そのためもし専業主婦がお金を借りたいというようであれば、総量規制の対象外である銀行カードローンを利用するという方法で解決することが出来ます。
>>今すぐ50万円を借りる場合は総量規制対象外の銀行カードローン
 
実際現在の銀行カードローンであれば三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行、イオン銀行、じぶん銀行などを筆頭としてさまざまな銀行が専業主婦のカードローン利用を認めています。
 
金額は大きくとも50万円程度と少々少なめの額が設定されていますが、配偶者貸付を利用するまでの手間を考えればメリットの方が大きいと言えるでしょう。
 
ただ銀行によっては配偶者の同意書や収入証明書の提示が求められることもありますから、利用の際にはそうしたこともチェックするようにしてください。



スポンサーリンク

 

項目 主婦・専業主婦

この記事に関連する記事一覧