銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

銀行でキャッシングする時、銀行カードローンの審査基準は?~消費者金融はお金を借りやすいの?




スポンサーリンク

落ちてしまう理由を把握することが大事

銀行キャシングは低金利で限度額が大きいために、お金を借りたいと思っている人なら是非利用したいと思っているのではないでしょうか。
>>お金を借りるなら三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は即日融資も可能
 
しかし、一般的には審査が厳しいと言われていますし、実際に落ちた人もいます。もしも落ちたことがあるのなら別の金融業者から借りるのも良い方法です。では、具体的にはどのようにして借金ができるのでしょうか。
 
ある銀行で落ちた場合には、ほかの銀行でも落ちる可能性が高くなりますから、落ちた理由を知っておくことは必要です。落ちた理由が分かれば、それに対応することができるでしょう。対処する方法を知っておくことは大事なことです。では、具体的にはどのような人が問題なのでしょうか。
 
実はそのポイントはある程度決まっていて、年齢、収入、職業、信用情報となっています。職業などの部分については、ほかの条件とともに総合的な判断がなされるのですが、年齢と信用情報は単独で判断されます。
>>キャッシング審査が通らない人~カードローン契約を成立させるためには?
 
年齢の上限に合っていなければ確実に落ちますし、ブラックの人なら確実に落ちます。この点をまず確認してみると良いでしょう。これらの条件は銀行によって異なりますから、条件の緩い銀行を選ぶのは良い方法です。
 
 

信用情報のブラックとホワイト

信用情報とは、かつての借り入れの状況を指します。ブラックというのは、過去に借り入れをして滞納した履歴などがある人を指します。約束通りに返済をしなかった場合に、その情報は信用情報として登録されます。
 
この場合、情報が登録されている間はどうやっても借りることはできません。情報を抹消するには時間をかけるしかありません。登録されている情報によって期間は異なりますから注意が必要です。
 
ホワイトとは、信用情報が何も登録されていない人を指します。つまり、過去に借り入れを一度もしたことがなく、クレジットカードも持っていなくて分割払いもしたことのない人を指します。
 
一言で言えば実績のない人を指します。利用したことがあって、そのままブラックになることなくきちんと返済をしているほうが実績があると言えるでしょう。一度も利用したことがなければ、落ちやすくなります。
 
ブラックに比べればましなのですが、ホワイトの場合も審査に落ちやすくなりますから注意が必要です。特に高齢の人の場合には、ホワイトは落ちやすくなりますから注意が必要です。ホワイトの場合、分割払いを利用するなどして実績を作るのは良い方法だと言えるでしょう。
>>障害年金や老齢年金を担保にお金をキャッシングすることはできる?
 
 

銀行の審査の違いを把握する

銀行は通りにくいと言われるようになったのは、実はかなり前のことです。現在でもややその傾向はありますが、実は消費者金融と大きな違いはないと言えるでしょう。それよりも、それぞれの個別の違いの方が大きいと考えられます。銀行によって重視するポイントが異なるのです。
>>銀行カードローンと消費者金融の審査基準に差はある?
 
ただ、実際には保証会社が審査をしているという点に注意が必要です。実質的には保証会社ですから、保証会社によって違うと考えておくべきなのです。
 
ですから、ある銀行で落ちた場合、その銀行が使っている保証会社を知っておくことは大事なことです。その保証会社が保証している銀行に申し込みをしても、同じ基準が採用されますから落ちることになります。
 
保証会社の異なる銀行を選ぶのは良い方法だと考えられます。アコムSMBCコンシューマーファイナンスは多くの銀行の保証を行っています。アコムが保証していれば、アコムと同じくらいの基準になると考えられます。
 
新生銀行カードローン レイクは新生フィナンシャルが保証していますから、かつての消費者金融のレイクとして営業をしていたときと同じような基準だと考えればよく、そのためにどちらかというと通りやすいという傾向はあります。



スポンサーリンク

 

タグ :

項目 お金を借りる審査

この記事に関連する記事一覧