銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

無借金経営の審査への影響~借入&返済実績のある方が審査には可決し易いの?




スポンサーリンク

無借金経営はビジネスローン審査で不利?

無借金経営をしてきた経営者の方のほとんどは、今まで融資に頼らずに健全な経営をしてきたのだから審査で不利になるはずがないと思っていることだと思います。
 
ビジネスローン審査では、フリーキャッシュフロー他社からの借入状況が重要になります。
 
無借金経営の人は、フリーキャッシュフロー、つまりは利益が十分に出ていて融資に頼る必要がないということですから、高額の融資を受けられる可能性が高くなります。しかし、必ずしもお金を借りることなく経営をしていくことが良いことであるとは限りません。
 
新しいことに挑戦して事業を拡大するにはコストがかかります。新しい設備を導入する、新しい人材を採用して育成するのも同様です。手持ちの資金でできる範囲にこだわっていると、同業他社に差をつけられることになるでしょう。
 
 

ビジネスローン審査でマイナスになる理由

ビジネスローン審査では、フリーキャッシュフローと他社からの借入状況の他に、過去の返済実績も見られます。「他社からの借入を延滞せずにきちんと返済を続けた」、「他社からの借入をきちんと完済した」という実績が重要なポイントとなってきます。
 
無借金経営の会社の場合、この実績がないので、「きちんと延滞せずに払ってもらえるだろうか」という疑いをもたれてしまいます。
 
また、それまでお金を借りたことがなかった会社が急にお金を借りたいと言い出したとなると、「経営が傾いているのではないか」という疑問ももたれてしまうでしょう。
 
銀行から融資を受けて、マイナスにならないように資金操りをするにはノウハウやテクニックが必要になってきます。その経験がない会社に融資をするというのは、経験豊富な会社への融資に比べるとリスクが高いと考える担当者もいるでしょう。
 
 

少しずつ実績を積んでいく

このように、無借金経営は必ずしもプラスの評価になるとは限りません。
 
ビジネスローンが利用できない場合には、公的融資や銀行融資などで少額の融資を受けて、延滞をせずにきちんと返済していくという実績を作っていくことが有効です。
 
銀行融資などを利用する時の注意点ですが、金融機関は返済の実績だけでなく、完済の実績も高く評価します。返済をしたらまたすぐ追加融資を受けるということを繰り返していつまでも完済できない状態が続くというのも好ましくありません。追加融資を受ける時は、なるべく前に借りたお金を完済してからにするようにしましょう。
 
個人事業主の場合は、法人カードでキャッシングの実績を作るという方法も有効です。少しずつ実績を積んでいくことで、ビジネスローンを有利な条件で借りられるようになっていきます。



スポンサーリンク

 

項目 ビジネスローン

この記事に関連する記事一覧