銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

住宅ローンでお金を借りる時の金利~固定と変動のどっちがいいの?理想は全期間固定型?




スポンサーリンク

住宅ローンの金利タイプは今は固定型が有利?

住宅ローンには、「固定型」と「変動型」の2つのタイプがあります。
 
「固定型」には、「全期間固定型」と、5年、10年、15年などから固定期間を選べる「当初固定型」があります。後者では、例えば5年固定型ならば5年が経過したら変動型に移行します。
 
2014年までの数年間は、歴史的な低金利状態が続いてきました。これはアベノミクスなどの影響と言われています。しかし、今後は徐々に景気が回復していくと見られており、「全期間固定型」を選択するのがいいと言われています。
 
しかし、将来のことはだれにもわかりませんので、変動型と固定型のどちらを選んだほうが得なのかは、結果が出てみないとわかりません。セオリー通りに考えるなら、今は「全期間固定型」を選んだほうが得をするということです。
 
 

変動型での借金はリスクが高い?

変動型でお金を借りることはリスクが高いと言われていますが、2014年までの10年間で見れば、むしろ変動型を選んでいたほうが大きく得をしてたことになります。
 
今後は景気が回復してくると見られていますので、固定型を選ぶのがセオリーですが、将来のことはだれにもわかりませんので、変動型を選ぶと必ず損をするというわけでもありません。
 
また、変動型を選んでも5年間は金利が変わらないのが一般的ですので、収入に余裕があって積極的に繰り上げ返済をしていこうという人は、変動型を選んだほうが最初の5年間でガンガン元本を減らせるというメリットがあります。
 
収入に余裕があって繰り上げ返済ができる人、返済期間を短めに設定している人などは金利上昇のリスクが少ないので、変動型のほうがお勧めになります。
 
 

借り換えを検討してみましょう

最近では、住宅ローンの借り換え市場が年々拡大しています。
 
住宅ローンを借り換えすることで500万円以上の費用を節約できる場合もあり、現在は住宅ローンを借りたらそれをただひたすら返済していくだけでなく、定期的に金利動向をチェックして、ローンのメンテナンスをすることが重要になっています。
 
変動タイプと固定タイプでは、固定タイプのほうが先に金融情勢が反映されますので、金融情勢が動いてから変動タイプから固定タイプへ借り換えをしようとしても、すでに年利に反映されてしまっており、通常は間に合いません。
 
金融情勢の動きから先を予測して、住宅ローンの年利に反映される前に借り換えに動くことが大切です。自信がない人は、やはり最初から全期間固定タイプを選んでおいたほうが安全でしょう。



スポンサーリンク

 

項目 住宅ローン

この記事に関連する記事一覧