銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

低収入でもディーラーローン(信販ローン)を使えるが、銀行の自動車ローンに比べると金利高




スポンサーリンク

低収入でもディーラーローンを借りることができます

自動車を購入するときに一括で現金払いをする人もいるかもしれませんが、自動車ローンとしてディーラーローンを活用する人も多いと言えます。
 
ディーラーローンとは、自動車販売店を経由する形で信販会社のローンを組むものとなります。自動車のディーラーが同時に融資のサービスを行っているわけではなく、契約先の信販会社から借り入れを行います。
 
自動車ローンとしては、銀行などのサービスも数多くありますが、審査が厳しいことや高収入でなければ融資が受けられないことが考えられます。
>>低金利の群馬銀行マイカーローンで車購入。私なりの返済遅延をしない工夫
 
一方で信販会社が提供しているローンであれば、低収入の方であっても自動車を購入するためのお金を借りることが可能になります。
 
 

ディーラーローンのシステムについて

銀行から融資を受けるときと比較して、ディーラーローンのほうが審査に通りやすいと言われています。
 
ディーラーとしては購入希望者がローンの審査に通らないと、自動車を販売できなくなってしまいますので、できるだけ審査に通過できるようにしてくれるという背景があると考えられます。
 
信販会社の自動車ローンの特徴としては、使用者としての本人名義となるだけで、所有者は信販会社の名義となります。万が一、利用者が返済できなくなった事態が起きたとしても、自動車を担保とすることによって貸し付けた資金の回収ができますので、信販会社としてもメリットがあります。
 
 

銀行の自動車ローンとの金利の差について

信販会社の自動車ローンを活用するときには、全てがメリットというわけではなく、注意点についても把握しておくことが大切です。
 
低収入の方がローンを組めることは大きなメリットになりますが、銀行が行っている自動車ローンと比べると金利の面で5%近くの差がある場合も考えられます。
 
金利に関しては1%の差があるだけでも、返済金額としては大きな違いが発生しますので、借り入れを行う前にどの程度の返済をしなければならないのか計算しておくことがおすすめです。
 
毎月における返済可能な金額を把握しておいて、ローンを組むことが大切で、さらに自動車を購入する上で維持費についても計算しておけばなければなりません。



スポンサーリンク

 

項目 自動車ローン

この記事に関連する記事一覧