銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

キャッシング審査のスコアリングとは?~スピード審査の理由はスコアリングによる




スポンサーリンク

キャッシングの審査のスコアリングについて

生活費などのお金が足りないときに、消費者金融のキャッシングを利用したいと考える人は多いと思います。キャッシングを利用するときには、申込みをして金融業者の審査を受けることで、融資が可能かどうかが決定します。
 
キャッシングの審査にはスコアリングというものがあって、申込みをするときに回答する項目ごとに数値が設定されています。スコアの判断基準に関しては、過去のキャッシング利用者の情報に基づいて決められています。
 
自営業者が一般的にスコアリングの面で不利と言われているのは、会社員と比較したときに金融事故を起こす確率が高いと考えられているためです。
 
キャッシングの申込者本人が金融事故を起こすかどうかはわかりませんが、過去のデータに基づいて判断が行われることになります。
 
 

審査のスコアを良くする方法について

キャッシングの審査では、それぞれの回答の項目によってスコアが決められていますので、申込者としては借り入れがしやすくなるために、スコアを意図的に良くしようと考えるかもしれません。
 
しかし、年齢などは偽ることができませんし、勤務先についても在籍確認を行う消費者金融がほとんどです。
>>お金を借りるときの嘘は厳禁~他社借入件数、借金総額、勤続年数、年収など
 
スコアを良くする方法としては、収入源が複数あるときには良い条件のほうを選択する方法があります。事業主として複数の業者を持っているときには、事業年数が長いほうの勤務先を記入したほうが借り入れしやすくなります。
 
会社員の場合には副業を行っていることも考えられますので、年収を記載するときには副業による収入を含めて記入することがおすすめです。
 
 

複数の収入源があるときの収入証明書の提出について

消費者金融からお金を借りるときに、多くの業者では少額の融資を希望するときには、本人確認書類のみの提出で契約を行えます。ただし、50万円以上や100万円以上の融資金額になってくると、収入証明書の提出も必要になってきますので用意しておかなければなりません。
 
複数の収入源を持っている人で、年収を合わせて記入したときには、複数の収入証明書の提出を要求される可能性があります。
 
また、消費者金融から融資を受けるときには、法律上の規定として年収の3分の1までの金額しか借り入れできないというルールがあります。したがって、年収の金額が多ければ、それだけ融資を受けられる金額も増えるメリットが得られます。



スポンサーリンク

 

タグ :

項目 お金を借りる審査

この記事に関連する記事一覧