銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

ノンバンクは銀行とどう違う?~総量規制の問題だけ?少額融資の場合は銀行もノンバンクも僅差


スポンサーリンク

貸金業者はすべてノンバンク

貸金業者と呼ばれるものは、すべてノンバンクに属します。消費者金融はもちろん、地元の街金、信販会社などがそうです。もっと簡単に言えば、預金商品の取扱いをしていない金融機関と考えるといいでしょう。
 
銀行や信用金庫などは預金商品を用意しているため、ノンバンクではありません。
 
銀行系の業者に関しては曖昧でしょうが、運営元の情報を見ればわかります。貸金業登録をしている、総量規制の範囲内での貸付になる、などの条件があれば銀行系になります。銀行系は消費者金融であり、預金商品の取扱いはしていません。あくまで取扱うのはローン商品全般です。
 
 

総量規制の貸付制限に注意しよう

近年はノンバンクの金利も下がっており、年率18.0%以下の設定が主流です。銀行よりもやや高金利ですが、融資額が少なければ大きな影響は出ないでしょう。
 
それよりも注意するべきことは、総量規制による貸付制限の範囲内で借りることです。年収の3分の1以内の希望額に設定する必要があり、これを超えてしまうと借りることはできません。
 
消費者金融は専業主婦や無職の方は利用できないと言われていますが、この最大の理由は総量規制に接触するからです。収入がなければ、年収の3分の1で試算した場合に0円になるため、1円もお金を借りることはできないのです。
 
 

結局のところ銀行とどちらがお得?

お得度で言えば間違いなく銀行のほうがお得ですが、緊急時の借りやすさにおいてはノンバンクに敵うものはありません。いずれも即日融資が可能ですが、時間で見ると銀行よりも消費者金融のほうが早いです。早く借りられるので、緊急でお金を用意したいときに重宝してくれます。
 
関連記事:
>>生活費が必要になってアコムのむじんくんで即日キャッシング
>>プロミスで今すぐお金を借りる~在籍確認なしの場合もある
 
例えば、クルマの修理代を用意できなくて、会社に行けそうもない状況であれば、多少高金利でもスピード融資を優先するでしょう。
 
銀行は年率が低いというイメージがあるでしょうが、グレーゾーン金利廃止により消費者金融の金利も下がりました。大きな額を借りないならば、年利の差はあまり気にならないでしょう。



スポンサードリンク


 

コラム

この記事に関連する記事一覧