銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

おまとめローンの限度額は1000万円あるが、実際に借入できる金額は自分の返済能力次第




スポンサーリンク

限度額は金融機関により異なる

おまとめローンの限度額は、金融機関により差があります。消費者金融は300万円もしくは500万円、銀行は500万円以上が相場となっています。
 
現在の借入総額が500万円を超えるならば、銀行ローンでまとめるのが一般的です。おまとめを成功させるコツは、ローンを1社にできることです。5社を2社に減らせるだけでもメリットはありますが、2社と1社では大違いです。1社にまとめることができれば、他社ローンの返済は気にしなくていいのです。
>>他社借入を返済一本化するのであれば総量規制の対象である消費者金融ではなく銀行で
 
1社に対して集中的に増額返済、繰り上げ返済を行えますし、どの業者から優先的に返済するべきか迷うこともありません。
 
金融機関の設定する限度額は、業者が融資してくれる最大額であり、この金額を確実に借りられる保証はありません。キャッシングと同じように、最終的に返済能力を見ながら融資額が決まります。
 
すでに現ローン(多重債務状態)の返済に困っている状態であれば、融資してくれない可能性もあります。遅延が何度も続くと致命的なので、まとめるなら遅延するほど追い詰められる前にする必要があります。
 
おまとめ専用ローンの場合は総量規制の対象外ですが、だからと言って限度額まで借りられるわけではありません
 
 

総量規制の影響により相場が変わる

おまとめローンは、おまとめ専用ローンとキャッシングの2つに分けられます。
 
おまとめ専用ローンは、ローンを一本化することが目的であり、一般的なキャッシングと区別されています。消費者金融のローンはすべて総量規制の対象になると思われる方が多いですが、おまとめ専用ローンに関しては例外となります。
 
教育ローンや自動車ローンなどに関しては、総量規制の対象にならないでしょう。
 
おまとめ専用ローンの場合もこれと同じです。おまとめという目的に特化しているため、目的ローンに分類されるわけです。
 
キャッシングでおまとめする場合は、総量規制の問題が絡んできます。用途不問のキャッシングは、おまとめローンとしても使えるのです。通常のキャッシングの場合、消費者金融で借りるときは総量規制の対象となり、銀行は対象外となります。銀行ならば通常のキャッシングをおまとめに使うこともできるわけです。
 
金利の相場に関しては、キャッシングよりおまとめ専用ローンのほうが低くなっています。消費に使用するローンではなく、他社ローン返済という明確な理由が存在するため、健全な用途とみなされるからです。
 
銀行のキャッシングの相場は14%程度ですが、おまとめローンになると12%台で融資してくれるケースが多いです。
 
 

おまとめローンの利用前に担当者に相談する

おまとめローンを利用するからには、必ずローンを1本にまとめるべきです。しかし、審査を受けた結果、希望額に届かないというケースは多いです。そこで、事前にどの程度の借り入れができるのか担当者に聞いておきましょう。
 
限度額ギリギリまで借りることができれば理想ですが、最終的に返済能力により融資額が決まります。事前に目的額の借り入れができるとわかれば、安心して審査を受けられるでしょう。
 
担当者と交渉するときは、無理なく返済できることをアピールしましょう。返済がギリギリの状態では、業者側としても融資を躊躇します。
お金を貸す以上は、確実に返済してくれる相手に貸したいと思うからです。具体的な返済プランを組み立てておき、交渉時に話しておくといいでしょう。
 
過去に遅延がないことをアピールすれば、融資額が増える可能性もあります。遅延をしたことがある場合は、聞かれたら正直に答えることです。業者側が個人信用情報機関のデータ開示請求をすれば、嘘はすべて見抜かれてしまいます。
 
もしおまとめローンの利用ができない場合は、現契約中のローン利用枠を拡大するという手もあります。最も低金利な金融機関と交渉して、他社ローンの一本化ができるまで限度額を増額してもらうのです。



スポンサーリンク

 

項目 おまとめローン・借換

この記事に関連する記事一覧