銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

お金を借りる際の「金利」とは~複利計算であることは大事


借金返済時には利息が請求される

現在では様々なところでお金を借りることが出来るようになりましたが、この際に必ず理解していなくてはならないのが「事業者からお金を借りるのであれば利息が発生する」ということです。
 
個人間の貸し借りであれば無利息でお金を借りられることもあるでしょうが、事業者と契約をするのであればそう言うわけにはいきません。
>>個人でお金を借りる時の上限金利は?109.5%それとも20.0%~個人間融資の掲示板には注意せよ
 
事業は利益を得られなくては存続していくことができませんし、貸したお金がただ返ってきたというだけなのであればそれはリスクを負うだけの意味の無い行為です。こうしたことを考えると利息は絶対に請求されるものであり、返済の際にはその利息も含めて返していかなくてはならないということになるのです。
 
このことは基本中の基本ではありますが、だからこそ常に忘れないようにしましょう。
 
 

利息の金額を決める金利とは

この利息という部分を考えるにあたって必ず出てくる単語となっているのが金利です。これは元本、つまり最初に借り入れた金額に対して事前に提示された割合で計算していくことになります。
 
しかし一般的には元本+利息の金額に対して金利をかける複利法で利息が発生することになりますから、単純に「元本×金利の金額を返済すれば良い」ということにはならないということに注意が必要です。
 
複利の恐ろしいところは利息にも利息が発生するというところであり、返済が滞るとどんどん最終的な返済額が膨らんでいくことになります。
 
この点は借金の最も恐ろしいところであると言っても過言ではありませんから、お金を借りる際には必ず利息が発生すること、そして放置すると凄まじい額にまで膨れ上がることを理解しましょう。
 
 

借金をするなら利息が少ないに越したことは無い

さて、基本的に借金は利息が少ないに越したことはありません。借入額が100万円でも法外な利息が請求されて1億円を返さなくてはならないということになれば、それは借金を意味が無いということになるでしょう。
 
実際には手元に資金が無い時に資金を調達できる時点で無意味ではないのですが、最終的な負担との釣り合いが取れていないのであれば借りない方が良いのです。
 
こうした利息を定める金利については必ず契約をする前に説明がされることとなります。そのため説明を受ける際には真剣にその内容を確認し、自分が今後どれくらいの金額を返していくことになるのかということについてイメージをしておく必要があるわけです。後になってから返すことが出来なくなることの無いよう、事前にしっかり確認しましょう。



スポンサーリンク

 

項目 返済

この記事に関連する記事一覧