銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

60才以上のアルバイトやパート高齢者はお金を借りれる?収入と年齢制限があれば借入可能




スポンサーリンク

アルバイトでもお金は借りられる

パートやアルバイトというと、一般的に正社員よりも収入は少なくなってしまいます。しかし、たとえ収入が少なかったとしても、キャッシングなどを利用してお金を借りることは十分に可能です。ただ、正社員よりも少ない金額しか借りられないことが多いのは確かです。
 
ですからキャッシングなどに申し込む際にも、あまり大きな金額の借り入れは最初から期待しないことです。たとえ大きな金額を希望して申し込んだとしても、審査には通らないことが殆どです。
 
また、よく高齢の方が清掃員や掃除スタッフとして働いていることがありますが、殆どの場合、そうした仕事はパートかアルバイトのようなものです。そうした高齢の方が借金をする場合は、特に注意が必要です。
 
なぜなら、キャッシングやカードローンなどには年齢制限があるからです。
 
たとえば年齢制限の上限が「満60歳まで」となっていたら、61歳以上の人は申し込んでも受け付けてもらえません。審査に通るか落ちるかではなくて、それ以前の問題として、審査を受ける資格すら与えてもらえないのです。
 
年齢制限が何歳から何歳までなのかは、ローン会社によって微妙に違います。それゆえ申し込む場合は、事前確認が必要です。
 
 

借金の返済は一番重要なこと

もしも金融機関から借り入れをしたら、必ずお金を返さなければなりません。そしてきちんと返すためには、実際に借りた金額(元金)に利息をプラスして返すのです。
 
ですから利息の上乗せ分のことまでちゃんと考えて、返済計画を立てる必要があります。特に翌月一括返済ではなくて、毎月のリボルビング払いで少しずつ返すような場合は、なおさら注意しなければなりません。
 
なぜなら少しずつ長期間にわたって返す場合ほど、利息の総支払い金額は大きくなってしまうからです。利息は金利によって決まりますが、利息と金利には基本的な計算式があります。それは、「借り入れ金額×金利÷365日(閏年なら366日)×借り入れ日数=利息」です。
 
たとえば金利が年17%で20万円を30日間借りたとすると、「20万円×17%÷365日×30日=2794円」となります。しかし同じ条件で一年間(365日)借りたとすると、利息は何と34000円にもなってしまうのです。もちろん、この計算はあくまでも単純計算です。
 
実際のリボルビング返済とは違ってきます。しかし借金というものは、借りたら早く返すほど利息の支払い負担は少なくて済むことは間違いありません。
 
 

高齢者の借金のリスクについて

たとえば同じ10万円の借り入れをするとしても、20代の若者と60代の高齢者とでは、借金を背負う重みが違うと考えられます。
 
なぜなら高齢者には、若者よりも多くの健康リスクがあるからです。人間、歳を取ると誰でも日頃から仕事の疲れも取れにくくなりますし、無理も利かなくなってしまいます。
 
また、風邪も引きやすくなりますし、ガンや成人病などのリスクも若い頃よりも確実に高まるものです。ですから、もしも借り入れをした後に病気にでもなってしまったら大変です。最悪の場合は、借りたお金が返せなくなってしまいます。そうすると、債務整理などのお世話にならざるを得ない状況に陥ってしまうかもしれません。
 
ですから歳を取ってからの借り入れは、十分に注意しなければならないのです。借りる金額は必要最小限にしておかなければなりませんし、健康管理には十分に気を遣いながら返済に励まなければなりません。
 
それに病気だけではなくて、思わぬ怪我にも気を付ける必要もあります。歳を取ると転んだだけでも骨折してしまうこともあります。それは仕事中だけではなくて、何気ない日常生活の中であっても怪我の可能性はあります。
 
日本は高齢化社会なのですから、高齢者の借り入れは決して他人事ではありません。歳を取るのは早いものです。今はまだ高齢ではなくても、油断はしないようにしたほうが賢明です。



スポンサーリンク

 

項目 お金を借りる

この記事に関連する記事一覧