銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

カードの引き落とし日に口座の残高不足でカード会社より電話があった


スポンサーリンク

カード会社から支払い延滞の電話が

給料日に合わせ毎月25日が銀行口座からのカードの引き落とし日となっているのですが、今月は出費がかさんだため残高不足となり、引き落としができませんでした。月末で仕事が忙しいこともあり、対処しないままでいたところ、カード会社より支払い延滞についての電話連絡がありました。
 
電話はコールセンターからのものであり、オペレーターの女性からの丁寧な感じのものでした。こちらからも連絡をしなければと思っていた矢先でもあったので、そのことについて詫びを入れ支払いについて相談したところ、翌月5日に再度引き落としがあるので、その日までに間違いなく口座に入金をお願いしますとのことでした。
 
但し、5日の引き落としが確認されるまではカードは利用できなくなるようでした。
 
ただ、お金は直ぐに用意できる状態であったので振り込みたいと申し出たところ、振込先を教えてくれ、その後に5日には再引き落としが自動的にかかるので、5日に今回の支払額以上の残金がないように注意してほしいと話がありました。
 
今回は、私の不注意により支払い延滞をしてしました。突然のカード会社からの電話で若干あわてましたが、当日中に振り込むことで事なきえました。
 
 

支払い延滞した場合の対処法はどうするか

今回の支払い延滞は、ついうっかりということで済みましたが、カード会社から電話があった場合の対処法は、どのようにするのが良いのでしょうか。
 
まず、一番良い対処法は、カード会社から連絡がある前に、こちらから連絡をいれることです。カード会社の立場になればよくわかるのですが、カード会社が一番困るのは顧客と連絡が取れなくなることです。連絡さえ取れていれば、例え直ぐに返済できない状態であったとしても、顧客と返済について話し合うことができます。
 
それを顧客のほうから連絡すればカード会社は安心します。当然、印象も異なってきます。
 
次に、カード会社から先に電話があった場合には、正直にいつなら支払えるのかを話すことです。その場しのぎで、3日後に支払うと約束しておきながら、実際には支払えなかったとすると著しく信用を無くします。逆の立場で考えてもわかります。間違いなく支払える期日を明確にしておくことです。
 
カード会社としても、債務整理などを申請されることは避けたいわけですから、支払いが厳しい場合には相談にのってくれます。常習的に支払い延滞がある場合は別として、通常であれば、次の給料日までとか、ある程度の期間であれば待ってくれるはずです。
 
(体験談)



スポンサードリンク


 

体験談 項目 返済

この記事に関連する記事一覧