銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

家族が勝手にローンカードを使ってお金を借りた場合、名義人に返済義務はある?


スポンサーリンク

借金と名義の関係について

消費者金融などの金融機関でカードローンを組んだり、キャッシングをしてお金を借りることができますが、返済が計画的にできなかったりなどのトラブルがあります。
 
こういったトラブルとは別に、自分名義のカードを家族が勝手に使ってしまい問題になることがあるようです。親が子供のカードを使用して無断で借金をしてしまうケースが発生しています。
 
この場合、子供側がまず確認しなければいけないのは、親が勝手にカードを利用したかどうかという事実をきちんと確認することです。この事実確認を取ることで、その後の対応策を選ぶことができます。
 
無断使用の事実があるにも関わらず、それを認めない場合には、弁護士に相談するなどの対応も必要となります。
 
 

自分名義でつくられた借金の支払い義務

親などの家族が無断でクレジットカードなどを使って借金をつくってしまった場合、支払いの責任は誰が負うことになるのでしょうか。
 
一般的に考えると、カードの名義になっている人に支払いの義務が生じるように考えられますが、この場合の支払い義務は勝手に借金をつくった人にあります。自身のものではないカードを使用してお金を借りること自体が違法行為に該当するので、勝手につくられた負債を支払う必要はありません。
 
しかし、その事実を認めてもらうにはいくつかの条件をクリアする必要があります。具体的には、金融機関に対して自身に知らない所でカードが使用されたこと、無断使用した人がその事実を認めることが重要です。
 
 

名義はそのままで返済を行うケース

親子の間で無断のカード使用があった場合、無断使用者に対して法的措置を取り支払い義務の手続きを踏ませるのは、手間と経費がかかります。
 
家族間でこういったトラブルが起こった場合、基本的には名義はそのままで、負債を返済するという形で落ち着くことが多いようです。
 
いずれにしても、カードの管理が大切で、トラブルを招かないためにもカードの管理をきちんとしましょう。家族であっても、目に届かない所に置いておくなどの対処が必要なこともあります。
 
また金融機関に対して、親族が来ても断るようにお願いすることもできます。家族間の信頼などが関わる難しい問題ですが、トラブルが起こってしまった場合にはしっかりと話し合いをすることが重要です。



スポンサーリンク

 

コラム 項目 返済

この記事に関連する記事一覧