銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

生活保護受給者が融資を受ける裏技はありません!アルバイトでもネットビジネスでもやるべき


スポンサーリンク

生活保護受給者への厳しい現実

失業や病気等が理由の低収入、無収入により経済状況が苦しくやむなく生活保護を受給している人でも、更に緊急の事情でまとまったお金が必要になる場合があります。 
 
そのような状況の人でも消費者金融からお金を借りることはできるのでしょうか。実際は極めて厳しい、というのが現実のようです。 
 
大手の消費者金融は融資前の審査が厳しく、返済の保証ができない生活保護者はまず審査で落とされることが大半のようです。
>>障害年金や老齢年金を担保にお金をキャッシングすることはできる? 
 
それでやむなく高金利ながらも審査が緩いいわゆるヤミ金融と呼ばれる悪徳業者に泣きつかざるを得なくなり、支出の問題が解決した後でも、今度はそのような業者による威圧的、暴力的な取り立てに苦しむことになる、という例が少なくないようです。
>>個人でお金を借りる時の上限金利は?109.5%それとも20.0%~個人間融資の掲示板には注意せよ
 
 

公的な融資制度を利用する手も

このように、生活保護受給者がまともな消費者金融業者から借金をできる可能性は極めて薄いと言わざるを得ません。ですが、全く手がないわけではありません。 
 
あまり知られていないようですが、そのような状況の人でもお金を融資してもらえる国による「生活福祉資金制度」という制度があります。 
 
これは収入の少ない人に国が低金利で、場合によっては金利なしでお金を融資してくれるという公的制度です。貸付対象者は低所得者に65歳以上の高齢者、身体、精神障害者等です。 
 
ただ、審査は各都道府県の社会福祉協議会によって行われ、その基準も自治体によって異なり、基準自体も厳しいものとなっています。 
 
また、あくまで給付でなく貸付なので、返済義務も生じます。
 
(参考)生活福祉資金貸付制度-厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/seikatsu-fukushi-shikin1/index.html
 
 

受給者でも融資を受けられる秘密の裏技

ここまで述べてきたように、生活保護受給者への融資の現状は非常に厳しいものであると言わざるを得ません。しかし、全くの手詰まりというわけでも決してないようです。 
 
ひとつはクレジットカードを利用する方法があります。 普通にキャッシングを受けるのが厳しい場合でも、その会社の発行するクレジットカードなら多少ですが、キャッシング枠を利用した借金ができたり、グレーな方法ではありますがクレジットカードの現金化などがあります。
 

クレジットカードの現金化とは
利用者は、業者からクレジットカードで物品を購入する。利用者は物品を購入したことにより、クレジット会社に対して代金支払い義務が生じる。一方、業者はクレジット会社から代金受領の権利が生じる。これは、一般的なクレジットカード使用の法律的な効果と同様であると思われる。
 
利用者は業者に購入代金の一定割合で物品を買い取ってもらい、現金を手にする。業者が売却した価格と、利用者が買い取った価格差が業者の利益である。この際、業者は古物営業法に基づいて古物商の資格で買い取りを行っている。
 
カード現金化を利用する者は、クレジットカードのキャッシング枠を限度額まで利用して、経済的に行き詰ったクレジットカードホルダーである場合が多い。
 
参考元:wiki

 
もうひとつは簡単な「職業」を得る方法です。外に出て働けない場合でも、今はインターネットがあります。これを利用した商売、アフィリエイトやネットオークション、転売等で簡単な肩書と少ないなりにも収入を得ることができます。 
 
これだけでも全くの無職よりはずっと審査に通りやすくなるようです。



スポンサードリンク


 

タグ :

項目 お金を借りる コラム

この記事に関連する記事一覧