銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

自動車ローンは絶対に保証人は必要となる?安価な中古車だとフリーローンが便利だね




スポンサーリンク

自動車ローン組みたいのに保証人がいない

自動車のような大きな買い物をする際に、ローンを組んで購入するというとこは一般的に行われている事です。
 
特に自動車ローンを組んで自動車を購入するという方は非常に多く、自動車を買う際に自動車ローンを利用するのは当たり前になってきています。まとまったお金を用意せずに自動車を購入できるので自動車ローンは便利なのですが、ほとんどの場合自動車ローンを組むためには事前の審査と保証人の存在が必要になります。
 
この保証人は購入者本人が借りたお金を返済できなくなった際に代わりに返済する義務を負い、自動車ローンサービスを実施している消費者金融や銀行が借金の返済を請求できる事になっています。
 
保証人になれる人物としてはローンを組む人物と近しい関係で経済的にも返済能力がある人間が選ばれることが多いです。
 
自動車の購入者本人がローンを返済出来なくなってしまった場合、消費者金融や銀行は借金を代わりに保証できる人物に本来自動車を購入した人間が支払うべき借金を請求できる権利を持ち、保証すると契約した人間にはその金額を支払う義務が課されるのです。
 
自動車ローンの審査の際には本人の経済力だけでなく、この返済を保証する人物についても審査が行われます
 
 

なぜ保証できる人物を用意するのか

自動車ローンの契約の際になぜこのように保証するための人物を用意しなければならないかと言えば、一番の理由は本人が借金の返済が出来なくなった際にしっかりお金を確保できるようにするためという点が挙げられるでしょう。
 
消費者金融や銀行は借金が回収できなくなる事を避けるために審査の段階で様々な可能性を考慮するのですが、特に重視するのがローンを組む人物の経済力と返済能力で、これが高ければ高いほど借りられる金額が多くなり、返済期間も余裕をもって設定できるようになるのです。
 
消費者金融や銀行は長い期間貸付業務を行っているので審査の段階でその人物の返済能力をある程度推測することができますが、とても高い返済能力をもっている相手であっても不測の事態などで返済が出来なくなってしまうなんてこともありえます。
 
そのため本人以外で返済を行える人物を用意して何かあった際に請求できる状態にしておくようにしているわけです。
 
ただし自動車購入時のローンに関してはその自動車自体が担保にでき、返済が滞った場合は自動車を徴取できるため、他のローンと比べると借金を代わりに保証する人物に関してはそれほど厳しく規定されているわけではありません。
 
 

保証人が用意できない場合の自動車ローンについて

自動車をローンで購入したいが、借金の返済を代わりにしてくれる人物を見つける事が出来ない場合、そういった人物が不要なローンサービスとしてカードローンやフリーローンと呼ばれるものがあります。
 
このカードローンやフリーローンと呼ばれるサービスは借入を行う本人の現在の経済状況やこれまでの金融機関の利用履歴などの情報から借りられる金額を決めるようになっているため、この決められた金額内であれば、借金を代わりに返済できる人物不要で自由にお金を借りる事が可能です。
 
借りやすい分自動車ローンに比べて返済時にかかる金利が高くなる場合が多いです。しかしこれらのサービスは保証人が不要な場合もあり、借金を代わりに返済できる人物が用意できない場合に利用する選択肢として期待できます。
 
もちろん返済を保証できる人物が不要な分事前に行われる審査も厳しくなりがちです。
 
借金を保証できる人物が用意できない方がローンを組むためのサービスとして、これらフリーローンやカードローンを利用する以外に利用できるものとして、保証人協会を利用するという手段もあります。この協会ではローンの申し込みに必要な本人の代わりに保証できる人物を斡旋してくれるサービスです。



スポンサーリンク

 

項目 自動車ローン

この記事に関連する記事一覧