銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

キャッシング審査が通らない人~カードローン契約を成立させるためには?




スポンサーリンク

審査に落とされてしまう人の特徴

カードローンの契約には審査があります。お金を借りる前にどのような人物であるか、お金を貸して大丈夫かどうかをチェックされるわけです。審査に落ちてしまう人には共通点があります。
 
過去に金融事故を起してしまった人、連絡が付きにくい人、事故までには至らなくても他社で延滞を繰り返している人、申し込みに虚偽がある人などです。
>>カードの引き落とし日に口座の残高不足でカード会社より電話があった
 
申込書に嘘のデータを書いてしまっても、金融機関側ではそれを判断する術があります。統計と比較して多すぎる年収には疑問がわきますし、他社の借金を隠しても信用情報をチェックすればすぐにわかります。
 
仮審査ではその人の属性をスコア化してチェックしますので、社内の基準を満たしていなければなりません。
 
 

仮審査で落ちてしまう人がするべきこと

申込をしてもスコアが基準に届かずシステム的に落ちてしまう人の場合、対面で申込ができる金融機関を選ぶと良いでしょう。
 
対面でのメリットは、その人それぞれの状況を説明する機会があるという点です。銀行や大手消費者金融では自動化が進んでしまっているので、どうしても契約が難しくなってしまいます。
 
そんなときは中小の消費者金融に店頭で申込をしてみると良いです。もちろん対面なのでソワソワしていて落ち着きがなかったりするとマイナスになってしまいます。対面での申込は面接だと思っても間違いないでしょう。それでも人柄で判断してくれる会社もあります(笑)
 
また地域に密着している信用金庫を選ぶという方法もあります。
 
 

借りる目的とギャンブル

お金が必要になるのは仕方ないことではありますが、利用目的によってはイメージのよくないものもあります。特にギャンブルに利用するための契約は拒否されてしまうことが多いでしょう。
 
それ以外でも投資目的は拒否されることもあります。返済するための返済の場合、おまとめローンとして契約する場合は歓迎されることもあります。
>>他社借入を返済一本化するのであれば総量規制の対象である消費者金融ではなく銀行で
 
フリーローンの場合は契約してしまえば何に使ってもわかりませんが、目的別ローンの場合はそれ以外のことに利用すると契約違反となってしまいます。ただしフリーローンも事業性資金はNGとしている会社が多くあります。
 
申込をする前に、本当に必要なのか、何に利用するつもりなのかをしっかり考えておかなくてはなりません。



スポンサーリンク

 

タグ :

項目 お金を借りる審査

この記事に関連する記事一覧