銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

専業主婦が旦那に内緒でお金を借りるなら三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」


スポンサーリンク

契約できるカードローンと主婦という職業

主婦と言っても専業主婦とパートやアルバイトに出ている兼業主婦の人がいます。
 
専業主婦ということは家庭内に稼ぎ頭がおり、それなりにお給料が良いから専業でいられると考えられます。家計が苦しければ普通パートやアルバイトをするので、そういう点では専業主婦に信用が全くないわけではありません。
 
ただ、お金を借りる場合は本人の収入が非常に大切になってきます。特に総量規制対象の消費者金融やクレジットカードのキャッシングでは、年収の3分の1までしか借り入れをすることができませんので、収入がなかったり、あっても非常に少額の場合は限度額も自動的に少なくなってしまいます。
 
法による制限がないのが銀行のカードローンです。収入が少ない状態であれば普通銀行のローン審査よりも消費者金融のほうが契約しやすいと考えられますが、主婦の場合は逆になることもあります。パートやアルバイトをしている主婦の場合は自身で稼ぐ力がありますから、消費者金融のほうが簡単に契約できる可能性が高いでしょう。
 
専業主婦でも旦那さんの承諾があればカードローンやクレジットカードの契約をすることも可能ですが、内緒で契約をしたい場合はどうなのでしょうか。
 
 

バンクイックなら契約できます

三菱東京UFJ銀行が提供している「バンクイック」なら専業主婦でも契約することができます。
 
バンクイックの最大金利は14.6%となっており、銀行カードローンだけあって低く設定されています。ただし本人に収入がないため、最大でも30万円の限度額となります。最初の契約では10万円程度になる可能性もあり、利用実績を見て限度額が変更されることになります。
 
利用実績では毎月遅れずに返済があるかをチェックされます。銀行のカードローンも慈善事業ではありませんので、約束事を守れない人には貸し出しはしません。
 
他のローンやクレジットカードでも支払いに遅れることは信用情報にとってかなりのマイナスになってしまいます。借金をしている以上、借りたものはかならず元金と金利を支払いましょう。月によっては支払いが厳しくなってしまうようなこともあるかもしれません。
 
そんなときのために数か月分は限度額内から返済できるように、満額まで使うことは避けて、余裕を持たせておいたほうが良いこともあります。限度額に少し余裕をあけておかないと、またお金が必要になってしまったときに対応できず、結果として別のカードに申し込みをしてしまうという悪循環に陥ってしまう可能性があるためです。
 
 

できれば相談しておいたほうがよいこと

旦那に内緒で自分名義のローンを組みたい場合でも、その返済金の稼ぎ頭である旦那さんには相談しておいたほうが良いでしょう。
 
もし支払いが厳しくなってしまったときに頼らなくてはならないのは旦那さんです。稼ぎ頭が知らない借金はあまり良いものではありません。
 
お金に困っていることを相談したくない場合もあるかもしれませんが、もしそうであれば実家の両親や兄弟に頼ったり、もしものときに対処してくれる人の存在があったほうが良いでしょう。家庭内でもお金の問題は非常に難しいものです。お金のトラブルが原因で家庭がうまくいかなくなってしまうこともあります。
 
家族を持つと一人ではかからないような出費がたくさん出てきます。年末年始の親戚の挨拶や冠婚葬祭、子供の習い事や将来の進学のための貯金、将来の自分たちのための保険や家を持った場合のローンの支払いなど。専業主婦は家庭を任されている身ですので、うまくやりくりをしたい気持ちもあるかもしれません。
 
しかし早めに相談して手を打たなかったことで大きな問題になってしまうこともあります。初めての契約の最初の借入は簡単にできるでしょう。しかしカードの数が増えれば増えるほど支払いと審査が難しくなります。そうなる前に相談をしましょう。

 

カードローン別 三菱東京UFJ銀行 項目 主婦・専業主婦