銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

即日融資でお金を借りる場合は、どんな金融機関を選択すればいいの?


即日融資が受けられる会社

即日融資と言うのは、申し込みから融資実行までの時間が短時間で行われたり、当日に融資をして貰う事が出来る融資をこのように呼んでいます。
 
例えば、午前中に申し込みをすると、当日中に審査が行われて、午後には指定の銀行口座に現金が振り込まれると言った具合に、短時間でお金を借りる事が出来る魅力があります。最近の大手の消費者金融の多くは即日融資を実施しており、最短で30分で現金が指定口座に振り込まれると言った魅力を持つ会社も増えています。

即日借入可能な金融機関

プロミス
・住信SBIネット銀行 MR.カードローン プレミアムコース
三井住友カード ゴールドローンカードレス
・ソニー銀行のカードローン
・イオン銀行 カードローン BIG
・三井住友銀行カードローン
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック
・横浜銀行カードローン
・北洋銀行カードローン スーパーアルカ
常陽銀行カードローン<キャッシュピット>
・じぶん銀行カードローン
・新生銀行カードローン レイク
アコム
 
また、消費者金融と言うと借りにくい(嫌悪感がある)と言う人でも、大手の消費者金融はテレビコマーシャルや街頭のチラシ広告などでもお馴染みになっていますし、多くの人々が利用しているため安心感が有りますし、知名度が高い事からも、闇金やソフトヤミ金などの違法業者に申し込んでしまうなどの問題が起き難いのでお勧めです。
 
 

銀行も即日融資に対応している所がある

大手の消費者金融の多くは即日融資のサービスを行っています。急にお金が必要になると言ったケースは良くあるものですし、月々の給料も急な出費により月末ピンチと言うケースもあります。
 
ピンチの時に役立つ存在になってくれる魅力があるわけですが、融資をしているのは大手の消費者金融だけではなく、銀行の中にもあります。銀行の場合は、年齢や収入などの利用条件が細かく定められているケースもあるので、条件に当てはまるかをチェックして申し込みをする事が大切です。
 
また、銀行には全国対応の所もあれば、営業エリアのみと言ったケースもありますし、銀行口座が必要なケースも在りますが、銀行と言う事からも低金利であると同時に安心感も有るので、自分に合った銀行を選ぶ事が大切です。
 
関連記事:
>>仕事で手の離せない時でもOKのイオン銀行のカードローンで10万円を即日キャッシング
>>東京スター銀行からのお金の借り方~専業主婦や年金生活者でも借入は可能
 
 

お金を借りる先を選ぶ時の注意点について

急にお金が必要で融資を受けたい、お金を借りたいと言う時など、余裕が無いのでどこでも良いから申し込みをしてしまうと言うケースがあります。
 
中小の金融業者の中には不法な営業をしている所もあり、後から極端に高い利息を要求する事や、申込書に記載をした個人情報を利用して、電話や職場に押し掛けると言った迷惑行為を行うケースもあります。
>>キャッシングでお金を借りる時、アリバイ会社を利用して在籍確認等をする行為は危険?
 
そのため、急いでいる時など比較する余裕が無い場合などでは大手の消費者金融を利用しておくのが安心ですし、営業日の午後2時までに申し込みをすればその日の内に現金が振り込まれるなどのメリットもあります。
 
借金がある場合、消費者金融では申し込み額と借金の総額の合計が100万円を超える場合は、年収証明書の提出が必要になるので注意が必要です。
>>アコムやプロミス、アイフルなどの消費者金融でお金を借りる時は収入証明書は不要?

 

項目 お金を借りる コラム

携帯料金の延滞とカードローンや住宅ローン審査の関係を知ってます?携帯の分割購入は危険?


携帯電話料金の支払いも信用情報に影響する?

クレジットカードやローンの支払いで延滞をすると、信用情報に傷がつくので金融機関の審査で不利になるということは多くの人がご存知かと思います。
 
しかし、携帯電話料金の延滞でも信用情報に傷がつくということは意外と知られていません。基本的には、携帯の通話料金を延滞しても信用情報に記録されることはありません。しかし、最近は携帯本体を分割払いで購入することが増えています。
 
本体を分割払いで購入すると、これは一種のローンなので、延滞をすると信用情報に傷がつくことになります。「実質ゼロ円」の携帯にも注意が必要です。これはキャッシュバックされるというだけで、ローンを組んでいることに変わりはありません。
 
 

信用情報には最大で7年残る

クレジットカードやローンの支払いでうっかり一回延滞してしまっても、個人信用情報機関に記録される毎月の支払い状況は24ヵ月間なので、延滞した後24カ月間正常な支払いを続ければ、延滞の記録は押し出されて消えることになります。
 
つまりは最短で24ヵ月で不利な記録を消すことができます。しかし、携帯本体の分割払いは多くの場合24ヵ月払いなので、押し出す前に契約が終わってしまい、一度でも延滞をすると最長で7年間残ります。
 
これが携帯料金の延滞が金融機関でお金を借りる時の審査で不利になりやすい理由です。たった一回携帯料金を延滞してしまったために住宅ローンの審査に通らず、マイホームを購入できないということが起こり得ます。
 
 

本体料金だけを別に支払うことができる?

それでは、携帯料金の支払いが困難になってしまったときに、本体料金だけを別で支払って信用情報に傷がつくことを回避することができるでしょうか?答えは、「できない」です。
 
通話料金と本体代金は一緒に請求されるので、たとえ店頭窓口へ行って交渉したとしても、本体代金だけを別で支払うことには応じてもらえません。
 
携帯料金を延滞すると、必ず信用情報に傷がついてしまいます。また、もしも延滞が3ヶ月以上続くと、いわゆるブラックリストに載ってしまい、強制解約をされた上で残高を一括請求されてしまいます。携帯本体を分割で購入するときには、このようなリスクも理解した上で契約を行ないましょう。

 

コラム

債務整理(個人再生と自己破産)をした場合は官報に載るので、闇金からのダイレクトメールを増える


任意整理の場合は大丈夫

債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産といった種類がありますが、このうち官報に載るのは個人再生と自己破産をした場合です。
 
任意整理にはそのようなデメリットはありません。任意整理は、金融機関と話し合いをして利息をゼロにしてもらったりする手続きです。個人で交渉するのは難しいためほとんどの場合に弁護士が金融機関との間に入って交渉をしてくれます。あくまで交渉による手続きであり、裁判所を通さないので、官報に載ることはありません。
 
任意整理をしたら、和解が成立したあと5年が経過すれば個人信用情報からブラック情報が消えるので、それ以後は金融機関の審査に影響することはなくなります。
 
 

個人再生と自己破産の場合は注意

個人再生と自己破産をすると、官報に住所氏名などの個人情報が記載されます。とはいっても、一般人でチェックしている人はほとんどいないので、知人に知られたりすることはほとんどないでしょう。
 
金融機関はチェックしている場合があり、社内記録に載ってしまう場合がありますが、可能性はそれほど高くありません。
 
闇金などの違法業者は、官報をチェックして、ターゲットの個人情報を得ている場合があるので注意が必要です。自己破産や個人再生をした後しばらくは、闇金からのダイレクトメールなどが自宅に届くことがありますが、無視していれば半年程度で止みます。闇金には騙されないように注意しましょう。
 
関連:
>>個人でお金を借りる時の上限金利は?109.5%それとも20.0%~個人間融資の掲示板には注意せよ
 
 

事故情報が残る期間は?

個人再生と自己破産をした場合、全国銀行個人信用センターには事故情報が10年間残ります。CICとJICCでは任意整理の場合と同様で5年です。
 
全国銀行個人信用センターに加盟しているのは主に銀行ですので、銀行の審査には10年間影響するということです。消費者金融や信販会社の審査にはおよそ5年が経過すれば影響しなくなる場合も多いです。
 
事故情報がある人を審査に通してはいけないという法律や規則はないので、事故情報があっても審査に通ることはあります。
 
個人信用情報が完全にホワイトになってから申し込みをすることが理想ですが、どうしてもという人は数年が経過していて現在は安定収入があるのなら消費者金融ならお金を借りることができる場合もあります。

 

コラム

ノンバンクは銀行とどう違う?~総量規制の問題だけ?少額融資の場合は銀行もノンバンクも僅差


貸金業者はすべてノンバンク

貸金業者と呼ばれるものは、すべてノンバンクに属します。消費者金融はもちろん、地元の街金、信販会社などがそうです。もっと簡単に言えば、預金商品の取扱いをしていない金融機関と考えるといいでしょう。
 
銀行や信用金庫などは預金商品を用意しているため、ノンバンクではありません。
 
銀行系の業者に関しては曖昧でしょうが、運営元の情報を見ればわかります。貸金業登録をしている、総量規制の範囲内での貸付になる、などの条件があれば銀行系になります。銀行系は消費者金融であり、預金商品の取扱いはしていません。あくまで取扱うのはローン商品全般です。
 
 

総量規制の貸付制限に注意しよう

近年はノンバンクの金利も下がっており、年率18.0%以下の設定が主流です。銀行よりもやや高金利ですが、融資額が少なければ大きな影響は出ないでしょう。
 
それよりも注意するべきことは、総量規制による貸付制限の範囲内で借りることです。年収の3分の1以内の希望額に設定する必要があり、これを超えてしまうと借りることはできません。
 
消費者金融は専業主婦や無職の方は利用できないと言われていますが、この最大の理由は総量規制に接触するからです。収入がなければ、年収の3分の1で試算した場合に0円になるため、1円もお金を借りることはできないのです。
 
 

結局のところ銀行とどちらがお得?

お得度で言えば間違いなく銀行のほうがお得ですが、緊急時の借りやすさにおいてはノンバンクに敵うものはありません。いずれも即日融資が可能ですが、時間で見ると銀行よりも消費者金融のほうが早いです。早く借りられるので、緊急でお金を用意したいときに重宝してくれます。
 
関連記事:
>>生活費が必要になってアコムのむじんくんで即日キャッシング
>>プロミスで今すぐお金を借りる~在籍確認なしの場合もある
 
例えば、クルマの修理代を用意できなくて、会社に行けそうもない状況であれば、多少高金利でもスピード融資を優先するでしょう。
 
銀行は年率が低いというイメージがあるでしょうが、グレーゾーン金利廃止により消費者金融の金利も下がりました。大きな額を借りないならば、年利の差はあまり気にならないでしょう。

 

コラム

キャッシングでお金を借りる時、アリバイ会社を利用して在籍確認等をする行為は危険?


アリバイ会社とは何か

一般的な金融会社では融資の際に借りる人間の勤務先に必ず電話を入れます。
 
これはその人が融資申し込みの際に申告した勤務先に実際に所属しているかを確認する点で在籍確認と呼ばれており、この確認が取れない場合には融資は不可能といって良いでしょう。
>>職場や家族にバレずに借りる!在籍確認なしでキャッシング可能な消費者金融はある?
 
つまりお金を借りたいと申し込んでも定職がなければ借りることができないのが現状なわけです。しかし、どうしても借りたい人のために有料でその対応をしてくれる組織が現れています。
 
在籍電話の対応ばかりでなく、源泉徴収票や給与明細書といった書類まで発行してくれるのです。こういった業者をアリバイ会社と呼びます。
 
 

このような会社は合法なのか

この種の電話説明やホームページ等では在籍していると語ることも違法ではなく、文書偽造にも当たらないと書かれていることが多いようです。
 
確かに源泉徴収票や給与明細書は私文書にあたり、私文書偽造とは、「他人の印章若しくは署名を使用して」文書を作成することですから、アリバイ会社の印、署名であれば私文書偽造には当たりません。しかし、偽の私文書が融資決済に使われた場合は詐欺罪に相当します。
 
なにより、偽の文書を使用してお金を借りた本人が詐欺に問われることを忘れてはいけません。最終的には全て借りた本人が罪を問われることになるのです。
 
 

アリバイ会社の危険性

仮にそうした会社を使って、うまく融資を受けることができたとしても時間たったってから思わぬトラブルが発生することも珍しくありません。
 
こうした会社を使って融資を受けた人たちは実際には定職を持っていない訳ですから返済不能になる可能性は高いと言えます。そうなった場合、勤務先に督促が行く事によって会社の実態が暴かれる事が多いのです。
 
会社が摘発されれば、それを利用して融資を受けた人は全員が調査され、場合によっては詐欺罪に問われ、少なくとも融資は中止されて即時全額返済を求められるでしょう。
 
またアリバイ会社はほとんどが反社会的組織と繋がっていますので、闇金融に引き込まれてしまう事も少なくありません。
 
参考:
個人でお金を借りる時の上限金利は?109.5%それとも20.0%~個人間融資の掲示板には注意

 

項目 お金を借りる審査 コラム

国民年金とお金の関係~年金のメリットは障害年金、遺族年金を受け取れる。老後の問題だけではありません


実はほとんどの人が納めている国民年金

今の若い人達は、国民年金を払っていても自分達が高齢になった時にもらうことができないので、支払うのは損だという人がいます。そういった風潮のせいか、国民年金の納付率は6割と言われています。つまり4割の人が国民年金を支払っていないのです。
 
ここで勘違いをしてはいけないのが、これは自営業や無職、学生などの第一号被保険者の中での割合だということです。
 
サラリーマンやOL、公務員などは給料から引かれる形で必ず払っていますので、この中には含まれません。国民全体では95%の人がきちんと国民年金を納めていることになります。国民の6割の人が未納だと聞いて、自分は4割の中に含まれるから払わなくても大丈夫だと思っている人は、考えを改めましょう。きちんと納めていない人はごく少数派です。
 
 

国民年金を払っていないと損をする

国民年金を払わない人の中には、収入が低くて国民年金が払えないという人もいます。しかし、年金未納は本人にとって不利益が大きいことを知っておきましょう。
 
国民年金の機能は、将来年金を受け取れることだけではありません。障害を負ったときには障害基礎年金を受け取れますし、死亡したときには残された家族に遺族基礎年金が支給されます。
 
障害基礎年金や遺族基礎年金を受け取るためには、過去12ヶ月以上できちんと国民年金を納めていることが必要になります。障害や死亡という事実が起きてから過去に遡って納めても、受け取ることができません。いざというときのセーフティーネットが受け取れなくなるのです。
 
年金を払うために借金でお金を借りる人もいますが、保険料の免除を受けることも考えてみましょう。
 
 

税金が投入されている

国民年金を納めていない人でも、所得税や住民税などは支払っていることと思います。実は国民年金にも税金が投入されています。つまりは年金が受け取れない人は、税金だけを納めていることになります。
 
年金を納めていない人は、将来高齢になった時に、生活保護に頼ることになるのではないでしょうか。そうなると国民の負担がますます増えることになってしまいます。
 
2014年度から、所得が400万円以上ある人に対して財産の差し押さえが行われるようになりました。国も問題の大きさを認識し、強制的な手段に出てきているので、納めていない人はしっかりと納めるようにしたほうがいいです。
 
今までは25年以上という条件でしたが、2015年からは10年間加入していれば年金を受け取れるようになります。

 

コラム 項目 税金・年金

経営セーフティ共済でお金を積立てる~国民年金の自営業者が老後に貰えるお金は月6万円


自営業者のセーフティーネット

自営業者は国民年金ですので、老後にもらえるお金は月に6万円程度しかありません。
 
また、給与所得者のように雇用保険に加入していませんので、事業に失敗すると完全に収入が途絶えるリスクがあります。正社員のように退職したら退職金がもらえるということもありません。
 
自営業者のセーフティーネットとして、経営セーフティ共済という制度があります。別名「中小企業倒産防止共済制度」とも呼ばれ、中小企業のための共済制度ですが、個人事業主でも加入することができます。
 
参考URL:
http://www.smrj.go.jp/tkyosai/
 
経営セーフティ共済に加入していると、取引先事業者が倒産したことにより回収が困難となった被害額を、積み立てた金額の最大10倍まで無利子で借りることができます。このように、基本的には中小企業の連鎖倒産を防ぐための制度です。
 
 

自営業者の退職金として

経営セーフティ共済は基本的には取引先企業が倒産したときに無利子で借金ができる、連鎖倒産を防ぐための制度ですが、退職金として利用している人も多いです。
 
毎月5千円から20万円までの範囲で自由にお金を積み立てることができ、最大で800万円まで積み立てることができます。掛け金は税法上、法人の場合は損金に、個人事業主の場合は必要経費にすることができますので節税のために使うこともできます。
 
そして、12ヶ月以上掛け金を支払ってから解約すると、解約手当金が支払われます。40ヶ月以上掛け金を納付していると、100%の解約手当金を受け取ることができます。
 
例えばそれまで合計500万円を積み立てていたとしたら、全額の500万円を解約手当金として受け取ることができ、退職金のかわりになります。
 
 

経営セーフティ共済の注意点

このように退職金として利用できる経営セーフティ共済ですが、注意点もあります。
 
まず、12ヶ月未満で解約した場合には、解約手当金がゼロなので、それまで積み立てたお金はいっさい戻ってきません。また、12ヶ月以上加入していても、掛け金の納付月数が40ヶ月に満たない場合は、解約手当金は積立金合計金額に80%~95%を掛けた金額になります。
 
また、40ヶ月以上加入していても、掛け金の滞納や不正行為などの理由で機構から解約された場合には、機能解約となって95%しか戻ってきません。このようなデメリットもあることを理解しておきましょう。
 
解約手当金は、法人の場合は益金に、個人の場合は収入となるので税金はとられます。事業で損失が出た年に解約をして利益にするといった利用方法もあります。

 

コラム 項目 税金・年金

債務整理後はお金が借りられなくなる?自己破産の場合は7年間の新規借入は無理


債務整理をするとお金が借りられなくなる

お金は現代の社会を生きる上でほぼ必須のものとなっていますが、常に十分な金額が手元にあるという人はそこまで多くありません。
 
自動車や住宅といった高額な商品を購入したり、また子どもの進学費用などでまとまった資金が必要になることは少なくありません。そうした際には借金をすることになるのですが、しかしこれを行う際にはそれが法律上の義務を負うことだとして理解をしなくてはならないでしょう。
 
もしその義務(返済)が果たせなくなったのであれば、その人は強制執行、差し押さえなどの対象になってしまいます。
>>家族が勝手にローンカードを使ってお金を借りた場合、名義人に返済義務はある?
 
そうした状況を解決するための方法が債務整理なのですが、しかしこれを行うと今後しばらく新たにお金を借りることが出来なくなるということは忘れずに考えておかなくてはならないでしょう。
 
 

債務を整理するということの意味

さて、とはいえ債務整理という方法は違法なものではないということは最初にしっかりと理解が必要です。この点に関して誤解をしている人は多く、まるでこれを行うと本来の権利が侵害されるのではと考えている人もいます。
 
ですが自己破産にしろ任意整理にしろ、その方法は法律で認められているわけですから、一部の権利停止を除いて何らかの権利が侵害されることはあり得ないことです。
 
ではどうして新たな借り入れが出来なくなるのかというと、これは「債務整理をした」という事実がある以上、その人がまた返済をしてくれなくなる可能性があるからです。
 
事業としてお金を貸している貸金業者などは利息を付けて返済がされて初めて利益が出るわけですから、その利益を出せない可能性がある人には貸したくないのです。
 
 

時間が経てばまた借りられるようになる

利益を出せない顧客に対して貸し付けをしたいと考える事業者はまずいませんから債務整理をすると新たな借り入れが出来なくなるわけですが、しかしこの借り入れが出来ない期間は一生続くわけではありません。
 
自分が選んだ方法にもよりますが、最も大きな問題になる自己破産をした場合でも、その後7年ほどが経過すれば再び借り入れが出来るようになる可能性があります
 
その他の方法でも一定期間が経過すれば再び借り入れをできるようになるわけですから、もし返済が難しい状態になってしまったのであれば一度債務を減額してもらったり、免除してもらったりした方が良いわけです。
 
もちろん最も良いのは最初から返済できる額を借り入れることですが、もし返済が不可能になってしまった場合には弁護士などに相談しましょう。
 
(参考)弁護士法人アディーレ法律事務所
http://www.adire.jp/

 

タグ :

コラム 項目 返済

給料前借りにはルールがある?~今は給料前借よりキャッシングの方がいいかも


前借り可能なケースがある

ドラマや映画を見てみると従業員が社長や上司に、「ちょっと給料前借りを…」みたいなことを言うシーンがあります。
 
私は給料が足りなくなった場合にはカードローンを利用するようにしているのですが、果たして給料前借りは現実世界でも利用できるのでしょうか?
>>2社のローンカードを持っておくと便利~カードローンの複数契約と長所と短所とは
 
実は特殊な事情であれば、会社は給料前借りに応じる必要があると法律に書かれています。これは労働委準法25条に明記されていることです。具体的には労働者やその妻が出産することになって、その費用が必要だとか、労働者やその家族が急病にかかったとか事故に巻き込まれて入院することになった時などです。
 
また自然災害の被害で、家屋に深刻な損失があった場合、親族に対して止むにやまれる出費が必要になった場合には、それまでの労働に見合う賃金を支払うことと書かれています。
>>今すぐ50万円を借りる場合は総量規制対象外の銀行カードローン
 
私も含めてですが、このような給料前借りの義務が法律で明記されていることを知らない人も多いと思います。
 
 

給料前借りの基本ルールを理解しよう

上で紹介したように、やむを得ない事情があれば給料前借りは可能です。しかし給料前借りするためには2つの条件を押さえておくことです。
 
まず先に紹介した労働基準法では、支払日の前であっても給料を支払うことができると書かれています。ではいつまでに支払わなければいけないかということは記載されていません。ということは、申し出たその日に支払われるという保証は決してないわけです。
 
また給料前借りをする場合、あくまでもその時点までに働いた日数分の報酬が上限として支払われます。決して1か月分の給料をそのまま受け取ることができるとは限らないわけです。
 
給料前借りに関して、後々いろいろとトラブルになる可能性もあります。そこで金銭借用書などの書類を形として残しておいた方が良いでしょう。
 
中には「前借りをすると来月の給料から天引きする」といった理不尽なルールを課している会社もあるみたいです。金銭借用書を作成して、厄介なトラブルに巻き込まれないようにしましょう。

 

項目 お金を借りる コラム

生活保護受給者が融資を受ける裏技はありません!アルバイトでもネットビジネスでもやるべき


生活保護受給者への厳しい現実

失業や病気等が理由の低収入、無収入により経済状況が苦しくやむなく生活保護を受給している人でも、更に緊急の事情でまとまったお金が必要になる場合があります。 
 
そのような状況の人でも消費者金融からお金を借りることはできるのでしょうか。実際は極めて厳しい、というのが現実のようです。 
 
大手の消費者金融は融資前の審査が厳しく、返済の保証ができない生活保護者はまず審査で落とされることが大半のようです。
>>障害年金や老齢年金を担保にお金をキャッシングすることはできる? 
 
それでやむなく高金利ながらも審査が緩いいわゆるヤミ金融と呼ばれる悪徳業者に泣きつかざるを得なくなり、支出の問題が解決した後でも、今度はそのような業者による威圧的、暴力的な取り立てに苦しむことになる、という例が少なくないようです。
>>個人でお金を借りる時の上限金利は?109.5%それとも20.0%~個人間融資の掲示板には注意せよ
 
 

公的な融資制度を利用する手も

このように、生活保護受給者がまともな消費者金融業者から借金をできる可能性は極めて薄いと言わざるを得ません。ですが、全く手がないわけではありません。 
 
あまり知られていないようですが、そのような状況の人でもお金を融資してもらえる国による「生活福祉資金制度」という制度があります。 
 
これは収入の少ない人に国が低金利で、場合によっては金利なしでお金を融資してくれるという公的制度です。貸付対象者は低所得者に65歳以上の高齢者、身体、精神障害者等です。 
 
ただ、審査は各都道府県の社会福祉協議会によって行われ、その基準も自治体によって異なり、基準自体も厳しいものとなっています。 
 
また、あくまで給付でなく貸付なので、返済義務も生じます。
 
(参考)生活福祉資金貸付制度-厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/seikatsu-fukushi-shikin1/index.html
 
 

受給者でも融資を受けられる秘密の裏技

ここまで述べてきたように、生活保護受給者への融資の現状は非常に厳しいものであると言わざるを得ません。しかし、全くの手詰まりというわけでも決してないようです。 
 
ひとつはクレジットカードを利用する方法があります。 普通にキャッシングを受けるのが厳しい場合でも、その会社の発行するクレジットカードなら多少ですが、キャッシング枠を利用した借金ができたり、グレーな方法ではありますがクレジットカードの現金化などがあります。
 

クレジットカードの現金化とは
利用者は、業者からクレジットカードで物品を購入する。利用者は物品を購入したことにより、クレジット会社に対して代金支払い義務が生じる。一方、業者はクレジット会社から代金受領の権利が生じる。これは、一般的なクレジットカード使用の法律的な効果と同様であると思われる。
 
利用者は業者に購入代金の一定割合で物品を買い取ってもらい、現金を手にする。業者が売却した価格と、利用者が買い取った価格差が業者の利益である。この際、業者は古物営業法に基づいて古物商の資格で買い取りを行っている。
 
カード現金化を利用する者は、クレジットカードのキャッシング枠を限度額まで利用して、経済的に行き詰ったクレジットカードホルダーである場合が多い。
 
参考元:wiki

 
もうひとつは簡単な「職業」を得る方法です。外に出て働けない場合でも、今はインターネットがあります。これを利用した商売、アフィリエイトやネットオークション、転売等で簡単な肩書と少ないなりにも収入を得ることができます。 
 
これだけでも全くの無職よりはずっと審査に通りやすくなるようです。

 

タグ :

項目 お金を借りる コラム