銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

障害年金や老齢年金を担保にお金をキャッシングすることはできる?




スポンサーリンク

年金は担保にすることができない

障害年金で生活している人は銀行や消費者金融でカードローンの契約をすることは非常に難しいです。それは年金は差し押さえが禁止されているお金だからです。
 
これは障害年金以外の普通の老齢年金も同様です。老齢年金を受給できる年齢になると、多くの金融機関がローンの契約対象外の年齢として定めているため、年金の受給に関わらず契約することは難しくなります。
>>60才以上のアルバイトやパート高齢者はお金を借りれる?収入と年齢制限があれば借入可能
 
障害年金は若くても条件を満たしていれば受給することができる年金です。それは国が定めている障害の条件に合っていること、保険料の滞納がないことです。保険料を支払っていないと障害年金を受給することはできません。
 
では一般のローンが組めないのであれば、障害年金を貰っている人はどのようにしてお金を借りるのでしょうか
 
 

年金担保貸付事業の存在

年金は担保にすることが禁止されているお金ですが、福祉医療機構の年金担保貸付事業を活用することができます。
 
10万円から250万円の間で借りることができ、金利は1.6%と非常に低金利です。契約することができた場合、支払いはATMに行く必要はありません。毎月振り込まれる障害年金から、支払い分が自動的に天引きされるためです。
 
この借入は保証人が必要となりますが、保証人がいない場合は信用保証制度を利用することができます。
 
消費者金融や銀行で無理にお金を借りるよりもかなりの低金利で借金ができますので、条件に合っているのであれば先にこちらを検討したほうが良いでしょう。ただし返済が難しい場合は別の方法を検討するべきです。
 
(参考)年金担保貸付事業・労災年金担保貸付事業
http://hp.wam.go.jp/guide/nenkin/tabid/249/Default.aspx
 
 

年金以外の収入があれば増える選択肢

銀行や消費者金融でも、年金以外の収入(アルバイトやパート、副業)があれば、ローンの契約をすることが可能になることがあります。
 
特に消費者金融では収入の3分の1までしか借入をすることができませんので、その他に収入があることは審査で大きく評価されます。契約できた場合でも、いきなり年収の3分の1までの限度額が貰えることはほぼありません。
 
この場合の収入とは給料所得、事業所得、年金、恩給、不動産収入などです。FXや株式取引などの一時的な所得については年収として計算されません
 
年金を担保にすることはできませんが、貸金業法では特に年金受給者だからと言って貸付を禁止するような項目はありません。あくまでも貸出側の金融機関の判断によります。
>>東京スター銀行からのお金の借り方~専業主婦や年金生活者でも借入は可能

 

タグ :

項目 お金を借りる審査 コラム

家族が勝手にローンカードを使ってお金を借りた場合、名義人に返済義務はある?




スポンサーリンク

借金と名義の関係について

消費者金融などの金融機関でカードローンを組んだり、キャッシングをしてお金を借りることができますが、返済が計画的にできなかったりなどのトラブルがあります。
 
こういったトラブルとは別に、自分名義のカードを家族が勝手に使ってしまい問題になることがあるようです。親が子供のカードを使用して無断で借金をしてしまうケースが発生しています。
 
この場合、子供側がまず確認しなければいけないのは、親が勝手にカードを利用したかどうかという事実をきちんと確認することです。この事実確認を取ることで、その後の対応策を選ぶことができます。
 
無断使用の事実があるにも関わらず、それを認めない場合には、弁護士に相談するなどの対応も必要となります。
 
 

自分名義でつくられた借金の支払い義務

親などの家族が無断でクレジットカードなどを使って借金をつくってしまった場合、支払いの責任は誰が負うことになるのでしょうか。
 
一般的に考えると、カードの名義になっている人に支払いの義務が生じるように考えられますが、この場合の支払い義務は勝手に借金をつくった人にあります。自身のものではないカードを使用してお金を借りること自体が違法行為に該当するので、勝手につくられた負債を支払う必要はありません。
 
しかし、その事実を認めてもらうにはいくつかの条件をクリアする必要があります。具体的には、金融機関に対して自身に知らない所でカードが使用されたこと、無断使用した人がその事実を認めることが重要です。
 
 

名義はそのままで返済を行うケース

親子の間で無断のカード使用があった場合、無断使用者に対して法的措置を取り支払い義務の手続きを踏ませるのは、手間と経費がかかります。
 
家族間でこういったトラブルが起こった場合、基本的には名義はそのままで、負債を返済するという形で落ち着くことが多いようです。
 
いずれにしても、カードの管理が大切で、トラブルを招かないためにもカードの管理をきちんとしましょう。家族であっても、目に届かない所に置いておくなどの対処が必要なこともあります。
 
また金融機関に対して、親族が来ても断るようにお願いすることもできます。家族間の信頼などが関わる難しい問題ですが、トラブルが起こってしまった場合にはしっかりと話し合いをすることが重要です。

 

コラム 項目 返済

個人でお金を借りる時の上限金利は?109.5%それとも20.0%~個人間融資の掲示板には注意せよ




スポンサーリンク

個人の貸し借りでも利息制限法が適用されます

銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りるときには、利息制限法が適用されることはみなさんご存知だと思います。
 
利息制限法では、元本が10万円未満の場合20%、10万円以上100万円未満の場合18%、100万円以上の場合15%が上限金利となっています。これを超える金利を設定している業者は違法業者ですので注意しましょう。
 
よく誤解されていますが、個人でのお金の貸し借りでもこの利息制限法は適用されます。つまりは、個人間融資の場合でも金利の上限は20%となっています。
 
一方、出資法では金融機関でお金を借りる場合の上限金利は20%となっていますが、個人間の場合には109.5%となっています。
 
まとめると、個人間融資の場合の上限金利は、利息制限法では20%出資法では109.5%となっています。いったいどちらが正しいのでしょうか?実はこれはグレーゾーン金利の問題なのですが、グレーゾーン金利問題について詳しい人なら答えはもうわかっていることでしょう。
 

グレーゾーン金利とは?
利息制限法の上限金利15~20パーセント(元本によって率が変わる)と、出資法の旧上限金利29.2パーセントとの間の金利。この金利で営業する貸金業者が多く、多重債務などの問題を生む原因となった。

 
 

個人間でも利息制限法を超える金利は違法です

グレーゾーン金利問題というのは、利息制限法を超える金利を設定していても、出資法で定められた上限を超えていなければ刑罰に処されることはないのをいいことに、多くの貸金業者が出資法上の上限である29.2%を設定していた問題です。
 
貸金業法で「みなし弁済」の規定があったことも関係しています。しかしこの問題は、最高裁で「みなし弁済」が実質的に認められないという判決が出たことと、出資法が改正されて上限が20%まで下がったことで現在はほぼ解決されました。
 
しかし、個人間融資では現在でも出資法の上限は109.5%となっています。出資法では違反すると刑罰に処されるのに対して、利息制限法には罰則がないことをいいことに、109.5%までなら金利を設定してもいいと思っている人がいるようです。
 
しかし、罰則がないだけで利息制限法を超える金利を設定することは違法ですので、その分の金利は無効となり、後で過払い金として返還請求をすることができます。
 
 

個人間融資の掲示板には注意

利息制限法を超える金利は違法であり、過払い金として払いすぎたお金は返還してもらうことができますが、その際には証拠となるものが残っていないと面倒なことになるでしょう。
 
個人間で借金をする場合には口約束だけで行われる場合も多いですが、後でトラブルにならないようにしっかりと借用書などを作っておきましょう。
 
最近では個人間融資の掲示板などでお金の貸し借りが行われることも多いようですが、これには注意が必要になってきます。貸金業法では、「業として」金銭の貸付を行うものは国もしくは都道府県知事に登録をしなければならないとされています。これに違反すると重い刑罰が科せられます。
 
家族や友人への貸し付けなら問題ないですが、ネットの掲示板で不特定の人に融資を行った場合、「業として」にあてはまる可能性が高くなります。その場合、貸金業法違反となるばかりか、20%を超える金利で貸し付けていた場合は出資法違反ともなってしまいます。
 
個人間融資の掲示板には闇金がはこびっているとも言われていますし、なるべく利用しないほうが無難でしょう。

 

項目 お金を借りる コラム

衣装代・着付け代・写真代等、七五三はお金を必要とする~そんな時は少額融資のキャッシングで賄う




スポンサーリンク

七五三は費用がかかる

七五三というのは7歳、5歳、3歳とそれぞれの年齢で行事を行うため、それをまとめて七五三と呼ばれています。
 
この行事というのは昔ながらのものであり、それぞれの年齢によってとり行う行事内容が異なります。昔の時代だからこそという点を強く感じる行事ですが、今の時代でも愛着を持たれてとり行われている行事です。
 
この七五三は費用がかかります。衣装代、着付け代、写真代、これらが主な費用となります。男の子と女の子でも衣装代や着付け代、写真代等の費用には違いが出てきますが、基本的には女の子の方が費用が高くなる傾向があります。
 
七五三の費用の中で衣装代と着付け代、この二つは大きな出費となってきます。まず、衣装代に関しては着物を購入するのか、それともレンタルするのか、どちらかを選ぶことになります。兄弟がいる家庭なら、着回しで何とかすることもあります。着物を購入するかレンタルするかによってもかなり金額が変わります。
 
着付け代も似たようなものがあり、着物の着付けが出来る人が家族や知人にいる場合は費用を抑えることが出来ますが、これが出来ないなら業者に頼むことになります。本当にどのくらいの費用になるのかは個人差が大きいです。
 
 

着物はレンタルがお得

七五三のために衣装代は本当に大きな出費となりますが、これは基本的に購入するよりもレンタルする方が遥かに出費を抑えることが出来ます。
 
お金に余裕がある家庭ならば、子供の一生の思い出のために良い着物を着させてあげることも良いものですが、着物は本当に値段がピンキリであり、高い着物になると何十万円というレベルになってきます。これをレンタルする場合は高くても数万円で抑えることが出来ます。
 
また、どのような業者を利用するのかによっても結構金額が変わってきます。このイベントは写真を撮ることが一つのメインでもあるので、写真撮影において衣装代からメイク代など、安く済ませることが出来る業者もあるので、しっかりと利用する業者を探すというのもコストを抑えるためには大事なことになります。
 
また、どうしても出費が厳しいときは安く抑えることが出来ますし、お金が足りない時は数万円ほど用意出来れば何とかなります。
 
数万ほどならキャッシングを利用すると簡単に借入することが出来ますし、どうしてもお金がないという状況で、しかしながらそれでも子供の為に何とかしたいと思うならキャッシングを探して活用してみると良いです。
>>ネットキャッシングで今すぐお金を借りる
 
 

数万円の借入を簡単に済ませるなら銀行

数万円程度の借入ならばどんな金融会社でも借りること自体はとても簡単です。基本的にアルバイトでも正社員でも収入を得ている人であれば、審査に合格することは本当に簡単です。
 
選択肢としてはクレジットカードにキャッシングを付帯するか、あるいは単体としてキャッシングやカードローンを持つか、どちらかを選ぶ事が出来ます。便利なのはクレジットカードにキャッシングを付帯することです。
 
これだと、七五三のために必要なアイテムを購入する時、クレジットとしてカード払いを選択することも出来ます。カード払いだとクレジットカードによっては一回払いなどを選択することで利息がかからないことがあります。
 
今は通販サイトから必要なものを購入することも多いですし、現金を選択するならキャッシングで借入、カード払いならクレジットというように選択肢を持てることは使い勝手が良くなります。

人気あるクレジットカード

・楽天カード
・三井住友VISAクラシックカード
・アコムマスターカード
・JCB一般カード
・VIASOカード
 
単体でキャッシングを持つ場合は銀行から申込先を探せばキャッシュカードでキャッシングすることが出来ますし、銀行はとにかく金利が低いのでお得です。本当に様々な申込先を見つけることが出来ますが、しっかりと融資内容から好ましいところを探しましょう。

 

コラム