銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

即日融資でお金を借りる場合は、どんな金融機関を選択すればいいの?


即日融資が受けられる会社

即日融資と言うのは、申し込みから融資実行までの時間が短時間で行われたり、当日に融資をして貰う事が出来る融資をこのように呼んでいます。
 
例えば、午前中に申し込みをすると、当日中に審査が行われて、午後には指定の銀行口座に現金が振り込まれると言った具合に、短時間でお金を借りる事が出来る魅力があります。最近の大手の消費者金融の多くは即日融資を実施しており、最短で30分で現金が指定口座に振り込まれると言った魅力を持つ会社も増えています。

即日借入可能な金融機関

プロミス
・住信SBIネット銀行 MR.カードローン プレミアムコース
三井住友カード ゴールドローンカードレス
・ソニー銀行のカードローン
・イオン銀行 カードローン BIG
・三井住友銀行カードローン
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック
・横浜銀行カードローン
・北洋銀行カードローン スーパーアルカ
常陽銀行カードローン<キャッシュピット>
・じぶん銀行カードローン
・新生銀行カードローン レイク
アコム
 
また、消費者金融と言うと借りにくい(嫌悪感がある)と言う人でも、大手の消費者金融はテレビコマーシャルや街頭のチラシ広告などでもお馴染みになっていますし、多くの人々が利用しているため安心感が有りますし、知名度が高い事からも、闇金やソフトヤミ金などの違法業者に申し込んでしまうなどの問題が起き難いのでお勧めです。
 
 

銀行も即日融資に対応している所がある

大手の消費者金融の多くは即日融資のサービスを行っています。急にお金が必要になると言ったケースは良くあるものですし、月々の給料も急な出費により月末ピンチと言うケースもあります。
 
ピンチの時に役立つ存在になってくれる魅力があるわけですが、融資をしているのは大手の消費者金融だけではなく、銀行の中にもあります。銀行の場合は、年齢や収入などの利用条件が細かく定められているケースもあるので、条件に当てはまるかをチェックして申し込みをする事が大切です。
 
また、銀行には全国対応の所もあれば、営業エリアのみと言ったケースもありますし、銀行口座が必要なケースも在りますが、銀行と言う事からも低金利であると同時に安心感も有るので、自分に合った銀行を選ぶ事が大切です。
 
関連記事:
>>仕事で手の離せない時でもOKのイオン銀行のカードローンで10万円を即日キャッシング
>>東京スター銀行からのお金の借り方~専業主婦や年金生活者でも借入は可能
 
 

お金を借りる先を選ぶ時の注意点について

急にお金が必要で融資を受けたい、お金を借りたいと言う時など、余裕が無いのでどこでも良いから申し込みをしてしまうと言うケースがあります。
 
中小の金融業者の中には不法な営業をしている所もあり、後から極端に高い利息を要求する事や、申込書に記載をした個人情報を利用して、電話や職場に押し掛けると言った迷惑行為を行うケースもあります。
>>キャッシングでお金を借りる時、アリバイ会社を利用して在籍確認等をする行為は危険?
 
そのため、急いでいる時など比較する余裕が無い場合などでは大手の消費者金融を利用しておくのが安心ですし、営業日の午後2時までに申し込みをすればその日の内に現金が振り込まれるなどのメリットもあります。
 
借金がある場合、消費者金融では申し込み額と借金の総額の合計が100万円を超える場合は、年収証明書の提出が必要になるので注意が必要です。
>>アコムやプロミス、アイフルなどの消費者金融でお金を借りる時は収入証明書は不要?

 

項目 お金を借りる コラム

スマートフォンやパソコンでお金を借りるネットキャッシングは、来店不要で即日融資もOK


カードローンの申し込み方法の主流はインターネット

消費者金融や銀行などのカードローンの申し込み方法と言うのは、店頭窓口、電話、書類の郵送といった以前から行える方法もありますが、現代はインターネットで申し込みが出来る時代であり、パソコンやスマートフォンを利用して申し込みをする人が増えています。
 
インターネットでの申し込みのメリットはお店に行く手間が省ける事、インターネットで完結する事(WEB完結)で書類などが郵送で送られてくることもありませんし、インターネットなら何時でも申し込みが出来るため忙しい人でもカードローンを利用してお金を借りる事が出来ると言うメリットがあります。
 
また、申し込みを行う時の必要書類も、スマートフォンのアプリや画像アップロードを利用すれば簡単に手続きを行う事が出来るため、来店せずに契約を交わせると言う事です。
 
 

平日午後2時までに契約が完了すれば即日融資も可能に

金融機関の多くは営業日の午後2時までに必要書類を送付する事で即日融資と言われている、当日に現金が指定口座などに振り込まれて、直ぐにお金を使う事が出来るようになっており、インターネットを利用して申し込みをすれば急いでいる時など直ぐにお金を借りる事が出来ると言った魅力があります。
 
因みに、審査は申込書や本人確認書類、在籍確認などの他に個人信用情報が照会されて、信用調査を行います。
 
個人信用情報には借金の有無などや返済がきちんと行われているか、申込件数が何件あるのかなど信用に関わる情報が網羅されているため、申込書には正しい情報を記載する事が大切ですし、返済の遅延は個人信用情報に記録が残されるため、新たな借入をする時など不利な状態になるので返済計画を立てて利用する事が大切です。
 
 

即日キャッシングが可能な時間について

インターネットで申し込みをすればいつでも即日融資が可能になると言う事ではなく、申し込みをする時間帯により即日融資が行われるか、それとも翌営業日になるのかが決まって来ます。
 
大半の銀行や消費者金融は平日の午後2時までに完了する事で即日融資が可能になっております。
>>土日や祝日でも借入可能なプロミスで今すぐお金を借りる
 
三菱東京UFJ銀行、アイフルは午後2時まで、新生銀行のレイクは平日の午後2時45分まで、プロミスの場合は三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座の場合は24時間いつでも可能で、これ以外の銀行口座の場合は平日午後2時50分までに審査に可決すれば即日キャッシングは可能であります。
 
アコムについても楽天銀行口座は24時間いつでも可能ですが、楽天銀行口座以外の場合は平日午後2時半までと言った具合に、金融機関や銀行口座などの種類に応じて即日融資が可能になる時間帯が異なります。

 

タグ :

項目 お金を借りる

中央ろうきんカードローンは低金利~消費者金融や銀行カードローンと違って未成年の借入も可能


中央ろうきんカードローンの特徴について

車の修理費や家のリフォーム代など、思いもしないお金が必要になることはよくあります。普段から何があっても大丈夫なように、しっかり貯金をしていれば安心ですが、なかなか貯金ができないという人はカードローンを利用する方法もあります。
 
最近はいろんな金融機関でローン商品を扱っているので、自分の収入にあわせて借りることができます。
 
金融機関から借金をすれば、当然返済しなければいけませんが、できるだけ金利が低い所に申込むと返済が楽になります。金利が低い金融機関というと、銀行や信用金庫がありますが、労働組合員ならば労働金庫に申込むといいでしょう。労働金庫は営利を目的としていないので、かなり利息が低くなっていて返しやすいです。
 
(参考)全国労働金庫協会
http://all.rokin.or.jp/
 
労働組合の会員でなくても利用できるので、気軽に申込んでみてください。
 
中央ろうきんカードローンは、関東に住んでいるか、勤務先がある人なら誰でも利用できます。一般の人でも利用できますが、労働組合員や公務員ならばさらに利息が低くなります。
 
インターネットから申込めるので、忙しい人にはとても助かります。申込むと仮審査がおこなわれそれに通ると、営業店から本人確認の連絡がきて、本審査に通ると利用可能になります。
 
 

中央ろうきんは18歳以上から申込める

未成年だとお金を借りたくてもなかなか貸してくれる金融機関は少ないです。消費者金融ではほとんどが20歳以上からしか申込めないので、どんなに収入があっても申込むことはできません。
 
学生でアルバイトなどで収入があり18歳以上ならば、学生ローンなら融資をしてくれる所もありますが、学生であることが条件になるので、学生でない人は借りることができせん。
 
中央ろうきんは未成年でも18歳以上ならば、申込むことができます。
 
ただし同じ職場に1年以上勤務していることが条件になります。給与所得でない自営業者などは、3年以上の実績が必要になるのでよく確認してから申し込みましょう。前年度の年収も150万円以上あることが条件になるので、アルバイトやパートであまり収入が多くない人は申込んでも融資を断られてしまいます。
 
カードローンは限度額内ならば、何度でもキャッシングができるので便利ですが、限度額が低いと思うような借入ができなくなります。消費者金融などは総量規制のある関係で、どうしても収入の少ない人は限度額も低くなってしまいます。中央ろうきんは限度額も500万円と高額なので、ゆとりを持った借入ができます。
 
しかし団体会員以外は限度額は100万円となるので注意が必要です。
 
 

中央ろうきんのATM利用時の手数料について

最近はわざわざ店舗まで行かなくても、キャシングできるカードさえ作っておけば、コンビニATMから借入や返済ができるのでとても便利です。しかし頻繁にATMを利用する人は、手数料がかかると余計な費用がかかってしまいます。キャシングを利用する場合は、できるだけATM手数料がかからない所を利用するとお得です。
 
中央ろうきんは、全国の提携金融機関のATMやコンビニATMを利用できますが、ATM引き出し手数料はキャッシュバックされるので、余計な費用がかからずとても助かります。
 
中央ろうきんカードローンは、金利が低いだけでなく優良施設の割引サービスが受けられるのも人気のある理由でしょう。中央ろうきんは気軽にインターネットから申込めますが、申し込めば誰でも審査に通るというわけではありません。
 
今までに返済遅延や他社からの借入が多いと、審査に落とされることになります。どうしてもお金を借りたいからと、他社の借入や債務整理をしたことを隠して申告する人もいますが、信用情報機関で履歴を調べるので、嘘がバレてしまいます。
 
中央ろうきんは、組合員に所属しているなどもしっかり調べ、審査には時間がかかるので余裕をもって申込むことが大事です。

 

タグ :

項目 お金を借りる

海外でお金をお得に借りる方法~クレジットカードのキャッシング枠での借入は便利である


海外でも貸してくれるカードローン

海外で滞在中にお金がピンチになったらとても困ります。だからといって大量の現金を持ち歩くのも不安です。日本国内なら使い勝手がわかっていますが、海外では急にお金が必要になったときのことも想定しておかないと、トラブルが起きてしまうかもしれません。
 
今の時代、海外からでもインターネットに接続できますので、いざとなったら日本のカードローンでお金を借りればいいと思っている人はいます。インターネットで完結するカードローンならば可能な気もします。
 
しかし、日本の消費者金融では、日本に住所がある人向けにしか融資をしていません。転勤などで海外に長期滞在している人では申し込みは無理です。
 
普段は日本に住んでいるが、海外旅行などで一時的に海外に来ているという事情なら、可能です。その場合も運転免許証などの必要書類を持っていることが前提になります。
 
しかし、海外で新規でお金を借りるとなると、海外までカードを送ってもらうわけにもいきませんし、送ってもらってもATMがないので使えません。銀行振込みしかないわけですが、海外に口座を持っている人限定になります。口座を持っていても、海外口座への振込みに対応しているかという問題もあります。
 
 

海外での利用なら信販系カードローンがお勧め?

このように、海外に滞在中は新規でお金を借りることは不可能に近いです。そこで、最後の砦となるのが信販系クレジットカードです。
 
信販系のクレジットカードというのは世界共通であり、海外で買い物をするときに利用している人も多いです。クレジットカードにはキャッシング枠がついていることも多いですが、これをカードローンと同じように使うことが出来ます。
 
ただし、手数料がとられたり金利の計算方法が変わってきたりすることがあるので、あらかじめ信販会社に確認しておくことが大切です。
 
実は、信販系クレジットカードには他にもメリットがあります。日本円を海外通貨に交換するとき、結構高い手数料がとられることがあります。それに比べて、クレジットカードでショッピングをしたり、キャッシングを利用したりすると、かなりお得に海外での生活や買い物ができたりするのです。
 
従って、海外では信販系のクレジットカードを利用するのがお勧めです。海外ではまったく現金を持たずに、クレジットカードだけでやりくりしている人もたくさんいるくらいです。海外に行く前に、一時的に利用枠を増額してもらえることもできますので、クレジット会社に相談してみるとよいでしょう。
 
 

作りやすいクレジットカードは?

「海外に行く前にクレジットカードを作りたいけど、審査に落ちたら嫌だ。審査の甘いクレジットカードはないか?」と考えている人は多いです。
 
クレジットカードの審査難易度というのは本当に様々です。消費者金融で落ちた人でも作れるようなクレジットカードもあれば、年収条件があったり、良好なクレジットヒストリーを築けていないと作れないようなカードもあります。
 
良好なクレジットヒストリーというのは、つまりは延滞をせずにきちんと支払いをしてきたかということですが、中には延滞をしてしまっている人もいるでしょう。海外旅行に行こうと決めたときから気をつけだしても間に合いませんので、インターネットの口コミや評判などで自分の属性でも審査に通りやすいカードを見つけるしかありません。

人気あるクレカ

・楽天カード
・横浜インビテーションカード(ハマカード)
・マイレージプラス セゾンカード
JPBANKカード
・アコムマスターカード(即日発行も可能)
 
よく、借金をするときには銀行か消費者金融かで悩む人が多いですが、海外でもどこでも利用できる信販系クレジットカードというのも魅力的です。海外に行く予定のない人でもいざという時のために1枚は作っておくとよいかもしれません。海外で利用することが目的で信販系クレジットカードを契約するときは、海外で利用する場合の規約をしっかりと確認しておくことが大切です。

 

項目 お金を借りる 項目 クレジットカード

ソニー銀行のカードローンは無理のない返済ができる~仮審査回答は最短60分間


出費も大きい営業の仕事

私は中小企業の営業マンをしているのですが、お得意先との接待などどうしてもお金がどんどん出ていきます。
 
昔はほとんどが経費で落ちていたみたいですが、不景気の折、しかも大企業からしてみれば吹けば飛ぶような中小企業の営業だと、なかなか接待を経費でいつも落とすのは難しく、持ち出しもしばしばでした。
 
その結果、お金に困るようになりました。そんな時ソニー銀行のカードローンの宣伝を目にして、利用してみようと思いました。
 
 

スピーディな審査が魅力

ソニー銀行のカードローンは、2.5~13.8%という低金利で融資をしてくれます。消費者金融だと18%前後の上限金利になっていますから、いかに金利設定が低いかお分かりになるでしょう。
>>お金をいくらまで借りられるか~消費者金融は総量規制の対象ゆえ借入金額には注意
 
銀行のカードローンということで、審査に時間がかかるのではないかと思っていました。しかしソニー銀行のカードローンの場合、最短で60分くらいだと言います。
>>土日や祝日でも借入可能なプロミスで今すぐお金を借りる~在籍確認なしの場合もある
 
私の場合も、申し込んでから1時間とちょっとくらいでメールにて審査結果が届きました。銀行カードローンの場合、その銀行に普通預金口座を持っていないと融資が受けられないケースも少なくありません。しかしソニー銀行のカードローンの場合、口座を持っていなくても、他の指定の銀行口座に振り込んでくれるので安心です。
 
 

月々2000円の返済からでもOK

ソニー銀行のカードローンは返済の面でも、お客さんのことを考えたサービスを展開しているなという印象があります。利用残高に応じて、月々の最低返済額がスライドするシステムをとっています。
>>キャッシングで借入するなら知っておくべき!無理のない返済方法
 
利用残高が10万円以内であれば、月々の返済額は2000円からでも構いません。月々2000円の返済は、急な出費もしばしば起きる私にとっては大変ありがたいシステムだと思います。
 
ただし返済期間中は、ずっと利息がかかります。ですから想定外の出費で家計の厳しい時には2000円、資金的に余裕のある時には少しでもお金を返済して、できるだけ余計な利息を負担しないように心がけるのが良いと思います。
 
(体験談)

 

項目 お金を借りる 体験談

給料前借りにはルールがある?~今は給料前借よりキャッシングの方がいいかも


前借り可能なケースがある

ドラマや映画を見てみると従業員が社長や上司に、「ちょっと給料前借りを…」みたいなことを言うシーンがあります。
 
私は給料が足りなくなった場合にはカードローンを利用するようにしているのですが、果たして給料前借りは現実世界でも利用できるのでしょうか?
>>2社のローンカードを持っておくと便利~カードローンの複数契約と長所と短所とは
 
実は特殊な事情であれば、会社は給料前借りに応じる必要があると法律に書かれています。これは労働委準法25条に明記されていることです。具体的には労働者やその妻が出産することになって、その費用が必要だとか、労働者やその家族が急病にかかったとか事故に巻き込まれて入院することになった時などです。
 
また自然災害の被害で、家屋に深刻な損失があった場合、親族に対して止むにやまれる出費が必要になった場合には、それまでの労働に見合う賃金を支払うことと書かれています。
>>今すぐ50万円を借りる場合は総量規制対象外の銀行カードローン
 
私も含めてですが、このような給料前借りの義務が法律で明記されていることを知らない人も多いと思います。
 
 

給料前借りの基本ルールを理解しよう

上で紹介したように、やむを得ない事情があれば給料前借りは可能です。しかし給料前借りするためには2つの条件を押さえておくことです。
 
まず先に紹介した労働基準法では、支払日の前であっても給料を支払うことができると書かれています。ではいつまでに支払わなければいけないかということは記載されていません。ということは、申し出たその日に支払われるという保証は決してないわけです。
 
また給料前借りをする場合、あくまでもその時点までに働いた日数分の報酬が上限として支払われます。決して1か月分の給料をそのまま受け取ることができるとは限らないわけです。
 
給料前借りに関して、後々いろいろとトラブルになる可能性もあります。そこで金銭借用書などの書類を形として残しておいた方が良いでしょう。
 
中には「前借りをすると来月の給料から天引きする」といった理不尽なルールを課している会社もあるみたいです。金銭借用書を作成して、厄介なトラブルに巻き込まれないようにしましょう。

 

項目 お金を借りる コラム

今すぐ50万円を借りる場合は総量規制対象外の銀行カードローン


150万円が最低の年収

お金を50万円借りるのであれば、最低150万円を目安の年収として定めてください。これは消費者金融からキャッシングをしたときの制限になります。
 
銀行のカードローンを利用した場合は、これに当て嵌まりませんので、年収150万円という制限はなく、それ以上借りられる可能性があります。
 
ただし銀行も審査を行っていますので、その年収で50万円を貸してくれるのかどうかというのは判断が難しいものであり、銀行によっては融資額が下がることも十分考えられます。
 
まずこのラインを参考にして、貸金業者を選ぶことをおすすめします。消費者金融であれば可能性が広がるでしょう。
 
 

年収についての制限がある

なぜこのラインになるのかというと、総量規制という制限が関係しています。年収の3分の1以上は貸すことができないという制限であり、これは主に消費者金融に該当するものです。
 
銀行はこのライン(年収三分の一)に当て嵌まらないと先程述べましたが、銀行にはこの総量規制は該当しません。
 
以前は年収に関係なく消費者金融はお金を貸していましたが、返済できなくなり多重債務者が増えたことからこのような制限が生まれました。
>>お金をいくらまで借りられるか~消費者金融は総量規制の対象ゆえ借入金額には注意
 
総量規制に引っ掛かるから銀行が頼りになるという考えは間違いではありませんが、銀行の審査がありますので、他社からの借入れをどんなふうに評価するのかによって融資の可決が変わります。
 
 

その他の選択肢を考える

総量規制に掛かるから銀行という選択になりますが、すでに他社から借り入れをしていることも審査の対象になりますので、銀行側がどんな判断をするのかはわかりません。
 
銀行も信用情報機関に照会して、申し込み者の借入れを確認して、審査を開始します。それによっては融資額が変わる、もしくは審査に落とされることも考えられます。
>>キャッシング審査が通らない人~カードローン契約を成立させるためには?
 
お金を借りるということは返済をすることになりますので、その辺のことも考慮した借り入れをしなければなりません。年収と照らし合わせて、自分が返済できる金額を借りるというのは鉄則になりますので、それを怠らないようにしましょう。
>>アルバイト、パート、派遣社員等であっても年収がそれなりにあればお金は借りれる

 

タグ :

項目 お金を借りる

三井住友のゴールドローンカードレス~借入金額290万円以下は実質年率9.2%と低金利


三井住友カードには2種類ある

三井住友銀行のカードローンには、ゴールドローンゴールドローンカードレスの2種類が用意されています。
 
ゴールドローンは通常のカードローンと変わらないのですが、ゴールドローンカードレスはその名の通り、カード不要でカードの発行もされません。このカードがないことで盗難の心配もなく、安心して利用できるローンです。
 
このゴールドローンカードレスはただカードがないというだけでなく、多くの人が気になる金利も低く設定されているのが特徴です。500万円以上ならゴールドローンと変わらないのですが、500万円未満ならゴールドローンよりも0.6%も低い設定となりお金を借りるには便利なローンです。
 
 

インターネットか電話での取引となる

このゴールドローンカードレスでは、カードの発行がないためATMなどを利用して取引をすることができません。このローンの取引方法としては、インターネットか電話での2種類の方法を利用することになります。
 
インターネットでは24時間受付をしていて自宅でも借り入れをすることができます。ただ、平日の0時~8時49分までの受付分は当日の午前中となりますし、平日の14時50分以降の受付や土日祝日などは翌営業日に振り込まれます。それ以外は即時、振り込まれます。
>>土日や祝日でも借入可能なプロミスで今すぐお金を借りる~在籍確認なしの場合もある
 
電話では翌営業日となりますが、自動音声による手続きなので気軽に利用できます。
 
 

返済は口座振替となる

返済では、口座振替により自動的に引き落とされることになります。このゴールドローンカードレスでの返済方式は元金定額となっています。
 
この方式では元金に対して一定の返済額が決められ、その支払い額に利息を上乗せして支払う方法です。110万円以下なら支払い額は2万円、110万円超なら3万円、200万円超なら5万円といった具合に決められています。
 
また、少しでも早く完済したい人にはインターネットバンキングなどを利用して指定口座に振り込む、臨時返済をすることも可能です。余裕のある時には方法で支払うことにより借入残高が減り、それだけ支払う利息もお得になります。

 

項目 お金を借りる 地銀、信金、その他

2社のローンカードを持っておくと便利~カードローンの複数契約と長所と短所とは


キャッシングカードを複数所有することの意味

カードローン契約を複数結ぶことは、それほど難しいことではありません。
 
貸金業者は借入件数が多い申込者に対して厳しく審査をしますが、それは三社、四社あたりを超えている場合で、二社程度であれば、審査はそれほど厳しくありません。
>>キャッシング審査が通らない人~カードローン契約を成立させるためには?
 
では、ローン契約を複数結ぶことには意味があるのでしょうか。これは、利用の仕方によってはメリットがありますし、またデメリットもあると言えます。
 
では、メリットにはどのようなものがあるのかというと、メインカードとバックアップ用のカードという風に使い分けが出来るというものがあります。つまり、いつもはメイン用のカードを使い、それが利用出来ない時にバックアップ用のカードを使うのです。
 
 

多額のお金が必要なときにすぐに用意できるというメリット

また、借り入れるお金が高額になった場合、二社であれば楽に借りることが出来るというのもメリットです。
 
たとえば、100万円を借りたいということになった場合、その時点でカードローン契約が一つだけで、カードの利用限度額が50万円だった場合、増枠申請をして100万円に上げてから借りるか、あるいは別の貸金業者に新たに50万円の借り入れを申し込むしかありません。
 
しかし、増枠申請が必ずしも通るとは限りませんし、また、別の貸金業者に申し込んでも審査で否決される、あるいは希望額の50万円に対して、それ未満の融資しか行われないということもあります。
>>アルバイト、パート、派遣社員等であっても年収がそれなりにあればお金は借りれる
 
最初から二社と契約していれば、上記のようなトラブルは避けられます。
 
 

物欲をコントロールできないと使いすぎてしまう場合もある

では、デメリットにはどのようなものがあるのかというと、利用限度額に余裕があるので、つい使いすぎてしまう危険性があるというものが挙げられます。
 
たとえば、ある物を買いたいというときに、50万円あれば充分いいものを購入できるのに、利用限度額が50万円のカードが二枚あるからお金が出せるということで、それ以上の物をつい買ってしまうということが挙げられます。
 
なので、物欲のコントロールが苦手という人は、複数のカードローン契約を結ぶのは避けた方がいいでしょう。そういう人が使いすぎてしまうと、多重債務状態から抜けられなくなる可能性が高いからです。

 

項目 お金を借りる

多忙な時は即日振込可能なキャッシングでお金を借りる~大手カードローンは即日振込OK


即日振込サービスを利用しよう

忙しいときにすぐ借りたいなら、キャッシングの即日振込サービスが役立ちます。口座を指定すれば振り込んでくれるので、公共料金などの引き落としによる口座の残高不足を解消するときによく利用されます。
>>口座への入金忘れのない自動融資機能のある京銀カードローンW(ワイド)
>>土日や祝日でも借入可能なプロミスで今すぐお金を借りる~在籍確認なしの場合もある
 
ネットバンキングは即振込完了するものが多いですが、店舗型の銀行だと平日15時までに申し込みする必要があります。
 
振込に10分程度かかる場合もあるので、なるべく14時~14時30分くらいまでには申し込んでおくべきです。15時以降に申し込みすると、翌営業日の扱いになるので注意が必要です。
 
キャッシング契約直後にお金を借りる場合は、審査にかかる時間も考慮して午前中に申し込んでおくのが基本です。
>>キャッシング審査が通らない人~カードローン契約を成立させるためには?
 
 

支払いの遅延は個人情報機関に登録される

公共料金やローンなどの支払いは、たった1日遅れるだけでも問題です。場合によっては個人信用情報として残ってしまい、信用力を落とすことになります。
 
将来的に新規ローンを利用するときに不利になりますし、遅れた分の遅延損害金も支払わないといけません。
 
クレジットカードの引き落とし日だけど口座に現金がなかった、大雪で交通網が乱れて金融機関に行けそうにない、といった場合は即日サービスでお金を借りるといいです。
 
クレジットカードの遅延を何回か繰り返すと、あるとき急にカードの利用ができなくなる可能性があります。事前連絡なしでカード機能を止められるので注意が必要です。
 
 

キャッシングの利息は日割なので安心

キャッシングでお金を借りると高い利息がつくので不安という方は多いでしょう。確かに年率18.0%といった金利を見てしまうと、高いと感じてしまうのは仕方ありません。しかし、キャッシングの利息は日割なので、借りた日数分の利息だけしか発生しません
 
月利として考えると1.5%になるので、1万円につき150円です。給料日ですぐに返済する状況なら、もっと利息は少なくなります。
 
キャッシングの利息が高いという方は、借りている金額も大きいのです。沢山借りれば完済に時間がかかるので、利息が膨らむのは当然のことです。借り方を工夫すれば、利息を減らすのは簡単です。

 

タグ :

項目 お金を借りる