銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

海外でお金をお得に借りる方法~クレジットカードのキャッシング枠での借入は便利である


スポンサーリンク

海外でも貸してくれるカードローン

海外で滞在中にお金がピンチになったらとても困ります。だからといって大量の現金を持ち歩くのも不安です。日本国内なら使い勝手がわかっていますが、海外では急にお金が必要になったときのことも想定しておかないと、トラブルが起きてしまうかもしれません。
 
今の時代、海外からでもインターネットに接続できますので、いざとなったら日本のカードローンでお金を借りればいいと思っている人はいます。インターネットで完結するカードローンならば可能な気もします。
 
しかし、日本の消費者金融では、日本に住所がある人向けにしか融資をしていません。転勤などで海外に長期滞在している人では申し込みは無理です。
 
普段は日本に住んでいるが、海外旅行などで一時的に海外に来ているという事情なら、可能です。その場合も運転免許証などの必要書類を持っていることが前提になります。
 
しかし、海外で新規でお金を借りるとなると、海外までカードを送ってもらうわけにもいきませんし、送ってもらってもATMがないので使えません。銀行振込みしかないわけですが、海外に口座を持っている人限定になります。口座を持っていても、海外口座への振込みに対応しているかという問題もあります。
 
 

海外での利用なら信販系カードローンがお勧め?

このように、海外に滞在中は新規でお金を借りることは不可能に近いです。そこで、最後の砦となるのが信販系クレジットカードです。
 
信販系のクレジットカードというのは世界共通であり、海外で買い物をするときに利用している人も多いです。クレジットカードにはキャッシング枠がついていることも多いですが、これをカードローンと同じように使うことが出来ます。
 
ただし、手数料がとられたり金利の計算方法が変わってきたりすることがあるので、あらかじめ信販会社に確認しておくことが大切です。
 
実は、信販系クレジットカードには他にもメリットがあります。日本円を海外通貨に交換するとき、結構高い手数料がとられることがあります。それに比べて、クレジットカードでショッピングをしたり、キャッシングを利用したりすると、かなりお得に海外での生活や買い物ができたりするのです。
 
従って、海外では信販系のクレジットカードを利用するのがお勧めです。海外ではまったく現金を持たずに、クレジットカードだけでやりくりしている人もたくさんいるくらいです。海外に行く前に、一時的に利用枠を増額してもらえることもできますので、クレジット会社に相談してみるとよいでしょう。
 
 

作りやすいクレジットカードは?

「海外に行く前にクレジットカードを作りたいけど、審査に落ちたら嫌だ。審査の甘いクレジットカードはないか?」と考えている人は多いです。
 
クレジットカードの審査難易度というのは本当に様々です。消費者金融で落ちた人でも作れるようなクレジットカードもあれば、年収条件があったり、良好なクレジットヒストリーを築けていないと作れないようなカードもあります。
 
良好なクレジットヒストリーというのは、つまりは延滞をせずにきちんと支払いをしてきたかということですが、中には延滞をしてしまっている人もいるでしょう。海外旅行に行こうと決めたときから気をつけだしても間に合いませんので、インターネットの口コミや評判などで自分の属性でも審査に通りやすいカードを見つけるしかありません。

人気あるクレカ

・楽天カード
・横浜インビテーションカード(ハマカード)
・マイレージプラス セゾンカード
JPBANKカード
・アコムマスターカード(即日発行も可能)
 
よく、借金をするときには銀行か消費者金融かで悩む人が多いですが、海外でもどこでも利用できる信販系クレジットカードというのも魅力的です。海外に行く予定のない人でもいざという時のために1枚は作っておくとよいかもしれません。海外で利用することが目的で信販系クレジットカードを契約するときは、海外で利用する場合の規約をしっかりと確認しておくことが大切です。

 

項目 お金を借りる 項目 クレジットカード

ゆうちょ銀行のJPBANKカード(クレジットカード)でお金を借りる


スポンサーリンク

そもそもJPBANKカードとは

ゆうちょ銀行から発行されるJPBANKカードはキャッシュカードとクレジットカード両方の機能を併せ持ったカードです。
 
VISA、マスター、JCBの国際ブランドを選ぶことができ、それぞれ一般カード、ゴールドカード、29歳以下限定の若者専用カードの3種類が存在します。
 
このカードにはショッピングのみならずキャシング枠も付帯しているのが特徴で、利用限度枠の中でなら複数回お金を借りることが可能です。
 
ただし、限度枠を付けるには保証会社である三井住友カードの審査に通過することが必須条件となっています、申し込みはパート・アルバイトの方でも可能です。
>>アルバイト、パート、派遣社員等であっても年収がそれなりにあればお金は借りれる
 
 

申し込みと借り入れの流れ

JPBANKカードの申請手段は主に郵送です。公式サイト、もしくは店頭へ出向き申込書を手に入れる必要があります。その後本人確認に必要な書類、免許証や保険証等のコピーと共に郵送します。
 
あとは結果を待つのみで、一週間ほど経過して審査を通過した場合は自宅にクレジットカードが届きます。
 
一緒にキャシングも申請した場合は限度枠も付いてくるので、カードを使ってゆうちょや各種提携ATMからお金を借りることができます。
 
また、年中無休のスマートダイヤル24で申し込める口座振り込みサービスも存在し、電話で借入申込を行うと5営業日程度で支払い口座に振り込まれます。
 
サービスについて詳細を知りたい場合はゆうちょ銀行ホームページか最寄りの郵便局で調べると良いです。
 
 

キャシング以外のサービス

カードを使ったキャシングだけでなく、ゆうちょ銀行には様々な貸付サービスがあります。
 
仕事の給料から天引きした積立貯金、財形貯金を担保に最長二年の貸付を行える財産形成貯金担保貸付。通常貯金の払い戻しを請求した際、不足分を自動で貸付してくれる貯金担保自動貸付。総合口座の国債を担保に通常預金の払い戻し金額の不足分を自動的に貸付してくれる国債等担保自動貸付などです。
 
更に、ゆうちょ銀行はスルガ銀行と提携しており、スルガ銀行で扱っている多種多様なローンを利用することができます。
 
個人事業主応援型プラン、仕事と家庭を支える働く女性応援型プラン、自宅を資産として有効活用したい人への資産活用応援型プランなど、幅広いニーズに応えるプランを取り扱っています。

 

項目 クレジットカード