銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

専業主婦は楽天銀行スーパーローンでキャッシングをすれば、旦那や家族に内緒で借入も可能


スポンサーリンク

専業主婦も借りられる楽天銀行

楽天銀行カードローンなら、家族に内緒でキャッシングできます。
 
WEBサイトには専業主婦に対応していることも記載しており、配偶者の同意なしで50万円まで借りることができます。必要書類は本人確認だけなので、急な出費に困った専業主婦がよく利用されています。
>>専業主婦は大手消費者金融でお金を借りれません?キャッシングするなら総量規制外の銀行カードローン
 
返済できないのにお金を借りるのはいけませんが、きちんと返済計画を立てて借りるなら問題はありません。
 
生活費として借入れるなら配偶者に話しておくべきですが、私用な目的で利用する場合は話さないほうがいい場合もあります。一時的に借りて、あとは単発バイトで稼いで返済に充てれば、家計の負担になることはありません。
 
(参考)単発バイト特集-ショットワーク
http://shotworks.jp/
 
 

WEB契約が可能なのでバレにくい

楽天銀行カードローンはWEB契約が可能なので、家族にバレにくいのです。店頭窓口まで出向く方法ですと、誰が見ているかわかりません。
運が悪ければバレてしまう可能性は十分にあるでしょう。
 
無人の自動契約機で借りれば安心という方もいますが、意外と人の出入りが多いです。無人店舗自体がクルマや人通りの多い場所に設置されていることも多く、家族や知人に見られてバレてしまうケースは少なくありません。
 
利用状況はメンバーズデスクで確認できるので、自宅に書面が届くことはないのです。家族にバレないように配慮されているため、自分で話さない限りは安心です。
 
 

借入・返済におけるプライバシー性が高いのも魅力

ネットバンキングのカードローンだけあり、借入・返済が非常に楽です。消費者金融のローンと同じくコンビニでも利用できるので、バレることはありません。
>>ネットキャッシングは今すぐお金を借りれる?ネット専業の銀行カードローンはいいね
 
楽天銀行の口座を持っていれば、いつでも振込手数料無料にてリアルタイムで利用できます。好きなときに借りて返せるので、ネットバンキングのローンに慣れると普通の銀行ローンが不便に感じます。

カードローンの利用者のほとんどは、プライバシー性を重視します。特に専業主婦は家族にバレずに借りたいと考えているので、コンビニやネットで24時間利用できる楽天銀行カードローンは非常に都合がよいのです。

 

項目 主婦・専業主婦 カードローン別 楽天銀行

専業主婦は大手消費者金融でお金を借りれません?キャッシングするなら総量規制外の銀行カードローン


スポンサーリンク

専業主婦は消費者金融からお金を借りられない

お金を借りる先として検討できる業者はいくつかあり、その中でも特に身近な存在だとして考えられるのが消費者金融です。
 
消費者金融では多くの消費者が借金をしているのですが、実は大手消費者金融の多くは専業主婦の申し込みを受け付けていません。これは現在の貸金業法では総量規制が行われており、その総量規制の中では年収の1/3以下しかお金を借りられないからです。
>>お金をいくらまで借りられるか~消費者金融は総量規制の対象ゆえ借入金額には注意
 
専業主婦ということはパートなどでの収入も無い(無職・無収入)ということですから、総量規制によって借入が出来ないとして判断されるのです。
 
法律上は配偶者貸付を利用することで貸金業者が専業主婦に融資することも可能なのですが、実際の大手消費者金融、たとえばプロミスアコムなど大手消費者金融では申し込み不可とされてしまっているのがほとんどです。
 
 

専業主婦でも借りられる配偶者貸付制度

先ほど専業主婦であっても配偶者貸付を利用すれば借入をすることが出来ると述べましたが、この制度は大手消費者金融では利用不可となっています。これは配偶者貸付を行うために必要な書類が多く、手続きに手間がかかるというのが最大の理由です。
 
まずこの制度を利用するには配偶者との関係を証明するための住民票や戸籍抄本が必要となりますし、金額によっては配偶者の年収を確認するための収入証明も必要とされます。
 
加えて配偶者本人が同意していないのに融資するというわけにはいきませんから、同意書も作らなくてはなりません。
 
こうした書類が集まってから内容に不備が無いかを確認するわけですから、大手ではその手間を嫌って受け付けておらず、従って専業主婦は消費者金融をほとんど利用できないとなっているのです。
 
 

専業主婦でも銀行カードローンは利用できる

さて、しかしここまでに述べてきたことは総量規制があるからというのが根本的な理由です。
 
そのためもし専業主婦がお金を借りたいというようであれば、総量規制の対象外である銀行カードローンを利用するという方法で解決することが出来ます。
>>今すぐ50万円を借りる場合は総量規制対象外の銀行カードローン
 
実際現在の銀行カードローンであれば三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行、イオン銀行、じぶん銀行などを筆頭としてさまざまな銀行が専業主婦のカードローン利用を認めています。
 
金額は大きくとも50万円程度と少々少なめの額が設定されていますが、配偶者貸付を利用するまでの手間を考えればメリットの方が大きいと言えるでしょう。
 
ただ銀行によっては配偶者の同意書や収入証明書の提示が求められることもありますから、利用の際にはそうしたこともチェックするようにしてください。

 

項目 主婦・専業主婦

仕事で手の離せない時でもOKのイオン銀行のカードローンで10万円を即日キャッシング


スポンサーリンク

イオンのカードローン

私の職場の近くに、スーパーのイオンがあります。しばしば食料品や生活必需品を仕事帰りに買い物することがあります。店を利用するときに、イオン銀行のATMを見かけます。イオンは銀行も運営しているのかと、なんとなく頭に入っていました。
 
そんなことがあってしばらくした時に、エアコンが故障し思わぬ10万円以上の出費を強いられ、給料日までお金が持たないことがありました。そんな時に、イオン銀行のカードローンを利用することにしたのです。
 
イオン銀行のカードローンは最高800万円までの融資に対応しているカードローンで、銀行のカードローンの中でもなかなか大型です。しかも金利に関しても、3.8~13.8%となっていて消費者金融などで借り入れするのと比較してもかなり低金利です。
 
 

来店不要の申込み

イオン銀行のカードローンに申し込もうとしていた時、私はたまたま仕事が立て込んでいて、なかなか申し込みをするためにオフィスを離れられなくなっていました。しかしそんな状態でもイオン銀行のカードローンは、ネットによる申し込みに対応していました。
>>ネットキャッシングは今すぐお金を借りれる?ネット専業の銀行カードローンはいいね
 
そこで仕事のちょっとした空き時間を利用して、申し込みをしました。申し込みの前にイオン銀行で口座開設をしておいたのが良かったようで即日融資に対応してもらえました。口座にお金が振り込まれるので、一切外出することなく、必要なお金を確保することができました。
 
イオン銀行のカードローンでは、自分の収入がゼロの専業主婦の方でも融資を受けることができます。50万円までの極度額であれば、配偶者に安定した収入があれば、融資を受けることも可能です。
>>専業主婦が旦那に内緒でお金を借りるなら三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」もある
 
ちなみに申し込みをするにあたって、配偶者の同意などは一切必要ないということです。専業主婦の中には、旦那さんの収入が少なく、家計のやりくりで苦戦している人もいるでしょう。そのような人で旦那さんに内緒で必要なお金を借りたいと思っているのなら、イオン銀行のカードローンを利用してみませんか?
 
(体験談)

 

項目 主婦・専業主婦 体験談

専業主婦が旦那に内緒でお金を借りるなら三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」


スポンサーリンク

契約できるカードローンと主婦という職業

主婦と言っても専業主婦とパートやアルバイトに出ている兼業主婦の人がいます。
 
専業主婦ということは家庭内に稼ぎ頭がおり、それなりにお給料が良いから専業でいられると考えられます。家計が苦しければ普通パートやアルバイトをするので、そういう点では専業主婦に信用が全くないわけではありません。
 
ただ、お金を借りる場合は本人の収入が非常に大切になってきます。特に総量規制対象の消費者金融やクレジットカードのキャッシングでは、年収の3分の1までしか借り入れをすることができませんので、収入がなかったり、あっても非常に少額の場合は限度額も自動的に少なくなってしまいます。
 
法による制限がないのが銀行のカードローンです。収入が少ない状態であれば普通銀行のローン審査よりも消費者金融のほうが契約しやすいと考えられますが、主婦の場合は逆になることもあります。パートやアルバイトをしている主婦の場合は自身で稼ぐ力がありますから、消費者金融のほうが簡単に契約できる可能性が高いでしょう。
 
専業主婦でも旦那さんの承諾があればカードローンやクレジットカードの契約をすることも可能ですが、内緒で契約をしたい場合はどうなのでしょうか。
 
 

バンクイックなら契約できます

三菱東京UFJ銀行が提供している「バンクイック」なら専業主婦でも契約することができます。
 
バンクイックの最大金利は14.6%となっており、銀行カードローンだけあって低く設定されています。ただし本人に収入がないため、最大でも30万円の限度額となります。最初の契約では10万円程度になる可能性もあり、利用実績を見て限度額が変更されることになります。
 
利用実績では毎月遅れずに返済があるかをチェックされます。銀行のカードローンも慈善事業ではありませんので、約束事を守れない人には貸し出しはしません。
 
他のローンやクレジットカードでも支払いに遅れることは信用情報にとってかなりのマイナスになってしまいます。借金をしている以上、借りたものはかならず元金と金利を支払いましょう。月によっては支払いが厳しくなってしまうようなこともあるかもしれません。
 
そんなときのために数か月分は限度額内から返済できるように、満額まで使うことは避けて、余裕を持たせておいたほうが良いこともあります。限度額に少し余裕をあけておかないと、またお金が必要になってしまったときに対応できず、結果として別のカードに申し込みをしてしまうという悪循環に陥ってしまう可能性があるためです。
 
 

できれば相談しておいたほうがよいこと

旦那に内緒で自分名義のローンを組みたい場合でも、その返済金の稼ぎ頭である旦那さんには相談しておいたほうが良いでしょう。
 
もし支払いが厳しくなってしまったときに頼らなくてはならないのは旦那さんです。稼ぎ頭が知らない借金はあまり良いものではありません。
 
お金に困っていることを相談したくない場合もあるかもしれませんが、もしそうであれば実家の両親や兄弟に頼ったり、もしものときに対処してくれる人の存在があったほうが良いでしょう。家庭内でもお金の問題は非常に難しいものです。お金のトラブルが原因で家庭がうまくいかなくなってしまうこともあります。
 
家族を持つと一人ではかからないような出費がたくさん出てきます。年末年始の親戚の挨拶や冠婚葬祭、子供の習い事や将来の進学のための貯金、将来の自分たちのための保険や家を持った場合のローンの支払いなど。専業主婦は家庭を任されている身ですので、うまくやりくりをしたい気持ちもあるかもしれません。
 
しかし早めに相談して手を打たなかったことで大きな問題になってしまうこともあります。初めての契約の最初の借入は簡単にできるでしょう。しかしカードの数が増えれば増えるほど支払いと審査が難しくなります。そうなる前に相談をしましょう。

 

カードローン別 三菱東京UFJ銀行 項目 主婦・専業主婦