銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

クレジットカードの使い過ぎには注意~学生ローンはアミーゴでお金を借りた


飲み会費用が意外とかさんで

学生になって初めて東京に出てきて、毎日が最高に楽しかったですね。
 
勉強は確かにツラいけど、その後の飲み会とかコンパが楽しくて仕方ない、当時は適当にバイトをしてこづかいや食費を稼いでいましたが、大学生になってクレジットカードも作れるようになったので、そうした費用はクレジットカードでまかなってました。
>>ゆうちょ銀行のJPBANKカード(クレジットカード)でお金を借りる
 
でも、頻繁にイベントがあると費用も意外とかさみ、毎月のバイト代だけでは足りなくなってきたのです。親からの仕送りだけでは食費がまったくでなくなってしまい、かなり焦りました。
 
学生だから、キャッシングとかカードローンなどもほとんど審査落ちしましたし、深夜バイトでも入れようかと真剣に考えたほどです。
>>アルバイト、パート、派遣社員等であっても年収がそれなりにあればお金は借りれる
 
ネットでいろいろ調べたり、友達に相談しているうちに知ったことは、学生でも貸してくれる消費者金融があるということです。
 
学生ローンという借入があり、それは学生を対象としているから借りやすいのだとか。いくつか調べているうちに、大学のそばにも店舗があるアミーゴを見つけました。
 
 

毎月の返済が楽

アミーゴで事情を話すと、「早くに行動を起こして正解ですよ」と言われました。何でも、僕が通っている大学からもアミーゴに行く人はけっこういるらしく、どの人も借金が膨らんでからくるから返済が大変なのだそうです。
 
僕の場合、当面30万円あれば何とか大丈夫だったので、バイトをしながら返済できるように返済計画を作ってもらいました。金利は19.2%と結構高いなと思いましたが、他に学生相手に貸してくれる所なんてありませんでしたし、毎月2万円ぐらい返済していれば1年半ぐらいで完済できるので、それならバイトで何とかできます。
 
だけど最後にアミーゴの人から、「クレジットカードの使用も控えたほうが良いかもしれませんね」と言われ、そりゃそうだなと思ったことは、今でも覚えています。
 
現在でも返済は続けていますが、毎月の返済が苦しくない額だから、無理なく返せて完済まで到達できそうです。アミーゴ、おすすめですよ。

 

体験談 項目 学生キャッシング

未成年者が教習所費用を用意する場合はどうする?信販会社であればローンを組める


運転免許ローンとはなにか?

運転免許ローンとは、目的別ローンの一種です。住宅ローン、自動車ローン、教育ローンなどのように、決まった目的のためにしか利用できませんが、その分金利は低めに設定されています。
 
運転免許の取得には、30万円前後の費用がかかります。高校を卒業したばかりの人や大学生ではこのような大金をポンと出せる人は少ないと思います。そんな人にお勧めなのが、運転免許ローンです。
 
借りたお金は翌月から返済していくのが基本ですが、「スキップ払い」が利用できるローンであれば、教習所を卒業してからとなる場合や、大学を卒業して就職をしてから返済が開始となるようなプランもあります。
 
 

未成年者がローンを組む場合

運転免許ローンを取り扱っている金融機関には銀行や信販会社がありますが、信販会社のものであれば未成年者でも組むことができます。高校三年生でも組むことができます。
 
ただし未成年者がローンを組む場合には保護者の同意が必要であり、保証人が必要になる場合もあります。要するに、保護者や保証人の収入をあてにしてローンを組むということになります。
 
(参考)運転免許クレジット
エポスカード
https://carattend.0101.co.jp/pages/credit
 
Jiyu!da!(セディナ)
http://cedyna.co.jp/card/lineup/detail/jiyuda/menkyo/
 
信販会社のローンであれば、自動車教習所が信販会社と提携しているのが一般的なので、自動車教習所の窓口から申し込みができます。自動車教習所が提携しているローンが気に入らなければ、自分で探すこともできます。インターネットから申し込めるローンも多いので、納得がいくまで探してみるといいでしょう。
 
 

金利は安い?審査は?

運転免許ローンの金利は、銀行の場合9%前後、信販会社の場合は13%前後となっています。銀行のほうが条件が良いですが、審査はその分厳しめとなっています。
 
限度額30万円で借りる場合、一般的なカードローンでは金利が14%~18%となっていますので、目的別ローンであることでかなり金利が優遇されていることがわかります。年利13%で30万円を借りて、1年かけて返済すれば利息は2万円程度がかかります。
 
基本的には事前に決めた方法で返済していくことになりますが、繰上げ返済ができる場合もあります。その場合手数料がとられるケースもあるので、あらかじめ契約内容をしっかりと確認しておきましょう。

 

項目 お金を借りる審査 項目 学生キャッシング

学生キャッシング~バイト収入はある?無収入で借入できる?未成年はOK?


学生がキャッシングを利用するための条件

学生がキャッシングを利用するための条件は、満20歳以上アルバイトをしていることです。
 
18歳、19歳の方に関しては、収入を得ていても借りることはできません。ローンを利用できる年齢は通常のキャッシングだけでなく、学生ローンに関しても満20歳からが基本です。
 
未成年でも保護者の同意ありで借りられるキャッシングも一部にありますが、これは親の信用力で借りているようなものです。いわば親が保証人役ですから、自分が借りたローンとは言いにくいです。自分の信用力だけを武器にして借りられるのは満20歳からです。
 
希望額に関しては、10万円をおすすめします。無難に返済できる利用枠は10万円なのです。その枠内の中で、数万円程度の借入に抑えておくのがコツです。
 
限度額50万円などと聞くと、沢山借りたくなるものですが、借りたものは返済する必要があります。借入額を抑えることは、返済する金額を抑えることでもあります。
 
審査に通過できないケースとして多いのは、希望額が大きすぎることです。初回融資では30万円といった高額融資には対応してくれないことが多いです。30万円を目標にしている方も、最初は10万円の借入に抑えておき、段階的に20万円、30万円と増枠してもらうのが理想です。
 
 

バイトしてないと借りることはできない

学生キャッシングは学生なら無条件で借りられると考えている方もいますが、借りるためには収入が必要です。これは保護者の同意の有無は関係なく、自分自身がバイトしてない状態では借りることはできません。
 
年収は決して高額である必要はありませんが、年収50万円と0円では大違いです。前者は10万円くらいの融資枠を得ることができますが、後者は1円も借りることはできません。
 
消費者金融、街金などのキャッシングは総量規制の対象となりますので、借入上限は年収により変わります。融資上限は年収の3分の1となるため、20万円借りるためには年収60万円必要です。年収が0円だと、その3分の1も0円になるので、1円も借りることができないわけです。高額収入は求められませんが、年収は50万円程度は欲しいところです。
 
事前にキャッシングWEBサイトの簡易審査を受けておき、現在の年収で借入可能か確かめておきましょう。融資額が少なくとも、それは悲観するべきことではありません。沢山借りられる方は高額融資を受けて、返済するときに大変になるケースが多いです。枠が少ないほど返済は容易であり、ローンで失敗するリスクも低くなるのです。
 
 

学生が即日融資を受けるコツは

学生が即日融資を受けたいときは、飲み会やコンパ、旅行などでお金が足りないときでしょう。予想外の出費に悩まされることは、意外と多いものです。
 
即日融資を受けるためには、審査は即日中に通過する必要があります。審査に丸一日かかるようでは、融資まではもっと時間がかかるのです。即日で借りるためには、審査にかける時間は2~3時間に抑えないと厳しいです。そのためには、無理のない計画的な借入をすることです。

人気ある学生ローン

・アイシーローン(未成年OK)
・マルイ
・アミーゴ
・イー・キャンパス
・カレッジ
・友林堂
・ベル
・学協
・トーエイ
 
これはキャッシング商品の謳い文句ですが、借りられない理由の多くは無理をした借入をしているからです。返済能力を超えた借入をしようとしても、絶対に借りることはできません。
 
10年前のキャッシングならば、返済能力以上の融資をしてくれるのが当たり前でした。元金を完済できなくても、利息で儲ければいいと考える業者が多かったのです。しかし、今のキャッシング業者は返済能力に見合った金額しか貸してくれません。
 
総量規制の範囲内だから、100%借りられるとは限らないのです。審査に通過するには、希望額は1万円でも少ないほうがいいです。
 
10万円は無理だけど、5万円なら融資可能だと業者側から言われる方もいるくらいです。必要額が5万円ならば、5万円で申し込むべきでしょう。

 

項目 学生キャッシング