銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

バイクや原付が欲しいのにお金が無い時の対処法とは?数10万円ならバイクローンよりキャッシング?


バイクや原付を買う際にかかる費用

バイクや原付は高校生であっても免許を取得することができることから人気が高く、地域によっては車に並ぶ通学・通勤の手段となってくれます。
 
しかしこうしたバイクなどを買うには当然ながら手元のお金が必要です。必要になる金額はそれぞれのケースによって変わってくるのですが、中古のバイクを購入するのでも数万円はかかることが多いでしょう。
 
加えてバイクは一度買った後ならもう無料で乗れるというものではありません。動かすのにはガソリンが必要ですし、公道を走行するには最低でも自賠責保険に加入しなくてはなりません。
 
この自賠責保険はそもそも加入しなくては公道走行が出来ないために全員が加入するのですが、もし原付ではないある程度の排気量を持つバイクを買う場合、万が一のことを考えて任意保険にも加入した方が良いでしょう。加えてメンテナンスにかかる費用などもあるということを考えると、欲しいと思ったその時にお金を用意できないということも多いものです。
 
では欲しいと思った時にお金を手早く調達するにはどうすれば良いかと言うと、最も手軽に早く調達できるのが借金です。この場合はバイクローンやキャッシングなど利用されることが多いのですが、必要に応じて方法を選べるようにしておきましょう。
 
 

ローンを利用して購入する際のポイント

ではまずバイクローンについて考えてみましょう。これはそれぞれのショップが金融機関などと提携することで提供している方法と言うことになります。この方法のメリットは購入するショップですぐに話をすることができるということです。
 
店頭に欲しいモデルがあったのであればそれを見ながら支払価格を確認していくことが出来ますので、利用する側としては安心感が強いでしょう。
 
ただその反面、デメリットとなるのが頭金が必要なこと、利率が高額になりやすいことです。まず頭金とは購入に際して支払う現金のことで、例えば30万円のモデルを買う際に10万円を先に支払ったというのであれば、その10万円が頭金だということになります。
 
これから利用する制度によっては頭金が絶対に必要となるとされることもありますから、いくら原付が欲しいと言っても手元に全くお金がないという場合には利用できない可能性が出てきてしまいます。
 
加えて利率に関しても高額になりやすく、特にショップ側がそれで利益を確保しようとしている場合、消費者金融などと同等程度の利率になることもあります。状況によってはやめた方が良いこともありますから、こうしたことは契約前にしっかり確認して損をしないようにしたいところです。
 
 

キャッシングで購入する場合

一般的にキャッシングでバイクや原付を購入するということはあまり行いたくないという人が多いのですが、実は先ほどのバイクローンのデメリットを考えると、キャッシングでもある程度のメリットがあります。
 
特に大きいのが手元に現金を用意できるため、ショップでの取引自体は現金一括払いが出来るということです。現金一括払いという支払い方はショップからすれば歓迎できることですから、それを理由として値引き交渉をすることもできます。
 
特にカードローンなどのタイプであれば分割払いで返済をしていくことが出来ますから、多額のお金を借りても計画的に分割返済をしていくことが可能です。
 
ただデメリットは無いのかと言うと、これはやはり利息が発生することでしょう。最高利率は借入額で異なりますが、10万円未満であれば20%、10~100万円であれば18%、100万円以上は15%となっています。
 
この最高利率で貸し付けがされるというケースはあまりありませんが、返済が長期化すると最終的に支払う利子が高額になってしまうこともありますので要注意です。ただ銀行からの借り入れであればその利率もかなり低くなる傾向がありますから、可能であれば銀行キャッシングなどを利用するようにしましょう。

 

項目 自動車ローン

低収入でもディーラーローン(信販ローン)を使えるが、銀行の自動車ローンに比べると金利高


低収入でもディーラーローンを借りることができます

自動車を購入するときに一括で現金払いをする人もいるかもしれませんが、自動車ローンとしてディーラーローンを活用する人も多いと言えます。
 
ディーラーローンとは、自動車販売店を経由する形で信販会社のローンを組むものとなります。自動車のディーラーが同時に融資のサービスを行っているわけではなく、契約先の信販会社から借り入れを行います。
 
自動車ローンとしては、銀行などのサービスも数多くありますが、審査が厳しいことや高収入でなければ融資が受けられないことが考えられます。
>>低金利の群馬銀行マイカーローンで車購入。私なりの返済遅延をしない工夫
 
一方で信販会社が提供しているローンであれば、低収入の方であっても自動車を購入するためのお金を借りることが可能になります。
 
 

ディーラーローンのシステムについて

銀行から融資を受けるときと比較して、ディーラーローンのほうが審査に通りやすいと言われています。
 
ディーラーとしては購入希望者がローンの審査に通らないと、自動車を販売できなくなってしまいますので、できるだけ審査に通過できるようにしてくれるという背景があると考えられます。
 
信販会社の自動車ローンの特徴としては、使用者としての本人名義となるだけで、所有者は信販会社の名義となります。万が一、利用者が返済できなくなった事態が起きたとしても、自動車を担保とすることによって貸し付けた資金の回収ができますので、信販会社としてもメリットがあります。
 
 

銀行の自動車ローンとの金利の差について

信販会社の自動車ローンを活用するときには、全てがメリットというわけではなく、注意点についても把握しておくことが大切です。
 
低収入の方がローンを組めることは大きなメリットになりますが、銀行が行っている自動車ローンと比べると金利の面で5%近くの差がある場合も考えられます。
 
金利に関しては1%の差があるだけでも、返済金額としては大きな違いが発生しますので、借り入れを行う前にどの程度の返済をしなければならないのか計算しておくことがおすすめです。
 
毎月における返済可能な金額を把握しておいて、ローンを組むことが大切で、さらに自動車を購入する上で維持費についても計算しておけばなければなりません。

 

項目 自動車ローン

低金利の群馬銀行マイカーローンで車購入。私なりの返済遅延をしない工夫


群馬銀行マイカーローンの特徴

群馬銀行は給与振り込みと公共料金の引き落としをしている銀行です。
 
それについてはいわゆる「長い付き合いの銀行」なのですが、マイカーを購入する時期には引越したばかりという、ちょっとネガティブな要素もありました。給与振り込みをしている銀行であれば、そういったネガティブな要素があっても、ある程度こちらの経済状態も判断してもらえるのではないかという期待感がありました。
 
そこで群馬銀行のマイカーローンで検討しました。
 
話を聞いてみるとマイカーローンは「給与受取をご利用」「住宅ローンをご利用中」.「ぐんまちょい得キッズパスポート所有」「エコカー購入」のいづれかに該当すれば-0.2%。
 
インターネットバンキングを契約中であれば-0.1%、GBドリームプラスカードの契約中もしくは同時申込で-0.1%、「クイック申し込みサービス」で仮審査をすれば-0.1%の金利の優遇があり、最大で-0.5%の金利優遇があるとのこと。
 
しかも車種を決めていなくても融資予約が可能です。車から決めるのではなく、融資に応じて車種を決定することもできます。もともと低金利から検討した群馬銀行のマイカーローンですが、自分にとっては大変利用しやすいものでした。
 
 

群馬銀行のカードローンもマイカーローンと合わせて申し込む

車以外にカーナビやタイヤといったものまで組み込むことができるのも助かります。
 
基本的には年3.85%で変動金利の保証料不要。そこからさらに-0.5%の優遇が期待できるのですから、かなりの低金利です。この優遇条件の中でGBドリームプラスカードだけは持っていませんでした。
 
これを機会に作ることにすれば、最大の優遇です。キャッシング機能も付いていますので、もし支払いが苦しいような時でも、当座そちらから支払いをしてその後返済するということにすれば、どちらに対しても返済遅延をするようなことはなくなります。返済遅延は返済遅延利息が高いばかりでなく、信用問題にもなります。
 
今のご時世、ローンが組めなくなったりカードが使えなくなるのは大変不便です。将来的に家も買う予定もあり、信用情報に傷がつくようなことは避けなければなりません。それでも何があるのか分からないような世の中ですから、そういったことも考えて不測の事態に備えておくことは大切だろうと考えています。
 
一つの銀行と付き合って信用を積み重ねてゆくことも、後々を有利にするでしょう。マイカーローンは車販売店からも勧められていましたが、群馬銀行のマイカーローンの方がはるかに条件は良く、信用の構築し甲斐もあります。とにかく返済遅延には気をつけます。
 
(体験談)

 

体験談 項目 自動車ローン

自動車ローンは絶対に保証人は必要となる?安価な中古車だとフリーローンが便利だね


自動車ローン組みたいのに保証人がいない

自動車のような大きな買い物をする際に、ローンを組んで購入するというとこは一般的に行われている事です。
 
特に自動車ローンを組んで自動車を購入するという方は非常に多く、自動車を買う際に自動車ローンを利用するのは当たり前になってきています。まとまったお金を用意せずに自動車を購入できるので自動車ローンは便利なのですが、ほとんどの場合自動車ローンを組むためには事前の審査と保証人の存在が必要になります。
 
この保証人は購入者本人が借りたお金を返済できなくなった際に代わりに返済する義務を負い、自動車ローンサービスを実施している消費者金融や銀行が借金の返済を請求できる事になっています。
 
保証人になれる人物としてはローンを組む人物と近しい関係で経済的にも返済能力がある人間が選ばれることが多いです。
 
自動車の購入者本人がローンを返済出来なくなってしまった場合、消費者金融や銀行は借金を代わりに保証できる人物に本来自動車を購入した人間が支払うべき借金を請求できる権利を持ち、保証すると契約した人間にはその金額を支払う義務が課されるのです。
 
自動車ローンの審査の際には本人の経済力だけでなく、この返済を保証する人物についても審査が行われます
 
 

なぜ保証できる人物を用意するのか

自動車ローンの契約の際になぜこのように保証するための人物を用意しなければならないかと言えば、一番の理由は本人が借金の返済が出来なくなった際にしっかりお金を確保できるようにするためという点が挙げられるでしょう。
 
消費者金融や銀行は借金が回収できなくなる事を避けるために審査の段階で様々な可能性を考慮するのですが、特に重視するのがローンを組む人物の経済力と返済能力で、これが高ければ高いほど借りられる金額が多くなり、返済期間も余裕をもって設定できるようになるのです。
 
消費者金融や銀行は長い期間貸付業務を行っているので審査の段階でその人物の返済能力をある程度推測することができますが、とても高い返済能力をもっている相手であっても不測の事態などで返済が出来なくなってしまうなんてこともありえます。
 
そのため本人以外で返済を行える人物を用意して何かあった際に請求できる状態にしておくようにしているわけです。
 
ただし自動車購入時のローンに関してはその自動車自体が担保にでき、返済が滞った場合は自動車を徴取できるため、他のローンと比べると借金を代わりに保証する人物に関してはそれほど厳しく規定されているわけではありません。
 
 

保証人が用意できない場合の自動車ローンについて

自動車をローンで購入したいが、借金の返済を代わりにしてくれる人物を見つける事が出来ない場合、そういった人物が不要なローンサービスとしてカードローンやフリーローンと呼ばれるものがあります。
 
このカードローンやフリーローンと呼ばれるサービスは借入を行う本人の現在の経済状況やこれまでの金融機関の利用履歴などの情報から借りられる金額を決めるようになっているため、この決められた金額内であれば、借金を代わりに返済できる人物不要で自由にお金を借りる事が可能です。
 
借りやすい分自動車ローンに比べて返済時にかかる金利が高くなる場合が多いです。しかしこれらのサービスは保証人が不要な場合もあり、借金を代わりに返済できる人物が用意できない場合に利用する選択肢として期待できます。
 
もちろん返済を保証できる人物が不要な分事前に行われる審査も厳しくなりがちです。
 
借金を保証できる人物が用意できない方がローンを組むためのサービスとして、これらフリーローンやカードローンを利用する以外に利用できるものとして、保証人協会を利用するという手段もあります。この協会ではローンの申し込みに必要な本人の代わりに保証できる人物を斡旋してくれるサービスです。

 

項目 自動車ローン