銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

お金を借りる際の「金利」とは~複利計算であることは大事


スポンサーリンク

借金返済時には利息が請求される

現在では様々なところでお金を借りることが出来るようになりましたが、この際に必ず理解していなくてはならないのが「事業者からお金を借りるのであれば利息が発生する」ということです。
 
個人間の貸し借りであれば無利息でお金を借りられることもあるでしょうが、事業者と契約をするのであればそう言うわけにはいきません。
>>個人でお金を借りる時の上限金利は?109.5%それとも20.0%~個人間融資の掲示板には注意せよ
 
事業は利益を得られなくては存続していくことができませんし、貸したお金がただ返ってきたというだけなのであればそれはリスクを負うだけの意味の無い行為です。こうしたことを考えると利息は絶対に請求されるものであり、返済の際にはその利息も含めて返していかなくてはならないということになるのです。
 
このことは基本中の基本ではありますが、だからこそ常に忘れないようにしましょう。
 
 

利息の金額を決める金利とは

この利息という部分を考えるにあたって必ず出てくる単語となっているのが金利です。これは元本、つまり最初に借り入れた金額に対して事前に提示された割合で計算していくことになります。
 
しかし一般的には元本+利息の金額に対して金利をかける複利法で利息が発生することになりますから、単純に「元本×金利の金額を返済すれば良い」ということにはならないということに注意が必要です。
 
複利の恐ろしいところは利息にも利息が発生するというところであり、返済が滞るとどんどん最終的な返済額が膨らんでいくことになります。
 
この点は借金の最も恐ろしいところであると言っても過言ではありませんから、お金を借りる際には必ず利息が発生すること、そして放置すると凄まじい額にまで膨れ上がることを理解しましょう。
 
 

借金をするなら利息が少ないに越したことは無い

さて、基本的に借金は利息が少ないに越したことはありません。借入額が100万円でも法外な利息が請求されて1億円を返さなくてはならないということになれば、それは借金を意味が無いということになるでしょう。
 
実際には手元に資金が無い時に資金を調達できる時点で無意味ではないのですが、最終的な負担との釣り合いが取れていないのであれば借りない方が良いのです。
 
こうした利息を定める金利については必ず契約をする前に説明がされることとなります。そのため説明を受ける際には真剣にその内容を確認し、自分が今後どれくらいの金額を返していくことになるのかということについてイメージをしておく必要があるわけです。後になってから返すことが出来なくなることの無いよう、事前にしっかり確認しましょう。

 

項目 返済

債務整理後はお金が借りられなくなる?自己破産の場合は7年間の新規借入は無理


スポンサーリンク

債務整理をするとお金が借りられなくなる

お金は現代の社会を生きる上でほぼ必須のものとなっていますが、常に十分な金額が手元にあるという人はそこまで多くありません。
 
自動車や住宅といった高額な商品を購入したり、また子どもの進学費用などでまとまった資金が必要になることは少なくありません。そうした際には借金をすることになるのですが、しかしこれを行う際にはそれが法律上の義務を負うことだとして理解をしなくてはならないでしょう。
 
もしその義務(返済)が果たせなくなったのであれば、その人は強制執行、差し押さえなどの対象になってしまいます。
>>家族が勝手にローンカードを使ってお金を借りた場合、名義人に返済義務はある?
 
そうした状況を解決するための方法が債務整理なのですが、しかしこれを行うと今後しばらく新たにお金を借りることが出来なくなるということは忘れずに考えておかなくてはならないでしょう。
 
 

債務を整理するということの意味

さて、とはいえ債務整理という方法は違法なものではないということは最初にしっかりと理解が必要です。この点に関して誤解をしている人は多く、まるでこれを行うと本来の権利が侵害されるのではと考えている人もいます。
 
ですが自己破産にしろ任意整理にしろ、その方法は法律で認められているわけですから、一部の権利停止を除いて何らかの権利が侵害されることはあり得ないことです。
 
ではどうして新たな借り入れが出来なくなるのかというと、これは「債務整理をした」という事実がある以上、その人がまた返済をしてくれなくなる可能性があるからです。
 
事業としてお金を貸している貸金業者などは利息を付けて返済がされて初めて利益が出るわけですから、その利益を出せない可能性がある人には貸したくないのです。
 
 

時間が経てばまた借りられるようになる

利益を出せない顧客に対して貸し付けをしたいと考える事業者はまずいませんから債務整理をすると新たな借り入れが出来なくなるわけですが、しかしこの借り入れが出来ない期間は一生続くわけではありません。
 
自分が選んだ方法にもよりますが、最も大きな問題になる自己破産をした場合でも、その後7年ほどが経過すれば再び借り入れが出来るようになる可能性があります
 
その他の方法でも一定期間が経過すれば再び借り入れをできるようになるわけですから、もし返済が難しい状態になってしまったのであれば一度債務を減額してもらったり、免除してもらったりした方が良いわけです。
 
もちろん最も良いのは最初から返済できる額を借り入れることですが、もし返済が不可能になってしまった場合には弁護士などに相談しましょう。
 
(参考)弁護士法人アディーレ法律事務所
http://www.adire.jp/

 

タグ :

コラム 項目 返済

50万円お金を借りる場合の返済方法は元金方式と元利方式のどっちがいいの?


スポンサーリンク

返済回数と利息の関係

カードローンやクレジットカードでお金を借りると、毎月元金の他に金利という手数料が発生します。この金利が金融機関の儲けとなっている部分であり、金利が高ければ高いほど借りる側の負担は大きくなります。
 
例えば50万円という金額で年利18%の場合、1年間で50万円の18%が金利として請求されます。単純に計算すると9万円になりますが、実際には毎月少しずつ元金は減っていくので、返済後すぐに借り入れをしない限りもっと少なくなります。
 
早いうちに返済を進めていけば金利はそれほどかかりませんが、長期になればなるほど負担が大きくなってきます。
 
 

リボ払いの支払い方法

支払い方法にはいくつか種類があります。元金を一定額に、利息をプラスした元金方式。この場合、元金が1万円だったら1万プラス利息となります。
 
また、支払額を一定にし、その中に元金と利息を含めた元利方式。1万円の支払額の中に元金と利息が含まれます。つまり元金は利息を引いた金額ずつ減っていきます。
 
また、支払額の決定にも2種類あります。定率定額です。
 
定率とは残高の何%という形で金額が決まります。定額とは文字通り金額が指定されているものです。契約しているローンによって支払い方法が違っています。元利方式より元金方式のほうが元金の減りがわかりやすくなっています。
 
 

最初が減りにくい返済

支払い方法が元利定額方式の場合、支払い始めの元金への充当額が少なく、なかなか元金が減りません。つまり最初の返済を多めに返していくことで、将来的に支払わなければならない利息を大幅にカットすることができるようになります。
 
多くのカードローンやキャッシングは随時返していくことができます。もちろん年利18%は例えなので、もっと良い条件で借りることができる場合もあります。
 
特に銀行や信用金庫の提供しているローンは審査が厳しいかわりに、利息負担がとても小さいものとなっています。50万円程度でしたらそこまで無理をしなくても返すことができますが、使いすぎて雪ダルマ式に借金が増えないように気をつけなくてはなりません。
>>お金を借りるなら収入証明不要の三菱東京UFJ銀行カードローン

 

項目 返済

家族が勝手にローンカードを使ってお金を借りた場合、名義人に返済義務はある?


スポンサーリンク

借金と名義の関係について

消費者金融などの金融機関でカードローンを組んだり、キャッシングをしてお金を借りることができますが、返済が計画的にできなかったりなどのトラブルがあります。
 
こういったトラブルとは別に、自分名義のカードを家族が勝手に使ってしまい問題になることがあるようです。親が子供のカードを使用して無断で借金をしてしまうケースが発生しています。
 
この場合、子供側がまず確認しなければいけないのは、親が勝手にカードを利用したかどうかという事実をきちんと確認することです。この事実確認を取ることで、その後の対応策を選ぶことができます。
 
無断使用の事実があるにも関わらず、それを認めない場合には、弁護士に相談するなどの対応も必要となります。
 
 

自分名義でつくられた借金の支払い義務

親などの家族が無断でクレジットカードなどを使って借金をつくってしまった場合、支払いの責任は誰が負うことになるのでしょうか。
 
一般的に考えると、カードの名義になっている人に支払いの義務が生じるように考えられますが、この場合の支払い義務は勝手に借金をつくった人にあります。自身のものではないカードを使用してお金を借りること自体が違法行為に該当するので、勝手につくられた負債を支払う必要はありません。
 
しかし、その事実を認めてもらうにはいくつかの条件をクリアする必要があります。具体的には、金融機関に対して自身に知らない所でカードが使用されたこと、無断使用した人がその事実を認めることが重要です。
 
 

名義はそのままで返済を行うケース

親子の間で無断のカード使用があった場合、無断使用者に対して法的措置を取り支払い義務の手続きを踏ませるのは、手間と経費がかかります。
 
家族間でこういったトラブルが起こった場合、基本的には名義はそのままで、負債を返済するという形で落ち着くことが多いようです。
 
いずれにしても、カードの管理が大切で、トラブルを招かないためにもカードの管理をきちんとしましょう。家族であっても、目に届かない所に置いておくなどの対処が必要なこともあります。
 
また金融機関に対して、親族が来ても断るようにお願いすることもできます。家族間の信頼などが関わる難しい問題ですが、トラブルが起こってしまった場合にはしっかりと話し合いをすることが重要です。

 

コラム 項目 返済

カードの引き落とし日に口座の残高不足でカード会社より電話があった


スポンサーリンク

カード会社から支払い延滞の電話が

給料日に合わせ毎月25日が銀行口座からのカードの引き落とし日となっているのですが、今月は出費がかさんだため残高不足となり、引き落としができませんでした。月末で仕事が忙しいこともあり、対処しないままでいたところ、カード会社より支払い延滞についての電話連絡がありました。
 
電話はコールセンターからのものであり、オペレーターの女性からの丁寧な感じのものでした。こちらからも連絡をしなければと思っていた矢先でもあったので、そのことについて詫びを入れ支払いについて相談したところ、翌月5日に再度引き落としがあるので、その日までに間違いなく口座に入金をお願いしますとのことでした。
 
但し、5日の引き落としが確認されるまではカードは利用できなくなるようでした。
 
ただ、お金は直ぐに用意できる状態であったので振り込みたいと申し出たところ、振込先を教えてくれ、その後に5日には再引き落としが自動的にかかるので、5日に今回の支払額以上の残金がないように注意してほしいと話がありました。
 
今回は、私の不注意により支払い延滞をしてしました。突然のカード会社からの電話で若干あわてましたが、当日中に振り込むことで事なきえました。
 
 

支払い延滞した場合の対処法はどうするか

今回の支払い延滞は、ついうっかりということで済みましたが、カード会社から電話があった場合の対処法は、どのようにするのが良いのでしょうか。
 
まず、一番良い対処法は、カード会社から連絡がある前に、こちらから連絡をいれることです。カード会社の立場になればよくわかるのですが、カード会社が一番困るのは顧客と連絡が取れなくなることです。連絡さえ取れていれば、例え直ぐに返済できない状態であったとしても、顧客と返済について話し合うことができます。
 
それを顧客のほうから連絡すればカード会社は安心します。当然、印象も異なってきます。
 
次に、カード会社から先に電話があった場合には、正直にいつなら支払えるのかを話すことです。その場しのぎで、3日後に支払うと約束しておきながら、実際には支払えなかったとすると著しく信用を無くします。逆の立場で考えてもわかります。間違いなく支払える期日を明確にしておくことです。
 
カード会社としても、債務整理などを申請されることは避けたいわけですから、支払いが厳しい場合には相談にのってくれます。常習的に支払い延滞がある場合は別として、通常であれば、次の給料日までとか、ある程度の期間であれば待ってくれるはずです。
 
(体験談)

 

体験談 項目 返済