銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

経営セーフティ共済でお金を積立てる~国民年金の自営業者が老後に貰えるお金は月6万円




スポンサーリンク

自営業者のセーフティーネット

自営業者は国民年金ですので、老後にもらえるお金は月に6万円程度しかありません。
 
また、給与所得者のように雇用保険に加入していませんので、事業に失敗すると完全に収入が途絶えるリスクがあります。正社員のように退職したら退職金がもらえるということもありません。
 
自営業者のセーフティーネットとして、経営セーフティ共済という制度があります。別名「中小企業倒産防止共済制度」とも呼ばれ、中小企業のための共済制度ですが、個人事業主でも加入することができます。
 
参考URL:
http://www.smrj.go.jp/tkyosai/
 
経営セーフティ共済に加入していると、取引先事業者が倒産したことにより回収が困難となった被害額を、積み立てた金額の最大10倍まで無利子で借りることができます。このように、基本的には中小企業の連鎖倒産を防ぐための制度です。
 
 

自営業者の退職金として

経営セーフティ共済は基本的には取引先企業が倒産したときに無利子で借金ができる、連鎖倒産を防ぐための制度ですが、退職金として利用している人も多いです。
 
毎月5千円から20万円までの範囲で自由にお金を積み立てることができ、最大で800万円まで積み立てることができます。掛け金は税法上、法人の場合は損金に、個人事業主の場合は必要経費にすることができますので節税のために使うこともできます。
 
そして、12ヶ月以上掛け金を支払ってから解約すると、解約手当金が支払われます。40ヶ月以上掛け金を納付していると、100%の解約手当金を受け取ることができます。
 
例えばそれまで合計500万円を積み立てていたとしたら、全額の500万円を解約手当金として受け取ることができ、退職金のかわりになります。
 
 

経営セーフティ共済の注意点

このように退職金として利用できる経営セーフティ共済ですが、注意点もあります。
 
まず、12ヶ月未満で解約した場合には、解約手当金がゼロなので、それまで積み立てたお金はいっさい戻ってきません。また、12ヶ月以上加入していても、掛け金の納付月数が40ヶ月に満たない場合は、解約手当金は積立金合計金額に80%~95%を掛けた金額になります。
 
また、40ヶ月以上加入していても、掛け金の滞納や不正行為などの理由で機構から解約された場合には、機能解約となって95%しか戻ってきません。このようなデメリットもあることを理解しておきましょう。
 
解約手当金は、法人の場合は益金に、個人の場合は収入となるので税金はとられます。事業で損失が出た年に解約をして利益にするといった利用方法もあります。

 

コラム 項目 税金・年金

無借金経営の審査への影響~借入&返済実績のある方が審査には可決し易いの?




スポンサーリンク

無借金経営はビジネスローン審査で不利?

無借金経営をしてきた経営者の方のほとんどは、今まで融資に頼らずに健全な経営をしてきたのだから審査で不利になるはずがないと思っていることだと思います。
 
ビジネスローン審査では、フリーキャッシュフロー他社からの借入状況が重要になります。
 
無借金経営の人は、フリーキャッシュフロー、つまりは利益が十分に出ていて融資に頼る必要がないということですから、高額の融資を受けられる可能性が高くなります。しかし、必ずしもお金を借りることなく経営をしていくことが良いことであるとは限りません。
 
新しいことに挑戦して事業を拡大するにはコストがかかります。新しい設備を導入する、新しい人材を採用して育成するのも同様です。手持ちの資金でできる範囲にこだわっていると、同業他社に差をつけられることになるでしょう。
 
 

ビジネスローン審査でマイナスになる理由

ビジネスローン審査では、フリーキャッシュフローと他社からの借入状況の他に、過去の返済実績も見られます。「他社からの借入を延滞せずにきちんと返済を続けた」、「他社からの借入をきちんと完済した」という実績が重要なポイントとなってきます。
 
無借金経営の会社の場合、この実績がないので、「きちんと延滞せずに払ってもらえるだろうか」という疑いをもたれてしまいます。
 
また、それまでお金を借りたことがなかった会社が急にお金を借りたいと言い出したとなると、「経営が傾いているのではないか」という疑問ももたれてしまうでしょう。
 
銀行から融資を受けて、マイナスにならないように資金操りをするにはノウハウやテクニックが必要になってきます。その経験がない会社に融資をするというのは、経験豊富な会社への融資に比べるとリスクが高いと考える担当者もいるでしょう。
 
 

少しずつ実績を積んでいく

このように、無借金経営は必ずしもプラスの評価になるとは限りません。
 
ビジネスローンが利用できない場合には、公的融資や銀行融資などで少額の融資を受けて、延滞をせずにきちんと返済していくという実績を作っていくことが有効です。
 
銀行融資などを利用する時の注意点ですが、金融機関は返済の実績だけでなく、完済の実績も高く評価します。返済をしたらまたすぐ追加融資を受けるということを繰り返していつまでも完済できない状態が続くというのも好ましくありません。追加融資を受ける時は、なるべく前に借りたお金を完済してからにするようにしましょう。
 
個人事業主の場合は、法人カードでキャッシングの実績を作るという方法も有効です。少しずつ実績を積んでいくことで、ビジネスローンを有利な条件で借りられるようになっていきます。

 

項目 ビジネスローン

中央ろうきんカードローンは低金利~消費者金融や銀行カードローンと違って未成年の借入も可能




スポンサーリンク

中央ろうきんカードローンの特徴について

車の修理費や家のリフォーム代など、思いもしないお金が必要になることはよくあります。普段から何があっても大丈夫なように、しっかり貯金をしていれば安心ですが、なかなか貯金ができないという人はカードローンを利用する方法もあります。
 
最近はいろんな金融機関でローン商品を扱っているので、自分の収入にあわせて借りることができます。
 
金融機関から借金をすれば、当然返済しなければいけませんが、できるだけ金利が低い所に申込むと返済が楽になります。金利が低い金融機関というと、銀行や信用金庫がありますが、労働組合員ならば労働金庫に申込むといいでしょう。労働金庫は営利を目的としていないので、かなり利息が低くなっていて返しやすいです。
 
(参考)全国労働金庫協会
http://all.rokin.or.jp/
 
労働組合の会員でなくても利用できるので、気軽に申込んでみてください。
 
中央ろうきんカードローンは、関東に住んでいるか、勤務先がある人なら誰でも利用できます。一般の人でも利用できますが、労働組合員や公務員ならばさらに利息が低くなります。
 
インターネットから申込めるので、忙しい人にはとても助かります。申込むと仮審査がおこなわれそれに通ると、営業店から本人確認の連絡がきて、本審査に通ると利用可能になります。
 
 

中央ろうきんは18歳以上から申込める

未成年だとお金を借りたくてもなかなか貸してくれる金融機関は少ないです。消費者金融ではほとんどが20歳以上からしか申込めないので、どんなに収入があっても申込むことはできません。
 
学生でアルバイトなどで収入があり18歳以上ならば、学生ローンなら融資をしてくれる所もありますが、学生であることが条件になるので、学生でない人は借りることができせん。
 
中央ろうきんは未成年でも18歳以上ならば、申込むことができます。
 
ただし同じ職場に1年以上勤務していることが条件になります。給与所得でない自営業者などは、3年以上の実績が必要になるのでよく確認してから申し込みましょう。前年度の年収も150万円以上あることが条件になるので、アルバイトやパートであまり収入が多くない人は申込んでも融資を断られてしまいます。
 
カードローンは限度額内ならば、何度でもキャッシングができるので便利ですが、限度額が低いと思うような借入ができなくなります。消費者金融などは総量規制のある関係で、どうしても収入の少ない人は限度額も低くなってしまいます。中央ろうきんは限度額も500万円と高額なので、ゆとりを持った借入ができます。
 
しかし団体会員以外は限度額は100万円となるので注意が必要です。
 
 

中央ろうきんのATM利用時の手数料について

最近はわざわざ店舗まで行かなくても、キャシングできるカードさえ作っておけば、コンビニATMから借入や返済ができるのでとても便利です。しかし頻繁にATMを利用する人は、手数料がかかると余計な費用がかかってしまいます。キャシングを利用する場合は、できるだけATM手数料がかからない所を利用するとお得です。
 
中央ろうきんは、全国の提携金融機関のATMやコンビニATMを利用できますが、ATM引き出し手数料はキャッシュバックされるので、余計な費用がかからずとても助かります。
 
中央ろうきんカードローンは、金利が低いだけでなく優良施設の割引サービスが受けられるのも人気のある理由でしょう。中央ろうきんは気軽にインターネットから申込めますが、申し込めば誰でも審査に通るというわけではありません。
 
今までに返済遅延や他社からの借入が多いと、審査に落とされることになります。どうしてもお金を借りたいからと、他社の借入や債務整理をしたことを隠して申告する人もいますが、信用情報機関で履歴を調べるので、嘘がバレてしまいます。
 
中央ろうきんは、組合員に所属しているなどもしっかり調べ、審査には時間がかかるので余裕をもって申込むことが大事です。

 

タグ :

項目 お金を借りる

失業保険受給中のカードローン審査は通らない?配偶者に収入があればお金を借りれますが、基本は無職と同じ




スポンサーリンク

失業保険中のカードローン

不況が続く中、長年勤めた会社をリストラにあって退職することになったという人は多いです。給与所得者なら、雇用保険に加入しているので、失業してもすぐに無収入にはなりません。3ヶ月~1年間は失業給付を受けることができます。
 
失業給付でもらえる金額は、働いていた頃の給与の50%~80%程度です。もらえる金額は年齢や収入によって変わってきます。このように収入は確実に減少するので、失業保険中にお金を借りる必要に迫られる人もいます。
 
失業保険中にカードローンで借金をすることは、かなり難しいです。退職することが決まったら、とりあえずクレジットカードを作っておくという人は多いですが、失業するとクレジットカードの審査に通らないからです。
 
会社を退職することが決まったら、念のためにカードローンを1枚作っておくとよいかもしれません。ローンの審査に申し込むと、会社に在籍確認の電話がかかってくるので、退職が決まっているのに会社に電話がかけられるのは嫌だという人がいますが、在籍確認の電話では基本的に担当者の個人名で電話がかけられますので会社にバレる心配はほとんどありません。
 
もし職場の人に怪しまれても、クレジットカードの審査に申し込んだとでも言っておけば、それ以上は怪しまれません。
 
 

なぜ失業保険中は借りられない?

なぜ失業保険中は審査に通らないかというと、「無職」として扱われるからです。失業保険中には失業給付金という収入があると主張する人はいますが、残念ながら失業給付を収入としてみてくれる金融機関はほぼありません。
 
失業給付が受けられる期間は、3ヶ月~1年間という短い期間です。その期間が過ぎたら完全に無収入になって借金が返せなくなる人にお金を貸そうとは普通思いません。
 
年金受給者の場合には、将来にわたって継続して年金を受給できることが約束されています。しかしそれでも、年金受給者にお金を貸してくれる金融機関は少ないのが現実です。たとえ借りられても限度額10万円~30万円程度の少額になります。
 
年金受給者ですらそれなのですから、最短で3ヶ月後には収入が無くなってしまう失業保険中ではお金が借りられないことは想像に難しくありません。
>>東京スター銀行からのお金の借り方~専業主婦や年金生活者でも借入は可能
 
また、消費者金融などの貸金業者でお金を借りる場合には、総量規制がかかります。総量規制とは、「年収の3分の1を超える貸付ができない」という規制です。失業給付は年収のうちにはいりませんから、無収入ということになり、たとえ1円でも消費者金融から借りることはできないということになります。
 
 

失業保険中にカードローンを作る方法

失業保険中でも、アルバイトなどで一定の収入があればキャッシングが利用できる可能性があります。その場合には、失業保険を受けながらアルバイトをしているということは言わないようにしましょう。
 
金融機関はアルバイトでも、継続的に収入が見込めるならば融資をしてくれますが、失業保険を受けながら片手間でアルバイトをしていると思われると印象が良くありません。たとえ収入が低くてもそのアルバイトをずっと続けていく人のほうが、安心して融資をすることができます。
 
また、無職でも配偶者が働いていたり、保護者が保証人になってくれるなら、融資を受けられるケースがあります。その場合は、配偶者や保護者の収入をあてにして融資をしてくれることになります。専業主婦ならば銀行の専業主婦ローンに申し込める可能性もあります。
>>専業主婦がキャッシングするなら総量規制外の銀行カードローン
 
また、希望の仕事が見つかって仕事に就いたとしても、最低でも3ヶ月は働かないと金融機関の審査には通りません。勤続年数は1年以上が理想になります。仕事が見つかったとしてもしばらくはクレジットカードやカードローンは作れませんし、作れたとしても金利などの条件は悪くなるので、なるべく働いているうちに条件の良いカードを1枚は作っておくことをお勧めします。

 

項目 お金を借りる審査

お金を借りるときの嘘は厳禁~他社借入件数、借金総額、勤続年数、年収など




スポンサーリンク

金融機関を騙すことはできない

人間、生きていれば嘘をつかなければならないこともあります。それで人間関係がうまくいったり、組織が円滑になったりすることもあり、「嘘も方便」などと言われることもあります。
 
しかし借金の申し込みをするときには、絶対に嘘はつかないようにするべきでしょう。嘘をつく目的は何でしょうか。それはおそらく審査に通りにくい人が、何とかして通りやすくしようと考えるからではないでしょうか。
>>銀行でキャッシングする時、銀行カードローンの審査基準は?~消費者金融はお金を借りやすいの?
 
例えば、勤続年数が短くて不安だという人もいるでしょうし、収入が少なくて落ちるかも知れないと感じることもあるでしょう。他社借り入れが多い人なら、ほかから借りていないことにして申告しようと考えるかも知れません。
>>他社借入の多い人はおまとめローンを利用すればいい
 
このような不安のある人が、嘘をついて申告をすれば、審査に通りやすくなるのではないかと考えるのはごく自然なことです。しかし、金融機関はお金のプロですから、いろいろな方法で調査(審査)を行います。結論として、普通の人が金融機関をだますことは難しいと考えておいた方が良いです。
 
金融機関は、滞納や踏み倒しが頻繁に行われてしまうと倒産してしまう可能性さえあるのですから、本気で調査を行います。普通の人にはまず騙しきることはできません。
>>債務整理後はお金が借りられなくなる?自己破産の場合は7年間の新規借入は無理
 
 

勤続年数の嘘がばれるケース

例えば勤続年数が数ヶ月しかない人が、1年として申し込みをしてバレたケースがあります。その人は、以前に勤めていた会社を辞めてから転職活動を行い、転職して、お金を借りる審査をしました。
 
通常、クレジットカードやローンカードを利用していれば、転職したときに、そのことをカード会社に連絡するのが普通です。
 
この情報は信用情報として登録され、ほかの金融機関にも知られることになります。これが原因でバレてしまい、審査に落ちてしまったのです。
 
ほかの例として、収入証明書でバレたケースもあります。たくさん借りようと思えば収入証明書の提出が必要となります。そのために源泉徴収票や納税証明書などを提出すると、前年の収入を知られてしまうことになります。
>>消費者金融でお金を借りる時は収入証明書は不要?
 
勤続年数を2年以上に設定していれば、少なくとも前年は1年間にわたって収入があるはずですから、そこそこの金額になるでしょう。それにもかかわらず、あまりにも年収が低いと、前年はあまり働いていなかったということが知られてしまうでしょう。
 
このようにいろいろなケースがありますから、騙しきることはなかなか難しいことなのです。嘘をついた時点で審査ではマイナスになりますから、正直に改訂おいた方が良いケースは多いです。
 
 

他社借り入れの嘘がバレるケース

他社借り入れがあると、借りるのは難しくなります。これは普通に考えても分かることでしょう。ですから、本当は他社借り入れがあるにもかかわらず、他社借入はないとして申し込みをする人もいるそうです。しかし、これは100%バレます。
 
法律が関係しているからです。現在、貸金業法には総量規制が定められています。貸金業者から借り入れをした金額の合計が、年収の3分の1を超えてはならないというのが総量規制です。合計ですから、他社借り入れとの合算です。
 
消費者金融がこれを知るために、全国の金融機関に電話をかけて確認するのは不可能です。それが可能になるように法律が運用されています。具体的には、信用情報として借り入れの状況が登録されていて、貸金業者はその情報を知ることができます。
 
つまり、他社借り入れはわざわざ申告をしなくても、業者側は調べることが出来るのです。金融業界の情報の流通は、割としっかりしています。
 
また、全く別の金融機関だと思っていても系列関係にあったり、あるいは保証業務を通して提携していることもあって、このような場合には系列や提携とともに情報は流通していると考えた方が良いでしょう。ですから、騙しきることは難しいのです。

 

タグ :

項目 お金を借りる審査

海外でお金をお得に借りる方法~クレジットカードのキャッシング枠での借入は便利である




スポンサーリンク

海外でも貸してくれるカードローン

海外で滞在中にお金がピンチになったらとても困ります。だからといって大量の現金を持ち歩くのも不安です。日本国内なら使い勝手がわかっていますが、海外では急にお金が必要になったときのことも想定しておかないと、トラブルが起きてしまうかもしれません。
 
今の時代、海外からでもインターネットに接続できますので、いざとなったら日本のカードローンでお金を借りればいいと思っている人はいます。インターネットで完結するカードローンならば可能な気もします。
 
しかし、日本の消費者金融では、日本に住所がある人向けにしか融資をしていません。転勤などで海外に長期滞在している人では申し込みは無理です。
 
普段は日本に住んでいるが、海外旅行などで一時的に海外に来ているという事情なら、可能です。その場合も運転免許証などの必要書類を持っていることが前提になります。
 
しかし、海外で新規でお金を借りるとなると、海外までカードを送ってもらうわけにもいきませんし、送ってもらってもATMがないので使えません。銀行振込みしかないわけですが、海外に口座を持っている人限定になります。口座を持っていても、海外口座への振込みに対応しているかという問題もあります。
 
 

海外での利用なら信販系カードローンがお勧め?

このように、海外に滞在中は新規でお金を借りることは不可能に近いです。そこで、最後の砦となるのが信販系クレジットカードです。
 
信販系のクレジットカードというのは世界共通であり、海外で買い物をするときに利用している人も多いです。クレジットカードにはキャッシング枠がついていることも多いですが、これをカードローンと同じように使うことが出来ます。
 
ただし、手数料がとられたり金利の計算方法が変わってきたりすることがあるので、あらかじめ信販会社に確認しておくことが大切です。
 
実は、信販系クレジットカードには他にもメリットがあります。日本円を海外通貨に交換するとき、結構高い手数料がとられることがあります。それに比べて、クレジットカードでショッピングをしたり、キャッシングを利用したりすると、かなりお得に海外での生活や買い物ができたりするのです。
 
従って、海外では信販系のクレジットカードを利用するのがお勧めです。海外ではまったく現金を持たずに、クレジットカードだけでやりくりしている人もたくさんいるくらいです。海外に行く前に、一時的に利用枠を増額してもらえることもできますので、クレジット会社に相談してみるとよいでしょう。
 
 

作りやすいクレジットカードは?

「海外に行く前にクレジットカードを作りたいけど、審査に落ちたら嫌だ。審査の甘いクレジットカードはないか?」と考えている人は多いです。
 
クレジットカードの審査難易度というのは本当に様々です。消費者金融で落ちた人でも作れるようなクレジットカードもあれば、年収条件があったり、良好なクレジットヒストリーを築けていないと作れないようなカードもあります。
 
良好なクレジットヒストリーというのは、つまりは延滞をせずにきちんと支払いをしてきたかということですが、中には延滞をしてしまっている人もいるでしょう。海外旅行に行こうと決めたときから気をつけだしても間に合いませんので、インターネットの口コミや評判などで自分の属性でも審査に通りやすいカードを見つけるしかありません。

人気あるクレカ

・楽天カード
・横浜インビテーションカード(ハマカード)
・マイレージプラス セゾンカード
JPBANKカード
・アコムマスターカード(即日発行も可能)
 
よく、借金をするときには銀行か消費者金融かで悩む人が多いですが、海外でもどこでも利用できる信販系クレジットカードというのも魅力的です。海外に行く予定のない人でもいざという時のために1枚は作っておくとよいかもしれません。海外で利用することが目的で信販系クレジットカードを契約するときは、海外で利用する場合の規約をしっかりと確認しておくことが大切です。

 

項目 お金を借りる 項目 クレジットカード

銀行でキャッシングする時、銀行カードローンの審査基準は?~消費者金融はお金を借りやすいの?




スポンサーリンク

落ちてしまう理由を把握することが大事

銀行キャシングは低金利で限度額が大きいために、お金を借りたいと思っている人なら是非利用したいと思っているのではないでしょうか。
>>お金を借りるなら三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は即日融資も可能
 
しかし、一般的には審査が厳しいと言われていますし、実際に落ちた人もいます。もしも落ちたことがあるのなら別の金融業者から借りるのも良い方法です。では、具体的にはどのようにして借金ができるのでしょうか。
 
ある銀行で落ちた場合には、ほかの銀行でも落ちる可能性が高くなりますから、落ちた理由を知っておくことは必要です。落ちた理由が分かれば、それに対応することができるでしょう。対処する方法を知っておくことは大事なことです。では、具体的にはどのような人が問題なのでしょうか。
 
実はそのポイントはある程度決まっていて、年齢、収入、職業、信用情報となっています。職業などの部分については、ほかの条件とともに総合的な判断がなされるのですが、年齢と信用情報は単独で判断されます。
>>キャッシング審査が通らない人~カードローン契約を成立させるためには?
 
年齢の上限に合っていなければ確実に落ちますし、ブラックの人なら確実に落ちます。この点をまず確認してみると良いでしょう。これらの条件は銀行によって異なりますから、条件の緩い銀行を選ぶのは良い方法です。
 
 

信用情報のブラックとホワイト

信用情報とは、かつての借り入れの状況を指します。ブラックというのは、過去に借り入れをして滞納した履歴などがある人を指します。約束通りに返済をしなかった場合に、その情報は信用情報として登録されます。
 
この場合、情報が登録されている間はどうやっても借りることはできません。情報を抹消するには時間をかけるしかありません。登録されている情報によって期間は異なりますから注意が必要です。
 
ホワイトとは、信用情報が何も登録されていない人を指します。つまり、過去に借り入れを一度もしたことがなく、クレジットカードも持っていなくて分割払いもしたことのない人を指します。
 
一言で言えば実績のない人を指します。利用したことがあって、そのままブラックになることなくきちんと返済をしているほうが実績があると言えるでしょう。一度も利用したことがなければ、落ちやすくなります。
 
ブラックに比べればましなのですが、ホワイトの場合も審査に落ちやすくなりますから注意が必要です。特に高齢の人の場合には、ホワイトは落ちやすくなりますから注意が必要です。ホワイトの場合、分割払いを利用するなどして実績を作るのは良い方法だと言えるでしょう。
>>障害年金や老齢年金を担保にお金をキャッシングすることはできる?
 
 

銀行の審査の違いを把握する

銀行は通りにくいと言われるようになったのは、実はかなり前のことです。現在でもややその傾向はありますが、実は消費者金融と大きな違いはないと言えるでしょう。それよりも、それぞれの個別の違いの方が大きいと考えられます。銀行によって重視するポイントが異なるのです。
>>銀行カードローンと消費者金融の審査基準に差はある?
 
ただ、実際には保証会社が審査をしているという点に注意が必要です。実質的には保証会社ですから、保証会社によって違うと考えておくべきなのです。
 
ですから、ある銀行で落ちた場合、その銀行が使っている保証会社を知っておくことは大事なことです。その保証会社が保証している銀行に申し込みをしても、同じ基準が採用されますから落ちることになります。
 
保証会社の異なる銀行を選ぶのは良い方法だと考えられます。アコムSMBCコンシューマーファイナンスは多くの銀行の保証を行っています。アコムが保証していれば、アコムと同じくらいの基準になると考えられます。
 
新生銀行カードローン レイクは新生フィナンシャルが保証していますから、かつての消費者金融のレイクとして営業をしていたときと同じような基準だと考えればよく、そのためにどちらかというと通りやすいという傾向はあります。

 

タグ :

項目 お金を借りる審査

専業主婦は大手消費者金融でお金を借りれません?キャッシングするなら総量規制外の銀行カードローン




スポンサーリンク

専業主婦は消費者金融からお金を借りられない

お金を借りる先として検討できる業者はいくつかあり、その中でも特に身近な存在だとして考えられるのが消費者金融です。
 
消費者金融では多くの消費者が借金をしているのですが、実は大手消費者金融の多くは専業主婦の申し込みを受け付けていません。これは現在の貸金業法では総量規制が行われており、その総量規制の中では年収の1/3以下しかお金を借りられないからです。
>>お金をいくらまで借りられるか~消費者金融は総量規制の対象ゆえ借入金額には注意
 
専業主婦ということはパートなどでの収入も無い(無職・無収入)ということですから、総量規制によって借入が出来ないとして判断されるのです。
 
法律上は配偶者貸付を利用することで貸金業者が専業主婦に融資することも可能なのですが、実際の大手消費者金融、たとえばプロミスアコムなど大手消費者金融では申し込み不可とされてしまっているのがほとんどです。
 
 

専業主婦でも借りられる配偶者貸付制度

先ほど専業主婦であっても配偶者貸付を利用すれば借入をすることが出来ると述べましたが、この制度は大手消費者金融では利用不可となっています。これは配偶者貸付を行うために必要な書類が多く、手続きに手間がかかるというのが最大の理由です。
 
まずこの制度を利用するには配偶者との関係を証明するための住民票や戸籍抄本が必要となりますし、金額によっては配偶者の年収を確認するための収入証明も必要とされます。
 
加えて配偶者本人が同意していないのに融資するというわけにはいきませんから、同意書も作らなくてはなりません。
 
こうした書類が集まってから内容に不備が無いかを確認するわけですから、大手ではその手間を嫌って受け付けておらず、従って専業主婦は消費者金融をほとんど利用できないとなっているのです。
 
 

専業主婦でも銀行カードローンは利用できる

さて、しかしここまでに述べてきたことは総量規制があるからというのが根本的な理由です。
 
そのためもし専業主婦がお金を借りたいというようであれば、総量規制の対象外である銀行カードローンを利用するという方法で解決することが出来ます。
>>今すぐ50万円を借りる場合は総量規制対象外の銀行カードローン
 
実際現在の銀行カードローンであれば三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行、イオン銀行、じぶん銀行などを筆頭としてさまざまな銀行が専業主婦のカードローン利用を認めています。
 
金額は大きくとも50万円程度と少々少なめの額が設定されていますが、配偶者貸付を利用するまでの手間を考えればメリットの方が大きいと言えるでしょう。
 
ただ銀行によっては配偶者の同意書や収入証明書の提示が求められることもありますから、利用の際にはそうしたこともチェックするようにしてください。

 

項目 主婦・専業主婦

債務整理後はお金が借りられなくなる?自己破産の場合は7年間の新規借入は無理




スポンサーリンク

債務整理をするとお金が借りられなくなる

お金は現代の社会を生きる上でほぼ必須のものとなっていますが、常に十分な金額が手元にあるという人はそこまで多くありません。
 
自動車や住宅といった高額な商品を購入したり、また子どもの進学費用などでまとまった資金が必要になることは少なくありません。そうした際には借金をすることになるのですが、しかしこれを行う際にはそれが法律上の義務を負うことだとして理解をしなくてはならないでしょう。
 
もしその義務(返済)が果たせなくなったのであれば、その人は強制執行、差し押さえなどの対象になってしまいます。
>>家族が勝手にローンカードを使ってお金を借りた場合、名義人に返済義務はある?
 
そうした状況を解決するための方法が債務整理なのですが、しかしこれを行うと今後しばらく新たにお金を借りることが出来なくなるということは忘れずに考えておかなくてはならないでしょう。
 
 

債務を整理するということの意味

さて、とはいえ債務整理という方法は違法なものではないということは最初にしっかりと理解が必要です。この点に関して誤解をしている人は多く、まるでこれを行うと本来の権利が侵害されるのではと考えている人もいます。
 
ですが自己破産にしろ任意整理にしろ、その方法は法律で認められているわけですから、一部の権利停止を除いて何らかの権利が侵害されることはあり得ないことです。
 
ではどうして新たな借り入れが出来なくなるのかというと、これは「債務整理をした」という事実がある以上、その人がまた返済をしてくれなくなる可能性があるからです。
 
事業としてお金を貸している貸金業者などは利息を付けて返済がされて初めて利益が出るわけですから、その利益を出せない可能性がある人には貸したくないのです。
 
 

時間が経てばまた借りられるようになる

利益を出せない顧客に対して貸し付けをしたいと考える事業者はまずいませんから債務整理をすると新たな借り入れが出来なくなるわけですが、しかしこの借り入れが出来ない期間は一生続くわけではありません。
 
自分が選んだ方法にもよりますが、最も大きな問題になる自己破産をした場合でも、その後7年ほどが経過すれば再び借り入れが出来るようになる可能性があります
 
その他の方法でも一定期間が経過すれば再び借り入れをできるようになるわけですから、もし返済が難しい状態になってしまったのであれば一度債務を減額してもらったり、免除してもらったりした方が良いわけです。
 
もちろん最も良いのは最初から返済できる額を借り入れることですが、もし返済が不可能になってしまった場合には弁護士などに相談しましょう。
 
(参考)弁護士法人アディーレ法律事務所
http://www.adire.jp/

 

タグ :

コラム 項目 返済

アコムやプロミス、アイフルなどの消費者金融でお金を借りる時は収入証明書は不要?




スポンサーリンク

キャッシングには収入証明書は必須?

消費者金融と契約する際にはそれぞれの業者によって必要な書類が決まっています。
 
申込をする際には事前に確認しておかないと実際に申込をしてから書類不備を指摘されて書類を集め始めるというようなことにもなってしまいますから、必ずチェックする必要があります。特に窓口で申し込むなどの場合、書類が足りなかった際には家まで戻らなくてはなりません。
 
ここで少々調達に手間がかかるのが収入証明書ですが、消費者金融では一定額以上の借入をする場合にのみ収入証明書の提示が必要とされるようになっています。
 
多くの場合は「50万円以下の借入なら収入証明書は不要」としていますので、最高限度額が500万円とされているプロミス、アコム、アイフルでも柔軟に借り入れられる50万円以下の契約を選ぶ人が多いのです。
 
関連記事:
>>生活費が必要になってアコムのむじんくんで即日キャッシングした
>>土日や祝日でも借入可能なプロミスで今すぐお金を借りる~在籍確認なしの場合もある
 
 

収入証明書の提出が義務付けられる条件

ここで注意をしたいのは「収入証明書の提出はそれぞれの貸金業者が決めることではない」ということです。
 
現在施行されている貸金業法では総量規制がかかっており、その規制をしっかりと行っていくためにも法律の中では「利用限度額が50万円を超える場合」と「他者を含めた借入額の合計が100万円を超える場合」のどちらかに該当する場合は借金契約に際して収入証明書の提出が義務付けられます。
>>お金をいくらまで借りられるか~消費者金融は総量規制の対象ゆえ借入金額には注意
 
加えてプロミスでは収入証明書の発行日から3年が経過した場合や勤め先に変更があった場合には再提出が必要としており、アイフルでも就業状況の確認や再審査の際などに確認が必要とされた場合、再提出を求めることがあります。
 
こうしたことは各社のオペレーターが把握していますので、必要に応じて確認しましょう。
 
 

収入証明書として使える書類

それではお金を借りる際に収入証明が必要とされた場合には具体的に何を持って行けば良いのかということについてですが、最も簡単に調達できるのは給与明細書源泉徴収票でしょう。
 
給与明細書は毎月給与が支払われる度に勤務先から発行されていますし、源泉徴収票も毎年勤務先から発行されています。給与明細書を利用する場合には直近2ヶ月分と、賞与がある場合は1年分の賞与明細が必要です。
 
またこれらのほかには確定申告書や納税証明書、市民税・県民税決定通知書、所得証明書なども該当しますので、もし源泉徴収票や給与明細書が確保できなかった場合にはこれらの書類で代用するようにしてください。
 
もしこれらの書類のいずれも用意できない場合には審査が受けられなかい可能性もありますので注意しましょう。

 

タグ :

項目 お金を借りる審査