銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

借りやすい消費者金融はある?銀行カードローンと消費者金融の審査基準に差はある?




スポンサーリンク

理由を知っていると役に立つ

お金を借りることの出来る業者はたくさんありますが、その中で比較的審査の緩いのが消費者金融です。ほかにも銀行やクレジットカード会社などもあるのですが、消費者金融の方が借金をしやすいという傾向はあるでしょう。
 
これから借りようと思っている人なら、その理由を知っておいて損はありません。
 
借りやすいことはメリットだと感じる人がいるかも知れませんが、そうとも限りません。何事もメリットがあればどこかにデメリットがあるものですから、このあたりをきちんと理解しておいた方が良いです。理解をした上で、どこから借りるべきなのかを決めるべきでしょう。
>>お金をいくらまで借りられるか~消費者金融は総量規制の対象ゆえ借入金額には注意
 
また、審査の基準はそれぞれの業者が独自に決めますから、全体的に見てその傾向があると言うことだけを理解しておくべきでしょう。銀行でも緩いところもありますし、消費者金融でも厳しいところもあります。これらのことについても理由を知っておくべきでしょう。
 
信用力が低くて、どこからも借りられない人にとっても、理由を知っておくことは有用です。なぜなら、理由を知っておくことによって、通りやすいのかどうかを見極められるようになるからです。知っておいて損はない知識です。
 
 

そもそも基準とはどんなものなのか

借金をするときには審査を受けなければなりません。基準が定められていて、その基準をクリアしていかなければなりません。では、基準にはどういったものがあるのでしょうか。
 
消費者金融がチェックする項目としては、年齢、職業、勤続年数、家族構成、収入、クレジットヒストリーなどがあります。これらの項目を総合的に判断して、信用できる人なのかどうかを評価します。当然のことながら、クレジットヒストリーにネガティブ情報があれば不利になります。
>>キャッシング審査が通らない人~カードローン契約を成立させるためには?
 
実はこのような項目は銀行でもほかの金融機関でも同じです。お金を借りられるところなら、だいたいこのような項目について基準が設けられています。基準の厳しさはそれぞれで異なりますが、どの金融機関もだいたい同じような項目に基づいて評価を行っているのです。
 
それにもかかわらず、全体として銀行よりも消費者金融の方が緩いのはなぜなのかと疑問になる人がいるかも知れませんが、これは金融技術の問題で、実はこのような基準で通るか通らないのかを決めているのではなくて、信用力がどれくらいあるかを評価しているに過ぎないのです。融資するかどうかの判断材料として用いられているに過ぎません。
 
 

金利との関係は非常に重要

実はこのことと金利は非常に大きく影響しています。絶対に返済しない人には融資を行わないでしょうし、絶対に返済する人には積極的に融資を行うということは、これは言わなくても分かることでしょう。問題はそのどちらでもない人たちです。
 
そこそこ信用は出来るけれども、もしかすると何かあるかも知れないというくらいの人たちに融資をする際に、どう評価しているのでしょうか。踏み倒されると、もちろん消費者金融は損害が発生します。
 
この損害を埋めるためには、ほかの利益でカバーする必要があるでしょう。それをカバーできるのは、消費者金融という会社では利息収入しかありません。ですから、信用力が低い人に融資を行う際にはたくさんの利息をもらわなければなりません。つまり、金利が高くなります。
 
消費者金融はこのようにして、信用力の低い人にも融資を行っているのです。この関係を逆に考えていくことも出来ます。どうしても審査には落ちたくないという人なら、出来るだけ金利の高い消費者金融を選べば良いのです。
 
一般的には、大手の消費者金融よりも中小の消費者金融の方が金利が高い傾向があります。そのために、審査には通りやすいのです。
>>アルバイト、パート、派遣社員等であっても年収がそれなりにあればお金は借りれる

 

項目 お金を借りる審査

審査の電話で裏ワザテクがある~キャッシングの在籍確認は必ずあるの?




スポンサーリンク

審査で在籍確認は必要

キャッシングの審査では、在籍確認という作業が不可欠です。在籍確認とは、申込書に記載されている勤務先で本当に仕事しているか確認する作業です。
 
キャッシング会社にとって、お金を返済してもらうにはその人に稼ぎがないといけません。虚偽の記載をしていないかどうか確認する作業はどうしても必要です。通常会社に電話がかかってきて、その人が在籍しているかどうか確認をします。
 
会社に電話がかかってくれば、キャッシングを利用しようとしていることがばれてしまうと思う人もいるでしょう。しかし通常であれば、オペレーターの個人名を使って、キャッシング会社を名乗ることなく電話をかけてくれます。ですからまずばれる心配はないでしょう。
 
また当人が電話に出られる状態でなくても、「○○は今席を外しておりますが…」のようなリアクションがあれば、会社に在籍していることは分かります。通常は、在籍確認の電話で、他の誰かにキャッシング申込みしようとしていることに感づかれることはないでしょう。
 
 

技術職の私…

通常はそうなのですが、私の場合、少々特殊な事情がありました。それは技術職の仕事をしていることです。
 
営業の仕事をしているのなら、いろいろと会社に電話がかかってくるでしょうが、技術職の私のような人間に会社へ電話をかけてくるケースはほとんどありません。だからいくらオペレーターの個人名で電話を掛けられても、そのこと自体がイレギュラーなのです。
 
在籍確認なしで審査手続きを完了させることは、まず無理です。しかし裏ワザがあって、電話の確認以外の手段で在籍確認する方法があります。
>>職場や家族にバレずに借りる!在籍確認なしでキャッシング可能な消費者金融はある?
 
別に電話でないといけないというわけではなく、会社にいることが分かればいいわけです。そこで私が利用したのは、健康保険証でした。会社で勤務していれば、会社や業界の健康組合に加入し、国民健康保険を利用することはないです。健康保険証を提示して、会社に在籍していることを証明しました。結果電話もかかってくることがなく、キャッシングの融資を受けることもできました。
 
(体験談)

 

タグ :

項目 お金を借りる審査 体験談

仕事で手の離せない時でもOKのイオン銀行のカードローンで10万円を即日キャッシング




スポンサーリンク

イオンのカードローン

私の職場の近くに、スーパーのイオンがあります。しばしば食料品や生活必需品を仕事帰りに買い物することがあります。店を利用するときに、イオン銀行のATMを見かけます。イオンは銀行も運営しているのかと、なんとなく頭に入っていました。
 
そんなことがあってしばらくした時に、エアコンが故障し思わぬ10万円以上の出費を強いられ、給料日までお金が持たないことがありました。そんな時に、イオン銀行のカードローンを利用することにしたのです。
 
イオン銀行のカードローンは最高800万円までの融資に対応しているカードローンで、銀行のカードローンの中でもなかなか大型です。しかも金利に関しても、3.8~13.8%となっていて消費者金融などで借り入れするのと比較してもかなり低金利です。
 
 

来店不要の申込み

イオン銀行のカードローンに申し込もうとしていた時、私はたまたま仕事が立て込んでいて、なかなか申し込みをするためにオフィスを離れられなくなっていました。しかしそんな状態でもイオン銀行のカードローンは、ネットによる申し込みに対応していました。
>>ネットキャッシングは今すぐお金を借りれる?ネット専業の銀行カードローンはいいね
 
そこで仕事のちょっとした空き時間を利用して、申し込みをしました。申し込みの前にイオン銀行で口座開設をしておいたのが良かったようで即日融資に対応してもらえました。口座にお金が振り込まれるので、一切外出することなく、必要なお金を確保することができました。
 
イオン銀行のカードローンでは、自分の収入がゼロの専業主婦の方でも融資を受けることができます。50万円までの極度額であれば、配偶者に安定した収入があれば、融資を受けることも可能です。
>>専業主婦が旦那に内緒でお金を借りるなら三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」もある
 
ちなみに申し込みをするにあたって、配偶者の同意などは一切必要ないということです。専業主婦の中には、旦那さんの収入が少なく、家計のやりくりで苦戦している人もいるでしょう。そのような人で旦那さんに内緒で必要なお金を借りたいと思っているのなら、イオン銀行のカードローンを利用してみませんか?
 
(体験談)

 

項目 主婦・専業主婦 体験談

ソニー銀行のカードローンは無理のない返済ができる~仮審査回答は最短60分間




スポンサーリンク

出費も大きい営業の仕事

私は中小企業の営業マンをしているのですが、お得意先との接待などどうしてもお金がどんどん出ていきます。
 
昔はほとんどが経費で落ちていたみたいですが、不景気の折、しかも大企業からしてみれば吹けば飛ぶような中小企業の営業だと、なかなか接待を経費でいつも落とすのは難しく、持ち出しもしばしばでした。
 
その結果、お金に困るようになりました。そんな時ソニー銀行のカードローンの宣伝を目にして、利用してみようと思いました。
 
 

スピーディな審査が魅力

ソニー銀行のカードローンは、2.5~13.8%という低金利で融資をしてくれます。消費者金融だと18%前後の上限金利になっていますから、いかに金利設定が低いかお分かりになるでしょう。
>>お金をいくらまで借りられるか~消費者金融は総量規制の対象ゆえ借入金額には注意
 
銀行のカードローンということで、審査に時間がかかるのではないかと思っていました。しかしソニー銀行のカードローンの場合、最短で60分くらいだと言います。
>>土日や祝日でも借入可能なプロミスで今すぐお金を借りる~在籍確認なしの場合もある
 
私の場合も、申し込んでから1時間とちょっとくらいでメールにて審査結果が届きました。銀行カードローンの場合、その銀行に普通預金口座を持っていないと融資が受けられないケースも少なくありません。しかしソニー銀行のカードローンの場合、口座を持っていなくても、他の指定の銀行口座に振り込んでくれるので安心です。
 
 

月々2000円の返済からでもOK

ソニー銀行のカードローンは返済の面でも、お客さんのことを考えたサービスを展開しているなという印象があります。利用残高に応じて、月々の最低返済額がスライドするシステムをとっています。
>>キャッシングで借入するなら知っておくべき!無理のない返済方法
 
利用残高が10万円以内であれば、月々の返済額は2000円からでも構いません。月々2000円の返済は、急な出費もしばしば起きる私にとっては大変ありがたいシステムだと思います。
 
ただし返済期間中は、ずっと利息がかかります。ですから想定外の出費で家計の厳しい時には2000円、資金的に余裕のある時には少しでもお金を返済して、できるだけ余計な利息を負担しないように心がけるのが良いと思います。
 
(体験談)

 

項目 お金を借りる 体験談

給料前借りにはルールがある?~今は給料前借よりキャッシングの方がいいかも




スポンサーリンク

前借り可能なケースがある

ドラマや映画を見てみると従業員が社長や上司に、「ちょっと給料前借りを…」みたいなことを言うシーンがあります。
 
私は給料が足りなくなった場合にはカードローンを利用するようにしているのですが、果たして給料前借りは現実世界でも利用できるのでしょうか?
>>2社のローンカードを持っておくと便利~カードローンの複数契約と長所と短所とは
 
実は特殊な事情であれば、会社は給料前借りに応じる必要があると法律に書かれています。これは労働委準法25条に明記されていることです。具体的には労働者やその妻が出産することになって、その費用が必要だとか、労働者やその家族が急病にかかったとか事故に巻き込まれて入院することになった時などです。
 
また自然災害の被害で、家屋に深刻な損失があった場合、親族に対して止むにやまれる出費が必要になった場合には、それまでの労働に見合う賃金を支払うことと書かれています。
>>今すぐ50万円を借りる場合は総量規制対象外の銀行カードローン
 
私も含めてですが、このような給料前借りの義務が法律で明記されていることを知らない人も多いと思います。
 
 

給料前借りの基本ルールを理解しよう

上で紹介したように、やむを得ない事情があれば給料前借りは可能です。しかし給料前借りするためには2つの条件を押さえておくことです。
 
まず先に紹介した労働基準法では、支払日の前であっても給料を支払うことができると書かれています。ではいつまでに支払わなければいけないかということは記載されていません。ということは、申し出たその日に支払われるという保証は決してないわけです。
 
また給料前借りをする場合、あくまでもその時点までに働いた日数分の報酬が上限として支払われます。決して1か月分の給料をそのまま受け取ることができるとは限らないわけです。
 
給料前借りに関して、後々いろいろとトラブルになる可能性もあります。そこで金銭借用書などの書類を形として残しておいた方が良いでしょう。
 
中には「前借りをすると来月の給料から天引きする」といった理不尽なルールを課している会社もあるみたいです。金銭借用書を作成して、厄介なトラブルに巻き込まれないようにしましょう。

 

項目 お金を借りる コラム

クレジットカードの使い過ぎには注意~学生ローンはアミーゴでお金を借りた




スポンサーリンク

飲み会費用が意外とかさんで

学生になって初めて東京に出てきて、毎日が最高に楽しかったですね。
 
勉強は確かにツラいけど、その後の飲み会とかコンパが楽しくて仕方ない、当時は適当にバイトをしてこづかいや食費を稼いでいましたが、大学生になってクレジットカードも作れるようになったので、そうした費用はクレジットカードでまかなってました。
>>ゆうちょ銀行のJPBANKカード(クレジットカード)でお金を借りる
 
でも、頻繁にイベントがあると費用も意外とかさみ、毎月のバイト代だけでは足りなくなってきたのです。親からの仕送りだけでは食費がまったくでなくなってしまい、かなり焦りました。
 
学生だから、キャッシングとかカードローンなどもほとんど審査落ちしましたし、深夜バイトでも入れようかと真剣に考えたほどです。
>>アルバイト、パート、派遣社員等であっても年収がそれなりにあればお金は借りれる
 
ネットでいろいろ調べたり、友達に相談しているうちに知ったことは、学生でも貸してくれる消費者金融があるということです。
 
学生ローンという借入があり、それは学生を対象としているから借りやすいのだとか。いくつか調べているうちに、大学のそばにも店舗があるアミーゴを見つけました。
 
 

毎月の返済が楽

アミーゴで事情を話すと、「早くに行動を起こして正解ですよ」と言われました。何でも、僕が通っている大学からもアミーゴに行く人はけっこういるらしく、どの人も借金が膨らんでからくるから返済が大変なのだそうです。
 
僕の場合、当面30万円あれば何とか大丈夫だったので、バイトをしながら返済できるように返済計画を作ってもらいました。金利は19.2%と結構高いなと思いましたが、他に学生相手に貸してくれる所なんてありませんでしたし、毎月2万円ぐらい返済していれば1年半ぐらいで完済できるので、それならバイトで何とかできます。
 
だけど最後にアミーゴの人から、「クレジットカードの使用も控えたほうが良いかもしれませんね」と言われ、そりゃそうだなと思ったことは、今でも覚えています。
 
現在でも返済は続けていますが、毎月の返済が苦しくない額だから、無理なく返せて完済まで到達できそうです。アミーゴ、おすすめですよ。

 

体験談 項目 学生キャッシング

クレジットカードで作った多重債務~他社借入をまとめて返済してくれる消費者金融アロー




スポンサーリンク

多すぎるクレジットカードが原因

私は学生の頃からクレジットカードが大好きで、大人になってからも複数のクレジットカードを持ち歩いていました。
 
クレジットカードって、たくさん使うと翌月に一括返済だから返済額も大きくなりますから、若い頃はそれなりに使用額は自分で気を付けていたのですが、年齢が上がって給料もそれなりに上がってくると、生活にかかる費用の全てをクレジットカードで払う癖がついてしまい、給料は家賃光熱費以外は殆どクレジットカードの支払いに回っていたほどです。
 
それでも収支のバランスがとれていれば問題なかったのですが、去年あたりに付き合いで数枚のクレジットカードを作ってしまい、それは年会費が結構するものだったので、そこから少しずつ収支のバランスが崩れていったのだと思います。
 
不足する分は消費者金融で少額を借りて補填する生活がしばらく続き、これはいよいよマズいぞと深刻になった時には、クレジットカードもすべて含めた他社借入額は60万円になっていました。
 
 

何とかしてまとめたかった借入

他社借入があると、消費者金融に行ってもなかなか審査に通らないことを知ったのはこのころでした。返済遅延があるわけではないけれど、他社借入があるというと、どこもたいていは渋い顔をして審査落ちする始末。
>>他社借入を返済一本化するのであれば総量規制の対象である消費者金融ではなく銀行で
 
新規に借りようというわけではなく、現在の借り入れを一つにまとめるだけでも審査に通りませんでした。中小の所なら審査が緩いから通るのではないかと思っていくつか当たったところ、消費者金融アローが受け入れてくれたのです。
 
時間をかけて事情を説明した後で断られるのが面倒だったので、「他社からも借り入れがあるのですが」というと、いたって普通な感じで「問題ありません」と対応してくれました。
 
アローでは、その時点の60万円を全て一つにまとめることができて、金利は19.0%で借り直すことになりました。
>>実際に借入できる金額は自分の返済能力次第
 
金利面では決して低いわけではないことは知っていましたが、返済が一つにまとまるだけでも精神的に楽になります。現在も返済を続けていますが、少しずつ確実に残高は減っていますよ。
 
(体験談)

 

タグ :

項目 おまとめローン・借換 体験談

会社設立資金の返済に銀行での借入ではなくビジネスローンのビジネクストでお金を借りた




スポンサーリンク

高金利で借りてしまったのが失敗

数年前に長年憧れだった起業をし、会社設立資金を借りるために消費者金融からかなりべらぼうに高い高金利で借りてしまいました。それが私が借金地獄に陥るキッカケだったと思います。
 
会社設立当初はいろいろなことに経費がかかりますし、それだけではなくどこにいくらぐらいかかることが完全に把握できていない時期だったので、会社設立資金もカツカツな感じでした。
>>カードの引き落とし日に口座の残高不足でカード会社より電話があった
 
毎月の返済もきちんと行っていましたが、金利がかなり高くて、返済してもほとんど元本が減らないという状況になってしまったのです。
 
当時は、利息制限法があるなんて知りませんし、金利面も契約する時にチェックしていたわけではないので、なかなか減らない元本にイライラしながら、私が起業したビジネスは1年ももたずに倒産してしまい、手元には会社設立資金として借りた借金だけが残りました。
 
自己破産なども考えましたが、返済できるうちは返済する努力をしようと思い、弁護士に相談したところ、借り換えをすすめられました。
 
 

ビジネクストは低金利で安心

ネットでいろいろ調べて見つけたのが、ビジネクストです。
>>お金をいくらまで借りられるか~消費者金融は総量規制の対象ゆえ借入金額には注意
 
電話をして事情を説明した所、銀行から借りるよりも金利面では高いけれど、私が借りていたような金利ではないので安心してくださいと言われて、返済計画書をメールで添付して送ってもらいました。
 
消費者金融としてはそれほど知名度がないビジネクストですが、担当してくれた人はとても親切で丁寧でしたし、あまり悪いイメージはなかったので、信用できると判断して借りることに。
 
契約などは全て郵送でできましたし、借入も銀行振り込みで対応してもらえたので、私は今まで一度もビジネクストのオフィスに足を踏み入れたことはありません。でも問題なく、お金を借りて返済できているので、とても便利ですよ。
 
私がビジネクストを選んでよかったなと思うことは、担当者がとても親切で丁寧に対応してくれるという点です。これまで返済が間に合わないことが何回かあったのですが、その時にも数週間待ってもらったり、利息だけでその月は良しとしてもらえたり、いろいろフレキシブルに対応してもらえます。
 
(体験談)

 

項目 ビジネスローン 体験談

50万円お金を借りる場合の返済方法は元金方式と元利方式のどっちがいいの?




スポンサーリンク

返済回数と利息の関係

カードローンやクレジットカードでお金を借りると、毎月元金の他に金利という手数料が発生します。この金利が金融機関の儲けとなっている部分であり、金利が高ければ高いほど借りる側の負担は大きくなります。
 
例えば50万円という金額で年利18%の場合、1年間で50万円の18%が金利として請求されます。単純に計算すると9万円になりますが、実際には毎月少しずつ元金は減っていくので、返済後すぐに借り入れをしない限りもっと少なくなります。
 
早いうちに返済を進めていけば金利はそれほどかかりませんが、長期になればなるほど負担が大きくなってきます。
 
 

リボ払いの支払い方法

支払い方法にはいくつか種類があります。元金を一定額に、利息をプラスした元金方式。この場合、元金が1万円だったら1万プラス利息となります。
 
また、支払額を一定にし、その中に元金と利息を含めた元利方式。1万円の支払額の中に元金と利息が含まれます。つまり元金は利息を引いた金額ずつ減っていきます。
 
また、支払額の決定にも2種類あります。定率定額です。
 
定率とは残高の何%という形で金額が決まります。定額とは文字通り金額が指定されているものです。契約しているローンによって支払い方法が違っています。元利方式より元金方式のほうが元金の減りがわかりやすくなっています。
 
 

最初が減りにくい返済

支払い方法が元利定額方式の場合、支払い始めの元金への充当額が少なく、なかなか元金が減りません。つまり最初の返済を多めに返していくことで、将来的に支払わなければならない利息を大幅にカットすることができるようになります。
 
多くのカードローンやキャッシングは随時返していくことができます。もちろん年利18%は例えなので、もっと良い条件で借りることができる場合もあります。
 
特に銀行や信用金庫の提供しているローンは審査が厳しいかわりに、利息負担がとても小さいものとなっています。50万円程度でしたらそこまで無理をしなくても返すことができますが、使いすぎて雪ダルマ式に借金が増えないように気をつけなくてはなりません。
>>お金を借りるなら収入証明不要の三菱東京UFJ銀行カードローン

 

項目 返済

今すぐ50万円を借りる場合は総量規制対象外の銀行カードローン




スポンサーリンク

150万円が最低の年収

お金を50万円借りるのであれば、最低150万円を目安の年収として定めてください。これは消費者金融からキャッシングをしたときの制限になります。
 
銀行のカードローンを利用した場合は、これに当て嵌まりませんので、年収150万円という制限はなく、それ以上借りられる可能性があります。
 
ただし銀行も審査を行っていますので、その年収で50万円を貸してくれるのかどうかというのは判断が難しいものであり、銀行によっては融資額が下がることも十分考えられます。
 
まずこのラインを参考にして、貸金業者を選ぶことをおすすめします。消費者金融であれば可能性が広がるでしょう。
 
 

年収についての制限がある

なぜこのラインになるのかというと、総量規制という制限が関係しています。年収の3分の1以上は貸すことができないという制限であり、これは主に消費者金融に該当するものです。
 
銀行はこのライン(年収三分の一)に当て嵌まらないと先程述べましたが、銀行にはこの総量規制は該当しません。
 
以前は年収に関係なく消費者金融はお金を貸していましたが、返済できなくなり多重債務者が増えたことからこのような制限が生まれました。
>>お金をいくらまで借りられるか~消費者金融は総量規制の対象ゆえ借入金額には注意
 
総量規制に引っ掛かるから銀行が頼りになるという考えは間違いではありませんが、銀行の審査がありますので、他社からの借入れをどんなふうに評価するのかによって融資の可決が変わります。
 
 

その他の選択肢を考える

総量規制に掛かるから銀行という選択になりますが、すでに他社から借り入れをしていることも審査の対象になりますので、銀行側がどんな判断をするのかはわかりません。
 
銀行も信用情報機関に照会して、申し込み者の借入れを確認して、審査を開始します。それによっては融資額が変わる、もしくは審査に落とされることも考えられます。
>>キャッシング審査が通らない人~カードローン契約を成立させるためには?
 
お金を借りるということは返済をすることになりますので、その辺のことも考慮した借り入れをしなければなりません。年収と照らし合わせて、自分が返済できる金額を借りるというのは鉄則になりますので、それを怠らないようにしましょう。
>>アルバイト、パート、派遣社員等であっても年収がそれなりにあればお金は借りれる

 

タグ :

項目 お金を借りる