銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

おまとめローンの限度額は1000万円あるが、実際に借入できる金額は自分の返済能力次第




スポンサーリンク

限度額は金融機関により異なる

おまとめローンの限度額は、金融機関により差があります。消費者金融は300万円もしくは500万円、銀行は500万円以上が相場となっています。
 
現在の借入総額が500万円を超えるならば、銀行ローンでまとめるのが一般的です。おまとめを成功させるコツは、ローンを1社にできることです。5社を2社に減らせるだけでもメリットはありますが、2社と1社では大違いです。1社にまとめることができれば、他社ローンの返済は気にしなくていいのです。
>>他社借入を返済一本化するのであれば総量規制の対象である消費者金融ではなく銀行で
 
1社に対して集中的に増額返済、繰り上げ返済を行えますし、どの業者から優先的に返済するべきか迷うこともありません。
 
金融機関の設定する限度額は、業者が融資してくれる最大額であり、この金額を確実に借りられる保証はありません。キャッシングと同じように、最終的に返済能力を見ながら融資額が決まります。
 
すでに現ローン(多重債務状態)の返済に困っている状態であれば、融資してくれない可能性もあります。遅延が何度も続くと致命的なので、まとめるなら遅延するほど追い詰められる前にする必要があります。
 
おまとめ専用ローンの場合は総量規制の対象外ですが、だからと言って限度額まで借りられるわけではありません
 
 

総量規制の影響により相場が変わる

おまとめローンは、おまとめ専用ローンとキャッシングの2つに分けられます。
 
おまとめ専用ローンは、ローンを一本化することが目的であり、一般的なキャッシングと区別されています。消費者金融のローンはすべて総量規制の対象になると思われる方が多いですが、おまとめ専用ローンに関しては例外となります。
 
教育ローンや自動車ローンなどに関しては、総量規制の対象にならないでしょう。
 
おまとめ専用ローンの場合もこれと同じです。おまとめという目的に特化しているため、目的ローンに分類されるわけです。
 
キャッシングでおまとめする場合は、総量規制の問題が絡んできます。用途不問のキャッシングは、おまとめローンとしても使えるのです。通常のキャッシングの場合、消費者金融で借りるときは総量規制の対象となり、銀行は対象外となります。銀行ならば通常のキャッシングをおまとめに使うこともできるわけです。
 
金利の相場に関しては、キャッシングよりおまとめ専用ローンのほうが低くなっています。消費に使用するローンではなく、他社ローン返済という明確な理由が存在するため、健全な用途とみなされるからです。
 
銀行のキャッシングの相場は14%程度ですが、おまとめローンになると12%台で融資してくれるケースが多いです。
 
 

おまとめローンの利用前に担当者に相談する

おまとめローンを利用するからには、必ずローンを1本にまとめるべきです。しかし、審査を受けた結果、希望額に届かないというケースは多いです。そこで、事前にどの程度の借り入れができるのか担当者に聞いておきましょう。
 
限度額ギリギリまで借りることができれば理想ですが、最終的に返済能力により融資額が決まります。事前に目的額の借り入れができるとわかれば、安心して審査を受けられるでしょう。
 
担当者と交渉するときは、無理なく返済できることをアピールしましょう。返済がギリギリの状態では、業者側としても融資を躊躇します。
お金を貸す以上は、確実に返済してくれる相手に貸したいと思うからです。具体的な返済プランを組み立てておき、交渉時に話しておくといいでしょう。
 
過去に遅延がないことをアピールすれば、融資額が増える可能性もあります。遅延をしたことがある場合は、聞かれたら正直に答えることです。業者側が個人信用情報機関のデータ開示請求をすれば、嘘はすべて見抜かれてしまいます。
 
もしおまとめローンの利用ができない場合は、現契約中のローン利用枠を拡大するという手もあります。最も低金利な金融機関と交渉して、他社ローンの一本化ができるまで限度額を増額してもらうのです。

 

項目 おまとめローン・借換

他社借入を返済一本化するのであれば総量規制の対象である消費者金融ではなく銀行で




スポンサーリンク

おまとめローンは金利を最優先

おまとめローンで最優先するべき条件は金利です。今よりも年率が高くなるようでは一本化するメリットはありません。
 
年率が同じであれば、借入件数が減る分だけメリットがありますが、せっかく一本化するのですから利率も下げたいでしょう。
 
そこで候補先となる借入先が銀行なのです。大手メガバンクを筆頭に地方銀行、ネットバンク(ネット専業銀行)などジャンルは幅広いですが、一番重視するべきは年率の低さです。おまとめローンは実質年率という年率を導入しており、借入残高に対して利率が発生します。日数あたりで利息が発生するので、早く返済するほど得なのです。
 
利率の低いローンでまとめると、月の返済額が少なくなります。借入額が大きい方ですと、月に3,000円以上も返済額が少なくなる方も多いでしょう。
 
ただし、月の負担を楽にすることに甘えるのではなく、返済額は今までと同額にしながら、早期完済を目指したほうが得策です。総支払い額は少なくなるので、同額返済を続ければ短期間で完済可能となります。
 
年率を下げる目的は、利息を減らして総支払い額を抑えることです。100万円程度の借入がある方なら、1%の利率にも敏感になるべきです。1%の差は小さいと思うでしょうが、銀行の預金利率として考えると破格の利率でしょう。
 
 

信頼よりも金利で選ぶべき理由

銀行と呼ばれる金融機関には一定の信頼性があります。
 
ネットバンキングは信用できないという方もいますが、お金を借りるのは自分なのです。いわばリスクを背負うのは金融機関側であり、信頼性が低くても借り手にとって大きな問題ではありません。むしろ大切なのは、自分自身が信用してもらうことです。過去に遅延を繰り返していれば、審査に通過できない、または融資額を減額されることでしょう。
 
地方銀行のおまとめローンが利用しやすい理由は、地域住民であることが最大の理由です。また、口座開設をしており、住宅ローンを利用していたり、貯金をしていたりすれば、審査に通過しやすくなるのが普通です。
 
ローンの利用実績が好ましければ、金融機関にとって安心要素となります。ローン経験が皆無の方に対しては、融資をする側としても慎重になるものです。たとえ公務員、大手会社員という肩書きがあったとしても、計画的に返済してくれる方とは限りません。実際に融資をしてみて、返済状況を確認するまでは、どのような借り手なのか判断できないわけです。
 
すでに取引状態にある地方銀行があれば、メガバンクやネットバンクと比較しても審査に通過しやすいと言えます。

地銀、信金の金利比較

群馬銀行 ナイスサポートカード
2.800%~14.500%|800万円
 
北洋銀行カードローン スーパーアルカ
2.950%~14.700%|1000万円
 
大阪信用金庫 ニューフリーローン
3.000%~12.500%|1000万円
 
八千代銀行 カードローン「プラスユーネクスト」
3.400%~14.800%|300万円
 
仙台銀行 スーパーカードローン「エクセレント」
3.500%~14.500%|1000万円
 
京葉銀行 フリーローンファスト
3.900%~14.000%|800万円
 
大垣共立銀行 ライフプラン「ポピュラーローン」
4.500%~10.500%|500万円
 
岐阜信用金庫 フリーローン
4.925%~11.800%|500万円
 
姫路信用金庫 ひめしんフリーローン“かりとく”
5.000%~14.500%|500万円
 
埼玉りそな銀行 りそなプライベートローンJ
6.500%~14.000%|300万円
※実質年率|限度額
 
 

なぜ消費者金融はおまとめローンに向かないのか?

消費者金融は融資までの時間が最も早いことで知られています。さらにアルバイト、パート、派遣社員など、雇用形態に関わらず融資してくれる融通性もあります。しかし、おまとめローンの借入先としては消費者金融は不向きです。
 
理由はシンプルで、銀行と比べて金利が高いからです。現在、消費者金融から借りている方が、別の消費者金融ローンでおまとめしても、月の返済額はほとんど変わりません。
 
消費者金融の金利というのは、どこで借りても僅差だからです。18.0%の年率が17.8%になっても、返済に大きく影響しません。おまとめローンを利用するからには、一気に年率を引き下げて支払いを楽にしたいものです。
 
また、消費者金融のローンは総量規制の適用となる問題もあります。キャッシングでおまとめする場合、借りられる金額は年収の3分の1以内です。おまとめ専用ローンをラインナップしている場合は、総量規制の対象外になることが多いですが、年率に関してはキャッシングと大差ありません。
 
すぐに借りたい方にとって消費者金融は最適ですが、おまとめローンの金融機関としては不向きなのです。かつてと比べると年率は大幅に下がっていますが、メガバンクやネットバンクと比較するとまだ数%は高いです。

 

項目 おまとめローン・借換

ネットキャッシングは今すぐお金を借りれる?ネット専業の銀行カードローンはいいね




スポンサーリンク

ネット対応の会社はかなり多い

ネットキャッシングが一番最速の融資を受けることが出来ます。
 
これは即日融資という意味ではなく、キャッシングの契約をしてからお金を借りたいと思った時、やはりATMへ直行するよりもネットキャッシングから借入する方が自宅から作業を行うことが出来るので、当然ながらネットの方が素早い融資を受けることが出来ます。
 
今すぐお金を借りたいというとき、その状況によってはATMへ行く方が良いケースも当然ながらあります。最終的に手元に現金を持つかどうかで判断します。
 
手元に現金を持つ必要があるならATM、そうでなければネットキャッシングが良いです。
 
例えば、今日支払いがあるから口座へお金を今すぐ用意しておきたい、あるいは口座から振込をするので今すぐ借りたい、こうした状況はネットキャッシングが可能な金融会社ならば、今すぐに自分の登録口座へ融資を振り込んでもらうことが出来るので便利です。
 
今はネット対応の金融会社が非常に多くなっているので、ネットキャッシングを活用出来るところを見つけることはとても簡単です。今すぐ借りたい時にそれを実現するためにも上記を参考にして申込先を探してみると利便性の高いところが見つかります。
 
 

銀行ならさらに便利となる

ネットキャッシングをどのような会社で利用するのが便利なのか、これは総合的に考えると銀行に行き着きます。
 
その理由は銀行はインターネットバンキングに対応していることから、銀行でネットキャッシングを利用することが出来ると、インターネット上で自分の預金口座を管理して、キャッシングの管理も同時にネット上で出来るようになります。
 
預金口座にお金があるかを確認して、残高が少ないならネットキャッシングで今すぐ借りるということが可能になりますし、一つの銀行で上記のように2つの作業をすることが出来ると、ログイン等の管理や作業のしやすさもかなり便利になります。
 
また、同一の銀行でキャッシングを利用するならば、その銀行でキャッシングからお金を借りて口座へ振り込む時に手数料は基本的に無料となっているところが大半です。

キャッシングの可能なネット専業銀行

・ソニー銀行
・じぶん銀行
・住信SBIネット銀行
・楽天銀行
・オリックス銀行
・イオン銀行
 
さらにはもっとお得な内容として、こうしてキャッシングからお金を借りることによって、ATM等で発生する手数料すらも無料となる銀行もあります。いろんな意味において銀行を利用することはとてもメリットが多いので覚えておきましょう。
 
また、金利も低金利に注目すべきであり、銀行は本当に金利の相場が低いです。
 
 

デメリットは不正アクセス

銀行のインターネットバンキング、あるいはネットキャッシングを利用する際にデメリットとして覚えておくことは、最近では年々インターネット上で銀行口座等へログインする時にパスワードを盗まれて、不正アクセスの被害が増加しているため、これはしっかりと回避方法を知っておかなければなりません。
 
まず、パソコンは自分だけが使う端末でログインすること、これが基本となります。要するにネットカフェなどでログインすることはダメということです。
 
次にパソコンには最新のセキュリティソフトを入れておくこと、これも大事です。ウイルスがどのような経由からやってくるのかは本当に分からないので、ウイルス対策をしておくことも基本中の基本となります。
 
自分が利用している金融会社を装ってメールが届けられることがあるので、基本的にメール内のリンクからアクセスしてログインしないことも大事です。このように色々とネットトラブルを避ける手段があります。
 
これは自分が契約した金融会社へ連絡をすると、トラブルを回避する方法をしっかりと伝授してくれます。銀行の場合ならホームページ等でも注意を促していることが多いのでしっかりと見ておきましょう。

 

項目 お金を借りる

学生キャッシング~バイト収入はある?無収入で借入できる?未成年はOK?




スポンサーリンク

学生がキャッシングを利用するための条件

学生がキャッシングを利用するための条件は、満20歳以上アルバイトをしていることです。
 
18歳、19歳の方に関しては、収入を得ていても借りることはできません。ローンを利用できる年齢は通常のキャッシングだけでなく、学生ローンに関しても満20歳からが基本です。
 
未成年でも保護者の同意ありで借りられるキャッシングも一部にありますが、これは親の信用力で借りているようなものです。いわば親が保証人役ですから、自分が借りたローンとは言いにくいです。自分の信用力だけを武器にして借りられるのは満20歳からです。
 
希望額に関しては、10万円をおすすめします。無難に返済できる利用枠は10万円なのです。その枠内の中で、数万円程度の借入に抑えておくのがコツです。
 
限度額50万円などと聞くと、沢山借りたくなるものですが、借りたものは返済する必要があります。借入額を抑えることは、返済する金額を抑えることでもあります。
 
審査に通過できないケースとして多いのは、希望額が大きすぎることです。初回融資では30万円といった高額融資には対応してくれないことが多いです。30万円を目標にしている方も、最初は10万円の借入に抑えておき、段階的に20万円、30万円と増枠してもらうのが理想です。
 
 

バイトしてないと借りることはできない

学生キャッシングは学生なら無条件で借りられると考えている方もいますが、借りるためには収入が必要です。これは保護者の同意の有無は関係なく、自分自身がバイトしてない状態では借りることはできません。
 
年収は決して高額である必要はありませんが、年収50万円と0円では大違いです。前者は10万円くらいの融資枠を得ることができますが、後者は1円も借りることはできません。
 
消費者金融、街金などのキャッシングは総量規制の対象となりますので、借入上限は年収により変わります。融資上限は年収の3分の1となるため、20万円借りるためには年収60万円必要です。年収が0円だと、その3分の1も0円になるので、1円も借りることができないわけです。高額収入は求められませんが、年収は50万円程度は欲しいところです。
 
事前にキャッシングWEBサイトの簡易審査を受けておき、現在の年収で借入可能か確かめておきましょう。融資額が少なくとも、それは悲観するべきことではありません。沢山借りられる方は高額融資を受けて、返済するときに大変になるケースが多いです。枠が少ないほど返済は容易であり、ローンで失敗するリスクも低くなるのです。
 
 

学生が即日融資を受けるコツは

学生が即日融資を受けたいときは、飲み会やコンパ、旅行などでお金が足りないときでしょう。予想外の出費に悩まされることは、意外と多いものです。
 
即日融資を受けるためには、審査は即日中に通過する必要があります。審査に丸一日かかるようでは、融資まではもっと時間がかかるのです。即日で借りるためには、審査にかける時間は2~3時間に抑えないと厳しいです。そのためには、無理のない計画的な借入をすることです。

人気ある学生ローン

・アイシーローン(未成年OK)
・マルイ
・アミーゴ
・イー・キャンパス
・カレッジ
・友林堂
・ベル
・学協
・トーエイ
 
これはキャッシング商品の謳い文句ですが、借りられない理由の多くは無理をした借入をしているからです。返済能力を超えた借入をしようとしても、絶対に借りることはできません。
 
10年前のキャッシングならば、返済能力以上の融資をしてくれるのが当たり前でした。元金を完済できなくても、利息で儲ければいいと考える業者が多かったのです。しかし、今のキャッシング業者は返済能力に見合った金額しか貸してくれません。
 
総量規制の範囲内だから、100%借りられるとは限らないのです。審査に通過するには、希望額は1万円でも少ないほうがいいです。
 
10万円は無理だけど、5万円なら融資可能だと業者側から言われる方もいるくらいです。必要額が5万円ならば、5万円で申し込むべきでしょう。

 

項目 学生キャッシング

自動車ローンは絶対に保証人は必要となる?安価な中古車だとフリーローンが便利だね




スポンサーリンク

自動車ローン組みたいのに保証人がいない

自動車のような大きな買い物をする際に、ローンを組んで購入するというとこは一般的に行われている事です。
 
特に自動車ローンを組んで自動車を購入するという方は非常に多く、自動車を買う際に自動車ローンを利用するのは当たり前になってきています。まとまったお金を用意せずに自動車を購入できるので自動車ローンは便利なのですが、ほとんどの場合自動車ローンを組むためには事前の審査と保証人の存在が必要になります。
 
この保証人は購入者本人が借りたお金を返済できなくなった際に代わりに返済する義務を負い、自動車ローンサービスを実施している消費者金融や銀行が借金の返済を請求できる事になっています。
 
保証人になれる人物としてはローンを組む人物と近しい関係で経済的にも返済能力がある人間が選ばれることが多いです。
 
自動車の購入者本人がローンを返済出来なくなってしまった場合、消費者金融や銀行は借金を代わりに保証できる人物に本来自動車を購入した人間が支払うべき借金を請求できる権利を持ち、保証すると契約した人間にはその金額を支払う義務が課されるのです。
 
自動車ローンの審査の際には本人の経済力だけでなく、この返済を保証する人物についても審査が行われます
 
 

なぜ保証できる人物を用意するのか

自動車ローンの契約の際になぜこのように保証するための人物を用意しなければならないかと言えば、一番の理由は本人が借金の返済が出来なくなった際にしっかりお金を確保できるようにするためという点が挙げられるでしょう。
 
消費者金融や銀行は借金が回収できなくなる事を避けるために審査の段階で様々な可能性を考慮するのですが、特に重視するのがローンを組む人物の経済力と返済能力で、これが高ければ高いほど借りられる金額が多くなり、返済期間も余裕をもって設定できるようになるのです。
 
消費者金融や銀行は長い期間貸付業務を行っているので審査の段階でその人物の返済能力をある程度推測することができますが、とても高い返済能力をもっている相手であっても不測の事態などで返済が出来なくなってしまうなんてこともありえます。
 
そのため本人以外で返済を行える人物を用意して何かあった際に請求できる状態にしておくようにしているわけです。
 
ただし自動車購入時のローンに関してはその自動車自体が担保にでき、返済が滞った場合は自動車を徴取できるため、他のローンと比べると借金を代わりに保証する人物に関してはそれほど厳しく規定されているわけではありません。
 
 

保証人が用意できない場合の自動車ローンについて

自動車をローンで購入したいが、借金の返済を代わりにしてくれる人物を見つける事が出来ない場合、そういった人物が不要なローンサービスとしてカードローンやフリーローンと呼ばれるものがあります。
 
このカードローンやフリーローンと呼ばれるサービスは借入を行う本人の現在の経済状況やこれまでの金融機関の利用履歴などの情報から借りられる金額を決めるようになっているため、この決められた金額内であれば、借金を代わりに返済できる人物不要で自由にお金を借りる事が可能です。
 
借りやすい分自動車ローンに比べて返済時にかかる金利が高くなる場合が多いです。しかしこれらのサービスは保証人が不要な場合もあり、借金を代わりに返済できる人物が用意できない場合に利用する選択肢として期待できます。
 
もちろん返済を保証できる人物が不要な分事前に行われる審査も厳しくなりがちです。
 
借金を保証できる人物が用意できない方がローンを組むためのサービスとして、これらフリーローンやカードローンを利用する以外に利用できるものとして、保証人協会を利用するという手段もあります。この協会ではローンの申し込みに必要な本人の代わりに保証できる人物を斡旋してくれるサービスです。

 

項目 自動車ローン

1 4 5 6