銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

お金を借りる際の「金利」とは~複利計算であることは大事




スポンサーリンク

借金返済時には利息が請求される

現在では様々なところでお金を借りることが出来るようになりましたが、この際に必ず理解していなくてはならないのが「事業者からお金を借りるのであれば利息が発生する」ということです。
 
個人間の貸し借りであれば無利息でお金を借りられることもあるでしょうが、事業者と契約をするのであればそう言うわけにはいきません。
>>個人でお金を借りる時の上限金利は?109.5%それとも20.0%~個人間融資の掲示板には注意せよ
 
事業は利益を得られなくては存続していくことができませんし、貸したお金がただ返ってきたというだけなのであればそれはリスクを負うだけの意味の無い行為です。こうしたことを考えると利息は絶対に請求されるものであり、返済の際にはその利息も含めて返していかなくてはならないということになるのです。
 
このことは基本中の基本ではありますが、だからこそ常に忘れないようにしましょう。
 
 

利息の金額を決める金利とは

この利息という部分を考えるにあたって必ず出てくる単語となっているのが金利です。これは元本、つまり最初に借り入れた金額に対して事前に提示された割合で計算していくことになります。
 
しかし一般的には元本+利息の金額に対して金利をかける複利法で利息が発生することになりますから、単純に「元本×金利の金額を返済すれば良い」ということにはならないということに注意が必要です。
 
複利の恐ろしいところは利息にも利息が発生するというところであり、返済が滞るとどんどん最終的な返済額が膨らんでいくことになります。
 
この点は借金の最も恐ろしいところであると言っても過言ではありませんから、お金を借りる際には必ず利息が発生すること、そして放置すると凄まじい額にまで膨れ上がることを理解しましょう。
 
 

借金をするなら利息が少ないに越したことは無い

さて、基本的に借金は利息が少ないに越したことはありません。借入額が100万円でも法外な利息が請求されて1億円を返さなくてはならないということになれば、それは借金を意味が無いということになるでしょう。
 
実際には手元に資金が無い時に資金を調達できる時点で無意味ではないのですが、最終的な負担との釣り合いが取れていないのであれば借りない方が良いのです。
 
こうした利息を定める金利については必ず契約をする前に説明がされることとなります。そのため説明を受ける際には真剣にその内容を確認し、自分が今後どれくらいの金額を返していくことになるのかということについてイメージをしておく必要があるわけです。後になってから返すことが出来なくなることの無いよう、事前にしっかり確認しましょう。

 

項目 返済

バイクや原付が欲しいのにお金が無い時の対処法とは?数10万円ならバイクローンよりキャッシング?




スポンサーリンク

バイクや原付を買う際にかかる費用

バイクや原付は高校生であっても免許を取得することができることから人気が高く、地域によっては車に並ぶ通学・通勤の手段となってくれます。
 
しかしこうしたバイクなどを買うには当然ながら手元のお金が必要です。必要になる金額はそれぞれのケースによって変わってくるのですが、中古のバイクを購入するのでも数万円はかかることが多いでしょう。
 
加えてバイクは一度買った後ならもう無料で乗れるというものではありません。動かすのにはガソリンが必要ですし、公道を走行するには最低でも自賠責保険に加入しなくてはなりません。
 
この自賠責保険はそもそも加入しなくては公道走行が出来ないために全員が加入するのですが、もし原付ではないある程度の排気量を持つバイクを買う場合、万が一のことを考えて任意保険にも加入した方が良いでしょう。加えてメンテナンスにかかる費用などもあるということを考えると、欲しいと思ったその時にお金を用意できないということも多いものです。
 
では欲しいと思った時にお金を手早く調達するにはどうすれば良いかと言うと、最も手軽に早く調達できるのが借金です。この場合はバイクローンやキャッシングなど利用されることが多いのですが、必要に応じて方法を選べるようにしておきましょう。
 
 

ローンを利用して購入する際のポイント

ではまずバイクローンについて考えてみましょう。これはそれぞれのショップが金融機関などと提携することで提供している方法と言うことになります。この方法のメリットは購入するショップですぐに話をすることができるということです。
 
店頭に欲しいモデルがあったのであればそれを見ながら支払価格を確認していくことが出来ますので、利用する側としては安心感が強いでしょう。
 
ただその反面、デメリットとなるのが頭金が必要なこと、利率が高額になりやすいことです。まず頭金とは購入に際して支払う現金のことで、例えば30万円のモデルを買う際に10万円を先に支払ったというのであれば、その10万円が頭金だということになります。
 
これから利用する制度によっては頭金が絶対に必要となるとされることもありますから、いくら原付が欲しいと言っても手元に全くお金がないという場合には利用できない可能性が出てきてしまいます。
 
加えて利率に関しても高額になりやすく、特にショップ側がそれで利益を確保しようとしている場合、消費者金融などと同等程度の利率になることもあります。状況によってはやめた方が良いこともありますから、こうしたことは契約前にしっかり確認して損をしないようにしたいところです。
 
 

キャッシングで購入する場合

一般的にキャッシングでバイクや原付を購入するということはあまり行いたくないという人が多いのですが、実は先ほどのバイクローンのデメリットを考えると、キャッシングでもある程度のメリットがあります。
 
特に大きいのが手元に現金を用意できるため、ショップでの取引自体は現金一括払いが出来るということです。現金一括払いという支払い方はショップからすれば歓迎できることですから、それを理由として値引き交渉をすることもできます。
 
特にカードローンなどのタイプであれば分割払いで返済をしていくことが出来ますから、多額のお金を借りても計画的に分割返済をしていくことが可能です。
 
ただデメリットは無いのかと言うと、これはやはり利息が発生することでしょう。最高利率は借入額で異なりますが、10万円未満であれば20%、10~100万円であれば18%、100万円以上は15%となっています。
 
この最高利率で貸し付けがされるというケースはあまりありませんが、返済が長期化すると最終的に支払う利子が高額になってしまうこともありますので要注意です。ただ銀行からの借り入れであればその利率もかなり低くなる傾向がありますから、可能であれば銀行キャッシングなどを利用するようにしましょう。

 

項目 自動車ローン