銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

今すぐ50万円を借りる場合は総量規制対象外の銀行カードローン




スポンサーリンク

150万円が最低の年収

お金を50万円借りるのであれば、最低150万円を目安の年収として定めてください。これは消費者金融からキャッシングをしたときの制限になります。
 
銀行のカードローンを利用した場合は、これに当て嵌まりませんので、年収150万円という制限はなく、それ以上借りられる可能性があります。
 
ただし銀行も審査を行っていますので、その年収で50万円を貸してくれるのかどうかというのは判断が難しいものであり、銀行によっては融資額が下がることも十分考えられます。
 
まずこのラインを参考にして、貸金業者を選ぶことをおすすめします。消費者金融であれば可能性が広がるでしょう。
 
 

年収についての制限がある

なぜこのラインになるのかというと、総量規制という制限が関係しています。年収の3分の1以上は貸すことができないという制限であり、これは主に消費者金融に該当するものです。
 
銀行はこのライン(年収三分の一)に当て嵌まらないと先程述べましたが、銀行にはこの総量規制は該当しません。
 
以前は年収に関係なく消費者金融はお金を貸していましたが、返済できなくなり多重債務者が増えたことからこのような制限が生まれました。
>>お金をいくらまで借りられるか~消費者金融は総量規制の対象ゆえ借入金額には注意
 
総量規制に引っ掛かるから銀行が頼りになるという考えは間違いではありませんが、銀行の審査がありますので、他社からの借入れをどんなふうに評価するのかによって融資の可決が変わります。
 
 

その他の選択肢を考える

総量規制に掛かるから銀行という選択になりますが、すでに他社から借り入れをしていることも審査の対象になりますので、銀行側がどんな判断をするのかはわかりません。
 
銀行も信用情報機関に照会して、申し込み者の借入れを確認して、審査を開始します。それによっては融資額が変わる、もしくは審査に落とされることも考えられます。
>>キャッシング審査が通らない人~カードローン契約を成立させるためには?
 
お金を借りるということは返済をすることになりますので、その辺のことも考慮した借り入れをしなければなりません。年収と照らし合わせて、自分が返済できる金額を借りるというのは鉄則になりますので、それを怠らないようにしましょう。
>>アルバイト、パート、派遣社員等であっても年収がそれなりにあればお金は借りれる

 

タグ :

項目 お金を借りる

土日や祝日でも借入可能なプロミスで今すぐお金を借りる~在籍確認なしの場合もある




スポンサーリンク

プロミスで即日融資を受けたい場合

プロミスの即日融資は、他の多くの金融機関と違い土日祝日も対応している点が魅力です。
 
申込の手続きは、インターネットや自動契約機を利用するのが一般的ですが、即日を希望する場合にはインターネットで申込を行うほうがいいです。申込の時間帯が大きく影響するので、平日の10時くらいまでに申込をするのが望ましいです。もちろん夜や土日の手続きでも、即日で借入ができることもあります。
 
審査に通過してからの借入方法についてですが、振込キャッシングの利用か自動契約機を使用してカードを発行するのが、最短で借入ができるパターンとなります。審査自体は早ければ30分ほどで終了し、通過が見込まれるほうが時間がかかる傾向にあります。
 
結果は電話やメールを通して知ることができるので、店舗へ直接伺う必要はありません。ネットキャッシングは受付の時間が短いので、14時までに連絡がなければ自動契約機でカードを発行しATMを使ったほうがいいです。
 
 

ネットキャッシングと融資の内容

申込に対してはいつでも対応していますが、実際に借入の段階に入ってネットキャッシングを利用する場合、利用する銀行によって受付時間が異なっています。
 
入金用の口座が、三井住友銀行やジャパンネット銀行の場合には時間に制限はありませんが、その他の場合には時間を確認しておくことが大切です。
 
そのほかの銀行の場合、平日の14時50分までの受付でないと翌日の振込になってしまうので、当日に借入したい場合には自動契約機を利用したほうがいです。
 
プロミスの融資内容についてですが、最高の借入限度額は500万円となっています。金利は4.5%~17.8%で契約に至までの時間が早いのが特徴です。条件を満たすことで30日間無利息のサービスも提供していて、アルバイトやパートでもお金を借りることができます。
>>学生キャッシング~バイト収入はある?無収入で借入できる?未成年はOK?
 
消費者金融なので、銀行などに比べれば借りやすいですが、過去に借金が返済できなかったことがあると、審査の通過は難しいです。
 
 

自動契約機とATMでの借入

自動契約機と呼ばれる無人店舗を利用することで、借入の申込や契約、カードの発行手続きを行うことが可能です。また、収入証明書でお金を借りる際に必要となる書類の提出も、自動契約機を使ってできるようになっています。
 
その場でカードを発行することで、備え付けのATMを利用し、お金を引き出すことができます。22時頃までやっているところが多く、夕方以降に申込を行っても、混雑の具合によっては当日に融資を受け取ることも可能です。
 
土日の契約に関しては、条件を満たしていれば電話による確認が必要ないので、借りることができる場合があります。在籍確認については、給与明細や健康保険証の提出によって行うことが可能なこともあるので、オペレーターに確認を取ってみるとよいでしょう。
 
自動契約機を利用した場合には、その場でカードが手に入るので、すぐに利用が可能です。またプロミスのものであれば、氏名、生年月日などの情報を入力することで、カードがなくても借入ができます。

 

タグ : 

カードローン別 プロミス