銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

銀行借入かその他借入か

銀行借入

では、総量規制について説明をしてきたところで総量規制の対象外について考えていきましょう。総量規制の対象外として借り入れができる方法は実はたくさんあります。その最も有名な例が銀行での借り入れです。

銀行は、本来銀行業法に基づいて事業を行っており、銀行ですから消費者の預金管理をしています。そのため、貸金業法での総量規制は適用されず、あくまで銀行として銀行業法のもとで貸付をおこなっているのです。なぜ銀行だけがこのようなことを許されているのかというと、銀行では古くから消費者金融などとは別に独自の融資制度がありました。そのため、銀行でも融資をおこなうことが可能で、消費者金融などの貸金業者としてではなく、銀行業者としての貸付をおこなえる特別なポジションにいるのです。
>>ノンバンクは銀行とどう違う?~総量規制の問題だけ?

銀行は、古くから私たちの財産を管理していた生活に密着する大切な機関で、信頼と安心が命の業界と言っていいでしょう。古くから多大な信頼がある銀行だからこそ許されている例外的な特権と言ってもいいのではないかと思います。

特に、銀行の融資制度の大きな特徴は、銀行ならではの高額の融資が可能となっており、消費者金融と比べても金利が非常に低いのが大きな特徴です。消費者金融のような少額の貸付もおこなうようになったのはつい最近のことのようですが、銀行では古くからの融資制度としての実績もあり、しっかりとした独自の厳しい審査がありますのである意味総量規制がなくても問題はないのです。
>>今すぐ50万円を借りる場合は総量規制対象外の銀行カードローン

おまとめローン

銀行は、総量規制の対象外機関として最も明確な例でしたが、それ以外にも総量規制の対象外となる借り入れ方法はたくさんあり、消費者金融でも特定の借り入れ方法を選択すれば、総量規制に関係なく借入ができます。

おまとめローンも総量規制の対象外として存在します。おまとめローンとは、非常に高額のまとまった融資を可能とする制度で、近年ではテレビCMなどでもよく耳にするようになりました。おまとめローンの利用方法は、今までにそれぞれ別々の金融機関で借り入れをおこなった細々とした借り入れをおまとめローンで大きく一つにまとめるというものになります。

おまとめローンで、その他のローンを一本化することによって、今までは別々の金融へそれぞれの指定の金額、金利、支払日で返済をしていたものを全て一つに統一することができます。金利は、どこの業者からいくら借りるのかによってもまちまちですし、借入額が少なければ少ないほど金利設定は高くなります。結果的に複数の業者から少額の融資を受け続けることより、大きく一つにまとめてしまったほうが返済も楽で、金利も安くなりお得になるという方法なのです。

当然、おまとめローンの利用者は、今まで借りた債務の一本化が目的です。借り入れを一括して計画的に返済をしようとしている人にとって総量規制は時に邪魔になります。総量規制が施行される以前に借り入れた融資などもおまとめローンでは一本化するため、総量規制の対象外としたほうがより消費者にとって良いということです。
>>他社借入を返済一本化するのであれば総量規制の対象である消費者金融ではなく銀行で

スポンサーリンク

ショッピングローン

各種ローンについても、じつは総量規制の対象外となっています。ローンのひとつとしてまずはショッピングローンについて説明しますが、ローンとは本来どのようなものでしょうか?

ローンは、本来分割支払いの意味あいが強い融資制度で、現金を直接借り入れて自由な用途で使用するというよりは、一つの大きな出費対象に対して計画的に返済していくための分割支払いを組むというシステムです。そのため、目的意識や計画性が明確に見えてくるものになり、おもに楽器や家具、パソコンやテレビなどの家電製品など、高額な商品の購入に利用されます。

ショッピングローンは、購入する対象によって値段が違い、総量規制の対象外にしなくてもローンを組める商品も多いですが、たとえば自動車や住宅などもある意味ショッピングローンのひとつという幅広い意味で考えると、ローンは全般的に総量規制の対象外となっていることが納得できるかと思います。

逆に、ローンで唯一総量規制の対象となっているのはカードローンです。カードローンは、ローンと名前はついていますが、借り入れたお金を自由な用途で使用できるため、商品を購入するために必要な分割払いというよりは現金を直接借り入れる意味あいが強いものになります。

ショッピングローンは、もともと高額な商品を売りたい販売者と、高額な商品を購入したい消費者とを繋ぐたいせつな役割を担っていました。現在でも、消費者にとって高額商品を購入するにはローンが必要ですし、高額商品を取り扱っているお店にとっても欠かせないものとなっています。

法人ローン

総量規制の対象外となっているのは、ほかにもまだまだあります。たとえば、ビジネスローンや法人ローンといわれるビジネス用途のローンも総量規制の対象外となっています。法人ローンでは、個人での借り入れができずビジネスや起業用途でおもに組まれるものとなっています。

会社を興すにも何かの商売を始めるのにもあらかじめまとまった資金が必要です。しかし、これから会社を興して利益を出そうとしている段階でまとまった資金が用意できるはずもありませんから、ビジネスローンや法人ローンの登場というわけです。個人用とのフリーローンでは、おもに数十万円程度から借り入れがおこなえますが、ビジネス用途では数百万円から1千万円ほどまで借入ができます。

当然ですが、総量規制の対象外となっている理由は、ショッピングローンや住宅ローンなどと同じです。つまり、総量規制の対象となっているのは、おもに直接の現金借り入れでフリーの融資に限るということです。

法人ローンを利用してビジネスを始めたり、会社を興す人は多いです。ベンチャー関連のような軌道に乗るかもわからずどっちに転ぶかわからないような難しいビジネスもありますが、まともに時間と労力を費やせば、ある程度の収益と業績を見込めるビジネスというのもたくさんあります。

例えを出すとすると、都心にかまえるバンドやダンスなどの練習スタジオなどがそれにあたるでしょう。毎日多くの需要が見込めて、深夜まで営業していても集客が見込めますから時間と労力さえとれれば十分なビジネスとして成立すると言えます。
>>会社設立資金の返済に銀行での借入ではなくビジネスローンのビジネクスト

バイクや原付が欲しいのにお金が無い時の対処法とは?数10万円ならバイクローンよりキャッシング?


スポンサーリンク

バイクや原付を買う際にかかる費用

バイクや原付は高校生であっても免許を取得することができることから人気が高く、地域によっては車に並ぶ通学・通勤の手段となってくれます。
 
しかしこうしたバイクなどを買うには当然ながら手元のお金が必要です。必要になる金額はそれぞれのケースによって変わってくるのですが、中古のバイクを購入するのでも数万円はかかることが多いでしょう。
 
加えてバイクは一度買った後ならもう無料で乗れるというものではありません。動かすのにはガソリンが必要ですし、公道を走行するには最低でも自賠責保険に加入しなくてはなりません。
 
この自賠責保険はそもそも加入しなくては公道走行が出来ないために全員が加入するのですが、もし原付ではないある程度の排気量を持つバイクを買う場合、万が一のことを考えて任意保険にも加入した方が良いでしょう。加えてメンテナンスにかかる費用などもあるということを考えると、欲しいと思ったその時にお金を用意できないということも多いものです。
 
では欲しいと思った時にお金を手早く調達するにはどうすれば良いかと言うと、最も手軽に早く調達できるのが借金です。この場合はバイクローンやキャッシングなど利用されることが多いのですが、必要に応じて方法を選べるようにしておきましょう。
 
 

ローンを利用して購入する際のポイント

ではまずバイクローンについて考えてみましょう。これはそれぞれのショップが金融機関などと提携することで提供している方法と言うことになります。この方法のメリットは購入するショップですぐに話をすることができるということです。
 
店頭に欲しいモデルがあったのであればそれを見ながら支払価格を確認していくことが出来ますので、利用する側としては安心感が強いでしょう。
 
ただその反面、デメリットとなるのが頭金が必要なこと、利率が高額になりやすいことです。まず頭金とは購入に際して支払う現金のことで、例えば30万円のモデルを買う際に10万円を先に支払ったというのであれば、その10万円が頭金だということになります。
 
これから利用する制度によっては頭金が絶対に必要となるとされることもありますから、いくら原付が欲しいと言っても手元に全くお金がないという場合には利用できない可能性が出てきてしまいます。
 
加えて利率に関しても高額になりやすく、特にショップ側がそれで利益を確保しようとしている場合、消費者金融などと同等程度の利率になることもあります。状況によってはやめた方が良いこともありますから、こうしたことは契約前にしっかり確認して損をしないようにしたいところです。
 
 

キャッシングで購入する場合

一般的にキャッシングでバイクや原付を購入するということはあまり行いたくないという人が多いのですが、実は先ほどのバイクローンのデメリットを考えると、キャッシングでもある程度のメリットがあります。
 
特に大きいのが手元に現金を用意できるため、ショップでの取引自体は現金一括払いが出来るということです。現金一括払いという支払い方はショップからすれば歓迎できることですから、それを理由として値引き交渉をすることもできます。
 
特にカードローンなどのタイプであれば分割払いで返済をしていくことが出来ますから、多額のお金を借りても計画的に分割返済をしていくことが可能です。
 
ただデメリットは無いのかと言うと、これはやはり利息が発生することでしょう。最高利率は借入額で異なりますが、10万円未満であれば20%、10~100万円であれば18%、100万円以上は15%となっています。
 
この最高利率で貸し付けがされるというケースはあまりありませんが、返済が長期化すると最終的に支払う利子が高額になってしまうこともありますので要注意です。ただ銀行からの借り入れであればその利率もかなり低くなる傾向がありますから、可能であれば銀行キャッシングなどを利用するようにしましょう。

 

項目 自動車ローン

高知銀行のカードローンでキャッシングする~嘱託、学生、年金受給者、専業主婦もお金を借りれる


スポンサーリンク

高知銀行のメリットについて

ローン契約を結びたい場合、まず消費者金融からお金を借りるか、銀行を利用するかという選択肢があります。
 
一般的に、消費者金融は審査の基準が緩く即日融資などの対応が受けやすいですが、金利がやや高めに設定されていることがほとんどです。それに対して銀行は審査が厳しいですが、金利は低いといった違いがあります。
>>キャッシングでお金を借りる時、アリバイ会社を利用して在籍確認等をする行為は危険?
 
高知銀行のような地方銀行は都市銀行などの大手に比べれば基準が緩やかで、金利も消費者金融に比べると低いので、地元で利用している人にとっては狙い目のローン内容があります。
 
設立が昭和5年と古く信頼性があり、高知だけでなく東京や大阪にも支店があります。ローンの中身も様々な種類が存在するので、借入をする際の選択肢として高知銀行のような地方銀行を利用してみるとよいかもしれません。
 
 

高知銀行のローン商品について

高知銀行のローンには大きく4つの商品があります。
 
こうぎんカードローン・サポートは借入の使い方が限定されておらず、他の金融機関から借りたお金を返す返済などにあてることもできるローンです。安定した収入を見込むことができて、四国の営業エリアに住んでいるなどの条件を満たせば申し込みが可能です。限度額は500万円で、金利は4.8%~14.5%となっています。
>>他社借入を返済一本化するのであれば総量規制の対象である消費者金融ではなく銀行で
 
こうぎんカードローンは、勤続年数や収入によって借りられる金額が異なるローンで、四国総合信用の保証を得られるかどうかといった条件を満たす必要があります。
 
こうぎんセレクトローン ZEYOは返済を計画的に行いやすいローンで、職業によって限度額が異なるローンです。返済日を選ぶことができるので、自身の都合に合わせて返済が可能です。嘱託、バイトやパート、学生、年金生活者、専業主婦でもお金を借りれる。
>>専業主婦は楽天銀行スーパーローンでキャッシングをすれば、旦那や家族に内緒で借入も可能
 
ビビッド・Smileは子育ての費用など個人の生活に必要なお金のために使用できるローンで、きちんと連絡が取れるなどの条件があります。
 
 

お金を借りる審査について

高知銀行のカードローンは多くの種類があり、金利も低く利用しやすいですが、審査は消費者金融に比べればやや厳しいです。
>>お金を借りるときの嘘は厳禁~他社借入件数、借金総額、勤続年数、年収など
 
もちろん大手の銀行に比べれば緩いので、そこまで不安になる必要はありませんが、借金などを返すことができず自己破産などの経験があるとローンを組むのは難しいといえます。
 
年収や勤続年数などが基準になりますが、返済が遅れたクレジットの履歴などがあると不利になってしまいます。高知銀行は、ローンの商品によっては仮審査を行うことがあります。
 
インターネットを通じて手軽にできるので、実際に申し込みをする前に一度試してみると不安を取り除くことができます。高知銀行の営業エリア内に住んでいる人にとっては、他から借りるよりもお得な商品が多くあるので、一度選択肢に入れてみるとよいでしょう。

 

地銀、信金、その他