銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

銀行借入かその他借入か

銀行借入

スポンサーリンク


では、総量規制について説明をしてきたところで総量規制の対象外について考えていきましょう。総量規制の対象外として借り入れができる方法は実はたくさんあります。その最も有名な例が銀行での借り入れです。

銀行は、本来銀行業法に基づいて事業を行っており、銀行ですから消費者の預金管理をしています。そのため、貸金業法での総量規制は適用されず、あくまで銀行として銀行業法のもとで貸付をおこなっているのです。なぜ銀行だけがこのようなことを許されているのかというと、銀行では古くから消費者金融などとは別に独自の融資制度がありました。そのため、銀行でも融資をおこなうことが可能で、消費者金融などの貸金業者としてではなく、銀行業者としての貸付をおこなえる特別なポジションにいるのです。
>>ノンバンクは銀行とどう違う?~総量規制の問題だけ?

銀行は、古くから私たちの財産を管理していた生活に密着する大切な機関で、信頼と安心が命の業界と言っていいでしょう。古くから多大な信頼がある銀行だからこそ許されている例外的な特権と言ってもいいのではないかと思います。

特に、銀行の融資制度の大きな特徴は、銀行ならではの高額の融資が可能となっており、消費者金融と比べても金利が非常に低いのが大きな特徴です。消費者金融のような少額の貸付もおこなうようになったのはつい最近のことのようですが、銀行では古くからの融資制度としての実績もあり、しっかりとした独自の厳しい審査がありますのである意味総量規制がなくても問題はないのです。
>>今すぐ50万円を借りる場合は総量規制対象外の銀行カードローン

おまとめローン

銀行は、総量規制の対象外機関として最も明確な例でしたが、それ以外にも総量規制の対象外となる借り入れ方法はたくさんあり、消費者金融でも特定の借り入れ方法を選択すれば、総量規制に関係なく借入ができます。

おまとめローンも総量規制の対象外として存在します。おまとめローンとは、非常に高額のまとまった融資を可能とする制度で、近年ではテレビCMなどでもよく耳にするようになりました。おまとめローンの利用方法は、今までにそれぞれ別々の金融機関で借り入れをおこなった細々とした借り入れをおまとめローンで大きく一つにまとめるというものになります。

おまとめローンで、その他のローンを一本化することによって、今までは別々の金融へそれぞれの指定の金額、金利、支払日で返済をしていたものを全て一つに統一することができます。金利は、どこの業者からいくら借りるのかによってもまちまちですし、借入額が少なければ少ないほど金利設定は高くなります。結果的に複数の業者から少額の融資を受け続けることより、大きく一つにまとめてしまったほうが返済も楽で、金利も安くなりお得になるという方法なのです。

当然、おまとめローンの利用者は、今まで借りた債務の一本化が目的です。借り入れを一括して計画的に返済をしようとしている人にとって総量規制は時に邪魔になります。総量規制が施行される以前に借り入れた融資などもおまとめローンでは一本化するため、総量規制の対象外としたほうがより消費者にとって良いということです。
>>他社借入を返済一本化するのであれば総量規制の対象である消費者金融ではなく銀行で

スポンサーリンク

ショッピングローン

各種ローンについても、じつは総量規制の対象外となっています。ローンのひとつとしてまずはショッピングローンについて説明しますが、ローンとは本来どのようなものでしょうか?

ローンは、本来分割支払いの意味あいが強い融資制度で、現金を直接借り入れて自由な用途で使用するというよりは、一つの大きな出費対象に対して計画的に返済していくための分割支払いを組むというシステムです。そのため、目的意識や計画性が明確に見えてくるものになり、おもに楽器や家具、パソコンやテレビなどの家電製品など、高額な商品の購入に利用されます。

ショッピングローンは、購入する対象によって値段が違い、総量規制の対象外にしなくてもローンを組める商品も多いですが、たとえば自動車や住宅などもある意味ショッピングローンのひとつという幅広い意味で考えると、ローンは全般的に総量規制の対象外となっていることが納得できるかと思います。

逆に、ローンで唯一総量規制の対象となっているのはカードローンです。カードローンは、ローンと名前はついていますが、借り入れたお金を自由な用途で使用できるため、商品を購入するために必要な分割払いというよりは現金を直接借り入れる意味あいが強いものになります。

ショッピングローンは、もともと高額な商品を売りたい販売者と、高額な商品を購入したい消費者とを繋ぐたいせつな役割を担っていました。現在でも、消費者にとって高額商品を購入するにはローンが必要ですし、高額商品を取り扱っているお店にとっても欠かせないものとなっています。

法人ローン

総量規制の対象外となっているのは、ほかにもまだまだあります。たとえば、ビジネスローンや法人ローンといわれるビジネス用途のローンも総量規制の対象外となっています。法人ローンでは、個人での借り入れができずビジネスや起業用途でおもに組まれるものとなっています。

会社を興すにも何かの商売を始めるのにもあらかじめまとまった資金が必要です。しかし、これから会社を興して利益を出そうとしている段階でまとまった資金が用意できるはずもありませんから、ビジネスローンや法人ローンの登場というわけです。個人用とのフリーローンでは、おもに数十万円程度から借り入れがおこなえますが、ビジネス用途では数百万円から1千万円ほどまで借入ができます。

当然ですが、総量規制の対象外となっている理由は、ショッピングローンや住宅ローンなどと同じです。つまり、総量規制の対象となっているのは、おもに直接の現金借り入れでフリーの融資に限るということです。

法人ローンを利用してビジネスを始めたり、会社を興す人は多いです。ベンチャー関連のような軌道に乗るかもわからずどっちに転ぶかわからないような難しいビジネスもありますが、まともに時間と労力を費やせば、ある程度の収益と業績を見込めるビジネスというのもたくさんあります。

例えを出すとすると、都心にかまえるバンドやダンスなどの練習スタジオなどがそれにあたるでしょう。毎日多くの需要が見込めて、深夜まで営業していても集客が見込めますから時間と労力さえとれれば十分なビジネスとして成立すると言えます。
>>会社設立資金の返済に銀行での借入ではなくビジネスローンのビジネクスト

スポンサーリンク


他社借入を返済一本化するのであれば総量規制の対象である消費者金融ではなく銀行で




スポンサーリンク

おまとめローンは金利を最優先

おまとめローンで最優先するべき条件は金利です。今よりも年率が高くなるようでは一本化するメリットはありません。
 
年率が同じであれば、借入件数が減る分だけメリットがありますが、せっかく一本化するのですから利率も下げたいでしょう。
 
そこで候補先となる借入先が銀行なのです。大手メガバンクを筆頭に地方銀行、ネットバンク(ネット専業銀行)などジャンルは幅広いですが、一番重視するべきは年率の低さです。おまとめローンは実質年率という年率を導入しており、借入残高に対して利率が発生します。日数あたりで利息が発生するので、早く返済するほど得なのです。
 
利率の低いローンでまとめると、月の返済額が少なくなります。借入額が大きい方ですと、月に3,000円以上も返済額が少なくなる方も多いでしょう。
 
ただし、月の負担を楽にすることに甘えるのではなく、返済額は今までと同額にしながら、早期完済を目指したほうが得策です。総支払い額は少なくなるので、同額返済を続ければ短期間で完済可能となります。
 
年率を下げる目的は、利息を減らして総支払い額を抑えることです。100万円程度の借入がある方なら、1%の利率にも敏感になるべきです。1%の差は小さいと思うでしょうが、銀行の預金利率として考えると破格の利率でしょう。
 
 

信頼よりも金利で選ぶべき理由

銀行と呼ばれる金融機関には一定の信頼性があります。
 
ネットバンキングは信用できないという方もいますが、お金を借りるのは自分なのです。いわばリスクを背負うのは金融機関側であり、信頼性が低くても借り手にとって大きな問題ではありません。むしろ大切なのは、自分自身が信用してもらうことです。過去に遅延を繰り返していれば、審査に通過できない、または融資額を減額されることでしょう。
 
地方銀行のおまとめローンが利用しやすい理由は、地域住民であることが最大の理由です。また、口座開設をしており、住宅ローンを利用していたり、貯金をしていたりすれば、審査に通過しやすくなるのが普通です。
 
ローンの利用実績が好ましければ、金融機関にとって安心要素となります。ローン経験が皆無の方に対しては、融資をする側としても慎重になるものです。たとえ公務員、大手会社員という肩書きがあったとしても、計画的に返済してくれる方とは限りません。実際に融資をしてみて、返済状況を確認するまでは、どのような借り手なのか判断できないわけです。
 
すでに取引状態にある地方銀行があれば、メガバンクやネットバンクと比較しても審査に通過しやすいと言えます。

地銀、信金の金利比較

群馬銀行 ナイスサポートカード
2.800%~14.500%|800万円
 
北洋銀行カードローン スーパーアルカ
2.950%~14.700%|1000万円
 
大阪信用金庫 ニューフリーローン
3.000%~12.500%|1000万円
 
八千代銀行 カードローン「プラスユーネクスト」
3.400%~14.800%|300万円
 
仙台銀行 スーパーカードローン「エクセレント」
3.500%~14.500%|1000万円
 
京葉銀行 フリーローンファスト
3.900%~14.000%|800万円
 
大垣共立銀行 ライフプラン「ポピュラーローン」
4.500%~10.500%|500万円
 
岐阜信用金庫 フリーローン
4.925%~11.800%|500万円
 
姫路信用金庫 ひめしんフリーローン“かりとく”
5.000%~14.500%|500万円
 
埼玉りそな銀行 りそなプライベートローンJ
6.500%~14.000%|300万円
※実質年率|限度額
 
 

なぜ消費者金融はおまとめローンに向かないのか?

消費者金融は融資までの時間が最も早いことで知られています。さらにアルバイト、パート、派遣社員など、雇用形態に関わらず融資してくれる融通性もあります。しかし、おまとめローンの借入先としては消費者金融は不向きです。
 
理由はシンプルで、銀行と比べて金利が高いからです。現在、消費者金融から借りている方が、別の消費者金融ローンでおまとめしても、月の返済額はほとんど変わりません。
 
消費者金融の金利というのは、どこで借りても僅差だからです。18.0%の年率が17.8%になっても、返済に大きく影響しません。おまとめローンを利用するからには、一気に年率を引き下げて支払いを楽にしたいものです。
 
また、消費者金融のローンは総量規制の適用となる問題もあります。キャッシングでおまとめする場合、借りられる金額は年収の3分の1以内です。おまとめ専用ローンをラインナップしている場合は、総量規制の対象外になることが多いですが、年率に関してはキャッシングと大差ありません。
 
すぐに借りたい方にとって消費者金融は最適ですが、おまとめローンの金融機関としては不向きなのです。かつてと比べると年率は大幅に下がっていますが、メガバンクやネットバンクと比較するとまだ数%は高いです。

 

項目 おまとめローン・借換

ネットキャッシングは今すぐお金を借りれる?ネット専業の銀行カードローンはいいね




スポンサーリンク

ネット対応の会社はかなり多い

ネットキャッシングが一番最速の融資を受けることが出来ます。
 
これは即日融資という意味ではなく、キャッシングの契約をしてからお金を借りたいと思った時、やはりATMへ直行するよりもネットキャッシングから借入する方が自宅から作業を行うことが出来るので、当然ながらネットの方が素早い融資を受けることが出来ます。
 
今すぐお金を借りたいというとき、その状況によってはATMへ行く方が良いケースも当然ながらあります。最終的に手元に現金を持つかどうかで判断します。
 
手元に現金を持つ必要があるならATM、そうでなければネットキャッシングが良いです。
 
例えば、今日支払いがあるから口座へお金を今すぐ用意しておきたい、あるいは口座から振込をするので今すぐ借りたい、こうした状況はネットキャッシングが可能な金融会社ならば、今すぐに自分の登録口座へ融資を振り込んでもらうことが出来るので便利です。
 
今はネット対応の金融会社が非常に多くなっているので、ネットキャッシングを活用出来るところを見つけることはとても簡単です。今すぐ借りたい時にそれを実現するためにも上記を参考にして申込先を探してみると利便性の高いところが見つかります。
 
 

銀行ならさらに便利となる

ネットキャッシングをどのような会社で利用するのが便利なのか、これは総合的に考えると銀行に行き着きます。
 
その理由は銀行はインターネットバンキングに対応していることから、銀行でネットキャッシングを利用することが出来ると、インターネット上で自分の預金口座を管理して、キャッシングの管理も同時にネット上で出来るようになります。
 
預金口座にお金があるかを確認して、残高が少ないならネットキャッシングで今すぐ借りるということが可能になりますし、一つの銀行で上記のように2つの作業をすることが出来ると、ログイン等の管理や作業のしやすさもかなり便利になります。
 
また、同一の銀行でキャッシングを利用するならば、その銀行でキャッシングからお金を借りて口座へ振り込む時に手数料は基本的に無料となっているところが大半です。

キャッシングの可能なネット専業銀行

・ソニー銀行
・じぶん銀行
・住信SBIネット銀行
・楽天銀行
・オリックス銀行
・イオン銀行
 
さらにはもっとお得な内容として、こうしてキャッシングからお金を借りることによって、ATM等で発生する手数料すらも無料となる銀行もあります。いろんな意味において銀行を利用することはとてもメリットが多いので覚えておきましょう。
 
また、金利も低金利に注目すべきであり、銀行は本当に金利の相場が低いです。
 
 

デメリットは不正アクセス

銀行のインターネットバンキング、あるいはネットキャッシングを利用する際にデメリットとして覚えておくことは、最近では年々インターネット上で銀行口座等へログインする時にパスワードを盗まれて、不正アクセスの被害が増加しているため、これはしっかりと回避方法を知っておかなければなりません。
 
まず、パソコンは自分だけが使う端末でログインすること、これが基本となります。要するにネットカフェなどでログインすることはダメということです。
 
次にパソコンには最新のセキュリティソフトを入れておくこと、これも大事です。ウイルスがどのような経由からやってくるのかは本当に分からないので、ウイルス対策をしておくことも基本中の基本となります。
 
自分が利用している金融会社を装ってメールが届けられることがあるので、基本的にメール内のリンクからアクセスしてログインしないことも大事です。このように色々とネットトラブルを避ける手段があります。
 
これは自分が契約した金融会社へ連絡をすると、トラブルを回避する方法をしっかりと伝授してくれます。銀行の場合ならホームページ等でも注意を促していることが多いのでしっかりと見ておきましょう。

 

項目 お金を借りる