銀行借入

銀行借入?消費者金融借入?~今すぐお金を借りるには

銀行借入かその他借入か

銀行借入

スポンサーリンク


では、総量規制について説明をしてきたところで総量規制の対象外について考えていきましょう。総量規制の対象外として借り入れができる方法は実はたくさんあります。その最も有名な例が銀行での借り入れです。

銀行は、本来銀行業法に基づいて事業を行っており、銀行ですから消費者の預金管理をしています。そのため、貸金業法での総量規制は適用されず、あくまで銀行として銀行業法のもとで貸付をおこなっているのです。なぜ銀行だけがこのようなことを許されているのかというと、銀行では古くから消費者金融などとは別に独自の融資制度がありました。そのため、銀行でも融資をおこなうことが可能で、消費者金融などの貸金業者としてではなく、銀行業者としての貸付をおこなえる特別なポジションにいるのです。
>>ノンバンクは銀行とどう違う?~総量規制の問題だけ?

銀行は、古くから私たちの財産を管理していた生活に密着する大切な機関で、信頼と安心が命の業界と言っていいでしょう。古くから多大な信頼がある銀行だからこそ許されている例外的な特権と言ってもいいのではないかと思います。

特に、銀行の融資制度の大きな特徴は、銀行ならではの高額の融資が可能となっており、消費者金融と比べても金利が非常に低いのが大きな特徴です。消費者金融のような少額の貸付もおこなうようになったのはつい最近のことのようですが、銀行では古くからの融資制度としての実績もあり、しっかりとした独自の厳しい審査がありますのである意味総量規制がなくても問題はないのです。
>>今すぐ50万円を借りる場合は総量規制対象外の銀行カードローン

おまとめローン

銀行は、総量規制の対象外機関として最も明確な例でしたが、それ以外にも総量規制の対象外となる借り入れ方法はたくさんあり、消費者金融でも特定の借り入れ方法を選択すれば、総量規制に関係なく借入ができます。

おまとめローンも総量規制の対象外として存在します。おまとめローンとは、非常に高額のまとまった融資を可能とする制度で、近年ではテレビCMなどでもよく耳にするようになりました。おまとめローンの利用方法は、今までにそれぞれ別々の金融機関で借り入れをおこなった細々とした借り入れをおまとめローンで大きく一つにまとめるというものになります。

おまとめローンで、その他のローンを一本化することによって、今までは別々の金融へそれぞれの指定の金額、金利、支払日で返済をしていたものを全て一つに統一することができます。金利は、どこの業者からいくら借りるのかによってもまちまちですし、借入額が少なければ少ないほど金利設定は高くなります。結果的に複数の業者から少額の融資を受け続けることより、大きく一つにまとめてしまったほうが返済も楽で、金利も安くなりお得になるという方法なのです。

当然、おまとめローンの利用者は、今まで借りた債務の一本化が目的です。借り入れを一括して計画的に返済をしようとしている人にとって総量規制は時に邪魔になります。総量規制が施行される以前に借り入れた融資などもおまとめローンでは一本化するため、総量規制の対象外としたほうがより消費者にとって良いということです。
>>他社借入を返済一本化するのであれば総量規制の対象である消費者金融ではなく銀行で

スポンサーリンク

ショッピングローン

各種ローンについても、じつは総量規制の対象外となっています。ローンのひとつとしてまずはショッピングローンについて説明しますが、ローンとは本来どのようなものでしょうか?

ローンは、本来分割支払いの意味あいが強い融資制度で、現金を直接借り入れて自由な用途で使用するというよりは、一つの大きな出費対象に対して計画的に返済していくための分割支払いを組むというシステムです。そのため、目的意識や計画性が明確に見えてくるものになり、おもに楽器や家具、パソコンやテレビなどの家電製品など、高額な商品の購入に利用されます。

ショッピングローンは、購入する対象によって値段が違い、総量規制の対象外にしなくてもローンを組める商品も多いですが、たとえば自動車や住宅などもある意味ショッピングローンのひとつという幅広い意味で考えると、ローンは全般的に総量規制の対象外となっていることが納得できるかと思います。

逆に、ローンで唯一総量規制の対象となっているのはカードローンです。カードローンは、ローンと名前はついていますが、借り入れたお金を自由な用途で使用できるため、商品を購入するために必要な分割払いというよりは現金を直接借り入れる意味あいが強いものになります。

ショッピングローンは、もともと高額な商品を売りたい販売者と、高額な商品を購入したい消費者とを繋ぐたいせつな役割を担っていました。現在でも、消費者にとって高額商品を購入するにはローンが必要ですし、高額商品を取り扱っているお店にとっても欠かせないものとなっています。

法人ローン

総量規制の対象外となっているのは、ほかにもまだまだあります。たとえば、ビジネスローンや法人ローンといわれるビジネス用途のローンも総量規制の対象外となっています。法人ローンでは、個人での借り入れができずビジネスや起業用途でおもに組まれるものとなっています。

会社を興すにも何かの商売を始めるのにもあらかじめまとまった資金が必要です。しかし、これから会社を興して利益を出そうとしている段階でまとまった資金が用意できるはずもありませんから、ビジネスローンや法人ローンの登場というわけです。個人用とのフリーローンでは、おもに数十万円程度から借り入れがおこなえますが、ビジネス用途では数百万円から1千万円ほどまで借入ができます。

当然ですが、総量規制の対象外となっている理由は、ショッピングローンや住宅ローンなどと同じです。つまり、総量規制の対象となっているのは、おもに直接の現金借り入れでフリーの融資に限るということです。

法人ローンを利用してビジネスを始めたり、会社を興す人は多いです。ベンチャー関連のような軌道に乗るかもわからずどっちに転ぶかわからないような難しいビジネスもありますが、まともに時間と労力を費やせば、ある程度の収益と業績を見込めるビジネスというのもたくさんあります。

例えを出すとすると、都心にかまえるバンドやダンスなどの練習スタジオなどがそれにあたるでしょう。毎日多くの需要が見込めて、深夜まで営業していても集客が見込めますから時間と労力さえとれれば十分なビジネスとして成立すると言えます。
>>会社設立資金の返済に銀行での借入ではなくビジネスローンのビジネクスト

スポンサーリンク


地方銀行である紀陽銀行カードローンでキャッシング~キャッシュカードにローン機能があるのは便利




スポンサーリンク

和歌山県で古くから続く紀陽銀行

和歌山県に暮らしている、勤務地があるというのなら、近くでお金を借りられるサービスを利用すると、何かと利便性が高くなるものです。
 
県内には紀陽銀行という、明治時代から続く、古い金融機関が存在します。100年以上の歴史を持つとあり、その経営方針は安定感があり、何時の時代でも乗り切っていける体力を持っています。金融サービスを受ける際には、その会社の経営力に信頼があれば、いつでも慌てることなく利用できます。その点では紀陽銀行は適した金融機関だといえるでしょう。
 
2013年には親会社を吸収合併するほど、好調を維持する地方銀行ですので、和歌山県に馴染みの深い人で、借金することを考えているのなら、まずは県内に67店舗がある紀陽銀行に相談したり、サービス内容を確認してみることをおすすめします。
 
 

機能が充実したカードローンに注目

紀陽銀行でお金を借りるなら、お手軽なカードローンがおすすめです。銀行ならではの特徴として、キャッシュカードと一体型になっているカードローンサービスがあるのが魅力的なポイントになります。カードを1枚所持しているだけで、入出金といった口座管理から、キャッシングをすることも可能で、すっきりと使いこなすことができるのが便利です。
 
カードが使える提携ATMも、身近なものが揃っています。紀陽銀行のATMはもちろんのこと、ゆうちょ銀行やイオン銀行、コンビニATMが利用できます。郵便局に立ち寄ったついでに、もしくはスーパーやコンビニで買物を済ませる時に、近くのATMを使って借入ができるようになっています。
 
返済方法はとても簡単で、指定預金口座から指定日に自動引落の他、随時返済を受け付けてくれています。
 
 

専業主婦でも大丈夫な審査内容

カードローンなどのキャッシングサービスを利用する際には、審査に通るかが心配な部分です。ですが、紀陽銀行のサービスは、契約がしやすいのが特徴です。
 
通常、消費者金融で融資を受けるとなると、本人に収入がなければ契約できません。紀陽銀行では安定した世帯収入があるという条件にあてはまれば、申し込むことが可能になっています。つまり、仕事をしていない専業主婦であっても、契約ができるというわけです。
>>専業主婦は大手消費者金融でお金を借りれません?キャッシングするなら総量規制外の銀行カードローン
 
パートやアルバイト、派遣社員といった、収入が少なめの人、不安定といわれがちな雇用形態の人でも申し込みを受け付けてくれます。
>>アルバイト、パート、派遣社員等であっても年収がそれなりにあればお金は借りれる
 
収入や自分の立場に不安があるなら、紀陽銀行に相談してみると、丁寧に説明してくれます。金利は融資額ごとに決まっており、14.9%~3.8%という低金利を実現しています。

 

地銀、信金、その他

携帯料金の延滞とカードローンや住宅ローン審査の関係を知ってます?携帯の分割購入は危険?




スポンサーリンク

携帯電話料金の支払いも信用情報に影響する?

クレジットカードやローンの支払いで延滞をすると、信用情報に傷がつくので金融機関の審査で不利になるということは多くの人がご存知かと思います。
 
しかし、携帯電話料金の延滞でも信用情報に傷がつくということは意外と知られていません。基本的には、携帯の通話料金を延滞しても信用情報に記録されることはありません。しかし、最近は携帯本体を分割払いで購入することが増えています。
 
本体を分割払いで購入すると、これは一種のローンなので、延滞をすると信用情報に傷がつくことになります。「実質ゼロ円」の携帯にも注意が必要です。これはキャッシュバックされるというだけで、ローンを組んでいることに変わりはありません。
 
 

信用情報には最大で7年残る

クレジットカードやローンの支払いでうっかり一回延滞してしまっても、個人信用情報機関に記録される毎月の支払い状況は24ヵ月間なので、延滞した後24カ月間正常な支払いを続ければ、延滞の記録は押し出されて消えることになります。
 
つまりは最短で24ヵ月で不利な記録を消すことができます。しかし、携帯本体の分割払いは多くの場合24ヵ月払いなので、押し出す前に契約が終わってしまい、一度でも延滞をすると最長で7年間残ります。
 
これが携帯料金の延滞が金融機関でお金を借りる時の審査で不利になりやすい理由です。たった一回携帯料金を延滞してしまったために住宅ローンの審査に通らず、マイホームを購入できないということが起こり得ます。
 
 

本体料金だけを別に支払うことができる?

それでは、携帯料金の支払いが困難になってしまったときに、本体料金だけを別で支払って信用情報に傷がつくことを回避することができるでしょうか?答えは、「できない」です。
 
通話料金と本体代金は一緒に請求されるので、たとえ店頭窓口へ行って交渉したとしても、本体代金だけを別で支払うことには応じてもらえません。
 
携帯料金を延滞すると、必ず信用情報に傷がついてしまいます。また、もしも延滞が3ヶ月以上続くと、いわゆるブラックリストに載ってしまい、強制解約をされた上で残高を一括請求されてしまいます。携帯本体を分割で購入するときには、このようなリスクも理解した上で契約を行ないましょう。

 

コラム